Home > VLBIコロキウム | 国立天文台談話会 | 太陽系小天体セミナー | 総研大コロキウム > 2011.10.3-10.9

2011.10.3-10.9

10月3日(月)13:30~15:00 太陽系小天体セミナー 南棟2階会議室
Oct 3 Mon Solar System Minor Body Seminar, Conference Room, 2F South Bldg.

10月5日(水)10:30~12:00 総研大コロキウム 中央棟(北)1階 講義室
Oct 5 Wed Sokendai Colloquium Lecture Room

10月7日 (金)15:00~16:00 VLBIコロキウム  中央棟(南)2階VLBIセミナー室
Oct 7 Fri VLBI Colloquium Seminar Room, 2F Main Bldg. (South)

10月7日 (金)16:00~17:00 国立天文台談話会      すばる棟大セミナー室
Oct 7 Fri NAOJ Seminar Large Seminar Room, Subaru Bldg.

詳細は以下をご覧ください。

10月3日(月)

キャンパス
三鷹
セミナー名
太陽系小天体セミナー
臨時・定例の別
定例
日時
10月3日(月)13:30~15:00
場所
南棟2階会議室
講演者
古荘玲子
所属
聖心女子大学
内容
C/2009 P1 & C/2010 X1 の観測について
連絡先
名前:渡部潤一
備考
テレビ参加可
Campus
Mitaka
Seminar
Solar System Minor Body Seminar
Regular/Irregular
Regular
Date
October 3rd 13:30~15:00
Place
the Conference Room of South Building (2F), NAOJ
Speaker
Reiko Furusho
Affiliation
University of the Sacred Heart
Contents
observations of C/2009 P1 & C/2010 X1
Facilitator
Name:Jun-ichi Watanabe
Comment
welcome to participate via TV conference system

10月5日(水)

キャンパス
三鷹
セミナー名
総研大コロキウム
臨時・定例の別
定例
日時
10月5日(水曜日)10:30~12:00
場所
中央棟(北)1階 講義室
講演者
澁谷 隆俊
所属
総研大 D2・三鷹(指導教員 : 家 正則 & 柏川 伸成)
タイトル
The First Systematic Survey for Lyman Alpha Emitters at z=7.3
連絡先
名前:石崎、坂井、末永
備考
野辺山、ハワイ、水沢、岡山からTV会議で参加可能。
2011年度総研大コロキウム委員
石崎剛史、坂井伸行、末永拓也

10月7日(金)

キャンパス
三鷹
セミナー名
VLBIコロキウム
臨時・定例の別
定例 (毎週金曜日の下記の時間)
日時
10月7日(金曜日)15時 ~ 16時
場所
中央棟(南)2階VLBIセミナー室
講演者
Yoshiaki SOFUE
所属
Department of Physics, Meisei University
タイトル
A Grand Rotation Curve and Dark Matter Halo in the Milky Way Galaxy
Abstract
A grand rotation curve of the Milky Way Galaxy is constructed, which covers from the Galactic Center to 1 Mpc, and is deconvolved into de Vaucouleur bulge, esponential disk and dark halo components by least-squares fitting.
The masses and scale radii of the components are determined as in the table below.
The dark halo was fitted by Navaro-Frenk-White (NFW) density profile, rho=rho_0/[(R/h) (1+R/h)^2].
The total mass inside the gravitational boundary of the Galaxy at 385 kpc, a half distance to M31, is estimated to be 9.6E11 Msun.
This leads to the baryon (=disk+bulge) fraction=5.2+/- 1.0%.
If the general baryon fraction in the Local Group is same as the cosmic value of 16%, baryons of 1.2E11 Msun may exist in the form of hot plasma with the emission measure of EM= 1.6E-4 pc cm^2 .
This “missing” hot halo may have already been “detected” as a small fraction, 2-3 %, of the ROSAT X-ray background.
Table: Galactic Parameters from Grand Rotation Curve
————————————————————
Mass (Msun) Scale radius (kpc)
————————————————————
Bulge… (1.71 +/- 0.07)E10 0.54 +/- 0.03 kpc
Disk…. (3.21 +/- 0.46)E10 3.08+/-0.45 kpc.
————————————————————
Dark Halo
rho_0……………..(7.37 +/- 0.99)E-3 Msun pc^-3.
Core (scale) radius…16.3 +/- 1.1 kpc, Local DM density at Sun (R_0=8 kpc)
(6.8 +/- 1.1)E-3 Msun pc^-3 = 0.26 +/- 0.04 GeV cm^-3.
連絡先
名前: 坂井伸行(秋山和徳)
備考
テレビ参加:可能

10月7日(金)

キャンパス
三鷹
セミナー名
国立天文台談話会
臨時・定例の別
定例
日時
10月7日(金) 16:00-17:00
場所
大セミナー室
講演者
河村雄行
所属
岡山大学
タイトル
「惑星物質の構造と物性の分子シミュレーション計算」
Abstract
惑星内部や表面、あるいは惑星間物質、およびそれらの関連物質などについて、分子シミュレーション法(主として古典分子動力学法とメトロポリス・モンテ・カルロ法)を用いて、動的を含む詳細な構造と、平衡および非平衡物性についての計算を行っている。
それらの結果と、実験・観測等と比較して議論する。
連絡先
名前:廣田朋也

以上

Home > VLBIコロキウム | 国立天文台談話会 | 太陽系小天体セミナー | 総研大コロキウム > 2011.10.3-10.9

Return to page top