Home > 学生 | 教員 | 活動報告 > 総研大・国立天文台 スプリングスクール2015

総研大・国立天文台 スプリングスクール2015

3月9日(月)~12日(木)までの4日間、国立天文台三鷹キャンパスで、総研大・国立天文台スプリングスクールが開校されました。
平成23年から始まったスプリングスクール。5回目を迎えた今回は、全国25大学から41名の参加者が集まりました。

最先端の研究者を講師陣として、理論天文学、重力波天文学、光赤外線天文学、電波天文学、太陽物理学の5つの天文学講義を4日間にわたって受講していただきました。

開校式の様子
sskaiko2015.jpg

理論天文学の講義の様子
riron2015.jpg

重力波天文学の講義の様子
gravity2015.jpg

光赤外線天文学の講義の様子
optical2015.jpg

太陽物理学の講義の様子
sun2015.jpg

電波天文学の講義の様子
wave2015.jpg

 いずれの講義でも、終了後に教員に質問する姿が多く見受けられました。
 
 2日目には施設見学として、先端技術センター(ATC)の見学を実施しました。

先端技術センター見学の様子
ATC2015.jpg

 施設見学については1班の人数が多く、説明が聞こえなかった、見えなかった、といった意見が多くありましたので今後改善したいと思います。

 3日目は総研大生による懇親会も催され、教員、総研大生とともに歓談を楽しみました。

 修了後のアンケートでは、「普段大学では受けられない講義を受けることができてよかった。」「難しい内容だったがわかりやすく解説してもらえた。」「他大学の人と交流できて良かった。」といった声をいただきました。
 天文学に興味のある同世代が一堂に集まり、ともに過ごした4日間。講義から得られる知識だけでなく、仲間を得られたという意義も大きかったのではないでしょうか。このスプリングスクールを通じて、将来、天文学研究を志向する人材が少しでも増えることを願っています。

ssheiko2015.jpg

Home > 学生 | 教員 | 活動報告 > 総研大・国立天文台 スプリングスクール2015

Search
Feeds

Return to page top