Home > その他 | 国立天文台談話会 | 理論コロキウム | 総研大コロキウム > 2010.11.22-11.28

2010.11.22-11.28

11月22日(月)

 

  • 14:00~    理論コロキウム   コスモス会館会議室

11月24日(水)

 

  • 10:30~12:00 総研大コロキウム 中央棟(北)1階 講義室

11月25日(木)

 

  • 13:30~14:30 高エネルギーセミナー 中央棟(南)3階セミナー室

11月26日(金)

  • 16:00~17:00 国立天文台談話会  三鷹大セミナー室

11月22日(月)

キャンパス
三鷹
セミナー名
理論コロキウム
臨時・定例の別
臨時
日時
11月22日(月曜日)14時~
場所
コスモス会館会議室
講演者
中里直人
所属
会津大学
タイトル
GPUによるN体計算の高速化
Abstract
多くの天体物理学計算で利用されているN体計算を高速化する
ために、どのようにチップに載った並列計算機であるGPUを利
用するかについて説明します。最初にO(N^2)のアルゴリズム
による重力相互作用計算について簡単に紹介したあと、銀河進
化や粒子シミュレーションで必要となるより高速なO(N log N)
アルゴリズムであるTree法の実装と、そのプログラミング手法
について解説します。最後にTree法のの応用として、SPH法に
よる白色矮星の合体衝突計算について現状を報告します。
世話人の連絡先
 名前:町田正博

11月24日(水)

キャンパス
三鷹
セミナー名
総研大コロキウム
臨時・定例の別
定例
日時
11月24日(水曜日)10:30~12:00
場所
中央棟(北)1階 講義室
講演者
今瀬 佳介
所属
総研大 M2・三鷹(指導教員 : 今西 昌俊)
タイトル
近傍PG QSOにおける広輝線領域の近赤外分光
観測
世話人の連絡先
 名前:伊藤紘子、澁谷隆俊
 
備考
野辺山、ハワイ、水沢、岡山からTV会議で参加
可能。

11月25日(木)

キャンパス
三鷹
セミナー名
高エネルギーセミナー
臨時・定例の別
定例
日時
11月25日(木曜日)13時30分 ~ 14時30分
場所
中央棟(南)3階セミナー室
講演者
Evan O’Conar
所属
Caltech
タイトル
Black Hole Formation in Failing Core-Collapse Supernovae
Abstract
Massive stars ( M > 8-10 solar masses) end their lives with the gravitationally-induced collapse of their iron core. While it is likely that most of these events result in a successful core-collapse supernova, some my fail altogether (so called ‘unnovae’) when the protoneutron star in the core exceeds its maximum mass and collapses to a black hole.
In an effort to better understand these failed core-collapse supernovae, we performed a systematic study of black formation in failing core-collapse supernovae. Using a spherically-symmetric, general-relativistic hydrodynamics code and over 100 presupernova models. We study the effects of the choice of nuclear equation of state, zero-age main sequence (ZAMS) mass and metallicity, rotation, and mass loss prescription on BH formation. I will present the results of this study, including a prediction on the percentage of failed core-collapse supernovae and the suggestion that nonaxisymmetric rotational instabilities will limit the birth spin of nascent black holes.
世話人の連絡先
 名前:中村 航

 

11月26日(金)

キャンパス
三鷹
セミナー名
国立天文台談話会
臨時・定例の別
定例
日時
11月26日(金曜日)16時~17時
場所
大セミナー室
講演者
河合誠之
所属
東京工業大学
タイトル
ガンマー線バースト観測の現状と今後
Abstract
現在のガンマ線バーストの研究は、フェルミ衛星の観測と、
赤方偏移z=8.2のガンマ線バーストが検出されたことから
活況を呈している。10GeVを超える高いエネルギーまで
及ぶガンマ線放射のスペクトルや光度曲線の観測によって、
ガンマ線バーストの放射機構やエネルギーに関して新たに
得られた知見を紹介する。また、z>6 の高赤方偏移での
バーストの観測の銀河形成や宇宙再電離の研究への寄与と
今後の観測の展望を紹介する。さらに、大質量星の重力
崩壊に伴って発生するとされる長いバーストと異なり、
正体不明の短いバーストの起源として中性子星連星合体が
有力候補であることから、重力波観測との連携の可能性に
ついて議論する。
世話人の連絡先
 名前:高橋竜太郎
 

Home > その他 | 国立天文台談話会 | 理論コロキウム | 総研大コロキウム > 2010.11.22-11.28

Return to page top