総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

小林 秀行(こばやし ひでゆき、Kobayashi, Hideyuki)

職種

  • 教授

研究内容の紹介

  •  超長基線電波干渉計(VLBI)のシステム開発およびそれを用いた高精度Astrometryおよびメーザー天体、活動銀河中心核の研究を行っている。世界初のスペースVLBI衛星「HALCA」の開発を進め研究を推進した後、VERAシステムの構築を行い銀河系内メーザー天体の高精度Astrometryの研究を進めた。さらに日本国内のVLBI局と韓国VLBI網、中国VLBI網を結合した東アジアVLBI網の構築を進めた。現在は、SKA計画に参画し、システム構築を進めている。

略歴

  • 1983年 名古屋大学理学部物理学科卒業
    1988年 東京大学大学院理学系研究科修了(理学博士)
    1989年-1999年 宇宙科学研究所助手 
    1999年-2003年 国立天文台助教授 
    2003年-2018年 国立天文台教授 
    2004年-2009年 VERA観測所長
    2009年-2010年 水沢VLBI観測所長
    2010年-2018年 副台長
    2018年-     国立天文台上席教授

専門分野

  • 電波天文学、電波干渉計システム、Astrometry

研究のキーワード

  •  VLBI、Radio Interferometer, Astrometry, AGN

現在の研究課題

  •  超長基線電波干渉計(VLBI)などの電波干渉計を用いた研究をおこなっている。建設が進む国際プロジェクトであるSKA(Square Kilometer Array)に参加し、それに伴う研究や開発を進めている。また、水沢VLBI観測所が運営するVERAプロジェクトや東アジアVLBI観測網を用いた位置天文学などの研究を進めている。

所属学会

  •  日本天文学会、国際天文連盟

代表者を務めた研究・プロジェクト

  • VERA計画
  • 東アジアVLBI網計画

連絡先

  • hideyuki.kobayashi[at]nao.ac.jp
    ([at]を@に変更してください)

PageTop