Home > 国立天文台談話会 | 太陽系小天体セミナー > 2015.2.9-2.15

2015.2.9-2.15

2月9日(月)13:30~15:00  太陽系小天体セミナー   南棟2階会議室
Feb 9 Mon   Solar System Minor Body Seminar   Conference Room, South Bldg.2F

2月13日(金)16:00~17:00  国立天文台談話会   大セミナー室
Feb 13 Fri   NAOJ Seminar          Large Seminar Room

詳細は以下をご覧下さい。

2月9日(月)

キャンパス
三鷹
セミナー名
太陽系小天体セミナー
臨時・定例の別
定例
日時
2月9日(月曜日)13時30分~15時
場所
南棟2階会議室
講演者
藤井大地
連絡先
 名前:渡部潤一
備考
テレビ会議またはスカイプによる参加

2月13日(金)

キャンパス
三鷹
セミナー名
国立天文台談話会
臨時・定例の別
定例
日時
2月13日(金) 16:00-17:00
場所
大セミナー室
講演者
長瀧 重博
所属
理化学研究所
タイトル
「なぜ天体ビッグバンを?」
“Why Astrophysical Big Bang”
Abstract
天体ビッグバンとは私のネーミングですが、超新星・ガンマ線バーストを指しています。我々の研究室では、天体ビッグバンに関する様々な謎の解明に向け、理論的研究を行っています。天体ビッグバンは宇宙最大規模の爆発現象であり、その爆発メカニズムは良く分かっていません。我々はこの究極的な現象を、究極的な物理を駆使して解き明かしたいと考えています。場合によっては大型計算機を用いた大規模数値シミュレーションを駆使してこの究極的現象の解明にあたります。また天体ビッグバンは物理と謎の宝庫であり(重力波、r-process元素合成、粒子加速現象、最高エネルギー宇宙線、高エネルギーニュートリノ、高エネルギーガンマ線等)、極限宇宙物理学の最高峰とも言うべき現象です。我々はこれら様々な謎の解明に向けて最先端の理論研究を行い、この宇宙最大爆発現象の全貌を明らかにしたいと考えています。本談話会では我々の研究している天体ビッグバンの面白さ、現状と今後の展望などをお伝えしたいと思います。
連絡先
名前:松田 有一

以上

Home > 国立天文台談話会 | 太陽系小天体セミナー > 2015.2.9-2.15

Return to page top