総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. イベント案内:
  3. サマーステューデント

平成30年度サマーステューデント(夏の体験研究)プログラムについて

 昨年度に引き続き、国立天文台・総合研究大学院大学サマーステューデントプログラムを実施します。
 大学理工系学部2年または3年に在学する学生が、7月末から8月までの2~4週間程度国立天文台に滞在し、受入教員の指導のもとで研究を行うことができる制度であり、天文学研究に強い意欲のある学生に研究の機会を与えることにより、将来、天文学研究を志向する人材を育成することを目的とします。
 本プログラムでは、所定の受入期間の間、国立天文台の三鷹(東京都)、水沢(岩手県)、神岡(岐阜県)、ハワイ及びサンチアゴ(チリ)のいずれか一つのキャンパスに滞在して研究を行うとともに、研究受入期間最終日に国立天文台三鷹キャンパスで開催する合同発表会に参加し、成果発表を行っていただきます。
 なお、受入開始日は、採用後に各自が受入教員と打ち合わせて決めていただきます。期間中は宿泊場所(キャンパス内の宿泊施設又は近隣の民間ホテルを予定。)を提供し※、所属大学からの旅費と宿泊施設の宿泊費を援助するとともに、国立天文台内に研究場所を確保します。受入教員の指示のもと、必要な研究設備を利用することもできます。
※ただし、近隣に在住の場合は通いとなります。

目的

夏休み、国立天文台の観測所で天文学研究の最前線に触れる研究体験を。受入教員のもとで研究を行い、修了時に研究発表を行います。

対象

大学理工系学部2年生または3年生(高等専門学校の同等学年に在学する者を含む。)

募集定員と期間

詳細は募集要項を参照してください。
募集定員 期間
10名程度 7月30日(月)~ 8月30日(木)、8月31日(成果発表会)

指導プラン

指導プランダウンロード

サマーステューデントの各指導プランはこちらからダウンロードできます。

指導プランダウンロード(PDF形式)

指導プランタイトル一覧

研究テーマ 教員氏名 指導期間
(成果発表会を除く)
開催場所
重力波検出器KAGRA の高感度化に関する研究 麻生洋一 8/1 - 30 神岡
すばるHyper Suprime-Cam を用いた遠方銀河団探査 田中 賢幸 7/30 - 8/10 三鷹
すばる望遠鏡超広視野主焦点カメラで取得されたデータを用いた遠方銀河の研究 小野寺 仁人
小山 佑世
8/1 – 30 ハワイ観測所
(アメリカ合衆国)
すばる望遠鏡を用いた若い太陽系外惑星の間接的探査 橋本 淳 8/1 - 30 三鷹
すばる望遠鏡で直接撮像した2つの若い恒星周りに存在する太陽系外惑星候補の起源 堀 安範
橋本 淳
8/1 - 30 三鷹
ALMA による宇宙初期の星形成銀河の研究 伊王野 大介 7/30 - 8/17 三鷹
ブラックホールの観測的研究の最前線とALMA データ解析 井口 聖 8/13 - 30 三鷹
ALMA による太陽大気における温度変動の調査 下条 圭美 7/30 - 8/22, 30 三鷹
アルマデータを用いた遠方銀河の研究 松田 有一 8/1 - 30 三鷹
ALMA で探る分子雲コアの磁場構造 高橋 智子 8/6 - 30 アルマ合同観測所
(チリ, サンチアゴ)
超高分解能VLBI 観測による超巨大ブラックホールの研究 本間 希樹 8/6 - 30 水沢
Development of Receivers for Radio Astronomical Observation : a technical perspective of stronomical study Wenlei Shan
大島 泰
松尾宏
8/1 - 30 三鷹
太陽大気における大規模磁場構造の起源を探る 勝川行雄 7/31 - 8/30 三鷹
惑星形成円盤の輻射輸送シミュレーションとALMA 観測との比較から探る惑星形成 片岡 章雅 8/13 - 30 三鷹

申込方法

本年度の募集は終了いたしました。


PageTop