総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

馬場 淳一(ばば じゅんいち、BABA, Junichi)

職名

  • 助教

研究内容の紹介

  •    我々の太陽系は天の川銀河のどこで誕生し、どのように現在の位置までたどり着いたのか。このような我々の起源に関わる根源的な問いに答えるために、天の川銀河の動力学構造と形成進化過程、そして星形成の母体となる分子雲の形成進化過程、星団形成と破壊離散過程に関して、大規模数値シミュレーションや位置天文観測衛星Gaia (ESA) の観測データを用いて研究を行っています。特に、(a) 渦状腕動力学に関する新たなモデル(動的渦状腕モデル)の提唱と観測的検証法の考案、(b) 天の川銀河の棒状構造の形成時期と減速過程の観測的推定法の考案、(c) 渦状腕・棒状構造による星(太陽系)の軌道進化・星団の破壊離散過程に伴う銀河円盤の化学動力学進化、(d) 流体シミュレーションによる銀河における星間ガスの運動と分子雲形成進化の研究などを行っています。また、赤外線位置天文観測衛星JASMINE計画の推進に携わっています。   

略歴

  • 2009年 東北大学大学院理学研究科天文学専攻 博士(理学)取得
    2009年 国立天文台理論研究部 研究支援員
    2010年 国立天文台天文シミュレーションプロジェクト 研究支援員・専門研究職員
    2012年 東京工業大学大学院理学研究流動機構 特任助教
    2013年 東京工業大学地球生命研究所 産学連携研究員
    2016年 愛媛大学宇宙進化研究センター 特定研究員
    2017年 国立天文台JASMINEプロジェクト 特任研究員
    2020年 国立天文台JASMINEプロジェクト 特任助教

専門分野

  • 銀河力学、銀河天文学、シミュレーション天文学、位置天文学

研究のキーワード

  • 銀河動力学、恒星系力学、銀河化学進化、位置天文学、シミュレーション天文学

現在の研究課題

  • 大規模数値シミュレーションと位置天文観測データ(Gaia)による天の川銀河の動力学構造、物質循環過程の解明。銀河系中心核バルジの化学動力学進化(銀河中心考古学)、中心核バルジの動力学に基づく銀河と超大質量ブラックホールの共進化や暗黒物質分布の理論研究と、赤外線位置天文観測衛星JASMINE計画の推進。太陽系兄弟星発見に向けた銀河における星団形成と破壊離散過程の理論研究と、星団残骸探査のための手法開発(機械学習など)。

所属学会

  • 日本天文学会、国際天文学連合

主要業績 (論文、著書)

  • J. Baba, & D. Kawata, 2020, MNRAS, 492, 4500: "Age Dating the Galactic Bar with the Nuclear Stellar Disc"
  • J. Baba, D. Kawata, N. Matsunaga, R. J. J. Grand, & J. A. S. Hunt, 2018, ApJ Letter, 853, L23: "Gaia DR1 Evidence of Disrupting the Perseus Arm"
  • J. Baba, K. Morokuma-Matsui, & T. R. Saitoh, 2017, MNRAS, 464, 246: "Eventful Evolution of Giant Molecular Clouds in Dynamically Evolving Spiral Arms"
  • J. Baba, K. Morokuma-Matsui, Y. Miyamoto, F. Egusa, & N. Kuno, 2016, MNRAS, 460, 2472: "Gas velocity patterns in simulated galaxies: Observational diagnostics of spiral structure theories"
  • J. Baba, 2015, MNRAS, 454, 2954: "Short-term dynamical evolution of grand-design spirals in barred galaxies"
  • J. Baba, K. Morokuma-Matsui, & F. Egusa, 2015, PASJ, 67, L45: "Radial distributions of arm-gas offsets as an observational test of spiral theories"
  • C. L. Dobbs & J. Baba, 2014, PASA, 31, 35: "Dawes Review 4: Spiral Structures in Disc Galaxies"
  • J. Baba, T. R. Saitoh, & K. Wada, 2013, ApJ, 763, 46: "Dynamics of Non-Steady Spiral Arms in Disk Galaxies"
  • J. Baba, T. R. Saitoh, & K. Wada, 2010, PASJ, 62, 1413: "On the Interpretation of the l-v Features in the Milky Way Galaxy"
  • J. Baba, Y. Asaki, J. Makino, M. Miyoshi, T. R. Saitoh, & K. Wada, 2009, ApJ, 706, 471: "The Origin of Large Peculiar Motions of Star-Forming Regions and Spiral Structures of Our Galaxy"

最近の研究業績

a) 編著書
b) 論文等
  • J. Baba, D. Kawata, R. Schoenrich, submitted to MNRAS (arXiv:2104.09526): "Age distribution of stars in Boxy/Peanut/X-shaped bulges"
  • J. Baba, & D. Kawata, 2020, MNRAS, 492, 4500: "Age Dating the Galactic Bar with the Nuclear Stellar Disc"
  • 中山弘敬、馬場淳一、先進映像協会米国本部 “ルミエール・アワード2018”最優秀VR科学体験賞
c) 新聞記事(インタビュー)
d) 雑誌(インタビュー含む、対談、その他)

台外活動(大学教育、社会活動、アウトリーチ等)

  • 科学館での一般向け講演
  • 科学館・プラネタリウム等へのシミュレーションデータ提供 (アメリカ自然史博物館、日本科学未来館など)
  • テレビ等のメディア出演(NHKコズミックフロントなど)
  • 文教大学教育学部理科専修 非常勤講師 (2010-2011)
  • 神奈川大学理学部 非常勤講師 (2010-2011)

代表者を務めた研究・プロジェクト

  • 2014-2017「宇宙初期における円盤銀河形成進化過程の解明」科研費若手研究(B)
  • 2018-2020「銀河系の大局的物質混合史の解明:何がいつどのように星の大移動を引き起こしたのか?」科研費基盤研究(C)
  • 2021-2023「銀河中心考古学:天の川銀河の棒状構造はいつ形成され、どのように進化してきたのか?」科研費基盤研究(C)
  • 2021-2022「動的非軸対称銀河における太陽系母星団の破壊過程と兄弟星分布の理論予測」科研費新学術領域研究(研究領域提案型)

関連ホームページ

連絡先

  • jun.baba[at]nao.ac.jp
    ([at]を@に変更してください)

PageTop