総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. イベント案内:
  3. スプリングスクール

2020年度 第11回総研大・国立天文台スプリングスクール(春の体験入学)募集

 国立天文台および総合研究大学院大学物理科学研究科天文学専攻では、下記のとおりスプリングスクールの参加者を募集します。
大学理工系学部3年または2年に在学する、天文学研究に強い意欲を持つ学生を対象とし、オンラインによる集中講義や体験学習を通じて、装置開発を含む最先端の天文学の基礎を学ぶことができます。

 

参考:過去の学部生向けイベント報告
スプリングスクール  2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年
サマーステューデント 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年

本年度の選考結果をご応募くださった皆様にメール通知しております。
届いていない場合は下記お問い合わせ先までメールにてお問い合わせください。


2020年度 実施概要

概要

春休み、国立天文台の最先端の研究者による天文学基礎のオンライン集中講義および体験学習を行います。
天文学研究に強い意欲のある学生に学習の機会を与えることにより、将来天文学研究を志向する人材を育成することを目的とします。

対象

大学理工系学部3年生または2年生

期間

2021年 3月8日(月)〜3月10日(水)

内容

集中講義 (1 科目あたり90 分×1 コマ) 9 科目
体験学習 ※希望者のみ(90 分×1-2 コマ)

日程

  3月 8日(月) 3月 9日(火) 3月 10日(水)
1限(9:00-10:30) 講義1
星形成(長谷川)

講義4 

Astro-chemistry(野村)

講義7 

装置開発(沖田)

2限(10:45-12:15)

講義2 

太陽・恒星(久保)

講義5 

銀河(郷田)

講義8 

ブラックホール・

銀河核(永井)

3限(13:15-14:45)

講義3 

惑星形成(深川)

講義6 

遠方銀河(大内)

講義9 

重力波(麻生)

4限(15:00-16:30)

体験学習


入試情報

体験学習

集中講義講師一覧、シラバス

講義1 星形成 →詳細
講義主題: 星形成研究で何が問題か?
担当教員: 長谷川 哲夫 教授 (アルマプロジェクト)
講義2 太陽・恒星 →詳細
講義主題: さまざまな波長で探る太陽
担当教員: 久保 雅仁 助教 (SOLAR-Cプロジェクト)
講義3 惑星形成 →詳細
講義主題: 太陽系外惑星系とその形成
担当教員: 深川 美里 教授 (アルマプロジェクト)
講義4 Astro-chemistry →詳細
講義主題: 星惑星形成領域における星間化学:惑星系の物質起源
担当教員: 野村 英子 教授 (科学研究部)  
講義5 銀河 →詳細
講義主題: 高精度位置天文観測による天の川銀河の探求
担当教員: 郷田 直輝 教授 (JASMINEプロジェクト)
講義6 遠方銀河 →詳細
講義主題: 大望遠鏡で探る宇宙の歴史 ―初期の宇宙についての理解と課題―
担当教員: 大内 正己 教授 (科学研究部)
講義7 装置開発 →詳細
講義主題: 光学赤外線天文学のための装置開発
担当教員: 沖田 博文 助教 (ハワイ観測所)
講義8 ブラックホール・活動銀河核 →詳細
講義主題: ブラックホール・活動銀河核研究の最前線
担当教員: 永井 洋 准教授 (アルマプロジェクト)
講義9 重力波 →詳細
講義主題: 重力波の観測
担当教員: 麻生 洋一 准教授 (重力波プロジェクト)

体験学習

天体や天文現象によって分類されたグループで体験学習を行います。
選択制となりますので、申込時に下記講師リストから希望分野を選択していただきます。 定員の都合上、ご希望に添えない場合はご了承ください。


体験学習講師一覧、シラバス

分野名 教員氏名 所属
太陽恒星         →詳細 関井 隆   准教授 太陽観測科学プロジェクト
星団・分子雲進化     →詳細 中村 文隆  准教授 科学研究部
系外惑星         →詳細 小谷 隆行  助教 アストロバイオロジーセンター
遠方銀河         →詳細 田中 賢幸  准教授 ハワイ観測所
ブラックホール      →詳細 秦 和弘   助教 水沢VLBI観測所
観測装置開発       →詳細 早野 裕   准教授 先端技術センター

※体験学習への申込みは任意とします。受講を希望しない場合は、申込みの際「希望しない」を選択してください。


申込み方法

締め切り

選考結果の通知

問い合わせ先


PageTop