Home > VLBIコロキウム | 国立天文台談話会 | 理論コロキウム > 2010.7.19-7.25

2010.7.19-7.25

7月21日(水)

  • 14:00~  理論コロキウム コスモス会館会議室

7月23日(金)

  • 16:00~17:00 国立天文台談話会 コスモス会館会議室
  • 17:00~18:00 VLBIコロキウム 南研2階VLBIセミナー室

詳細は以下をご覧ください。

7月21日(水)

キャンパス
三鷹
セミナー名
理論コロキウム
定例・臨時の別
定例
日時
7月21日(水曜日)14時~
場所
コスモス会館会議室
講演者
前田啓一
所属
IPMU
タイトル
Ia型超新星の爆発機構と観測的多様性の起源
The explosion mechanism of type Ia supernovae and the origin of their observational diversities
Abstract
Ia型超新星は白色矮星の核暴走爆発であると考えられている。
その光度と光度進化のタイムスケールが良く相関するという観測的性質のために、現在最も信頼されている宇宙論的標準光源の一つである。Ia型超新星の爆発機構の理解と宇宙論への適用は表裏一体の関係にあるが、その両方において大きな未解決問題がいくつかある。本講演では、まずIa型超新星爆発の二次元シミュレーションをもとにした理論的考察から、Ia型超新星の爆発機構を特定する新しい観測手段(可視-赤外域における後期分光観測)を提案する。次に、実際にそのアイデアを既存の観測データに適用し、Ia型超新星爆発が一般に大きな非対称性をもつことを示す。これは、核暴走が白色矮星の中心からずれたところで始まることの強い証拠である。さらに、宇宙論への適用において懸念事項とされていたIa型超新星のスペクトル進化の多様性が、この非対称性を起源としていることを示す。以上から、Ia型超新星の爆発機構と宇宙論への適用に関する未解決問題(の少なくともいくつか)が統一的なシナリオに基づき理解できることを示す。
世話人の連絡先
名前:町田正博

7月23日(金)

キャンパス
三鷹
セミナー名
国立天文台談話会
定例・臨時の別
定例
日時
7月23日(金曜日)16時~17時
場所
コスモス会館会議室
講演者
加藤成晃
所属
宇宙科学研究所
タイトル
円盤振動と放射から探る銀河系中心ブラックホールの自転速度
連絡先
名前:高橋竜太郎
キャンパス
三鷹
セミナー名
VLBIコロキウム
定例・臨時の別
定例
日時
7月23日(金曜日)17時~18時
場所
南研2階VLBIセミナー室
講演者
鈴木 賢太
所属
天文学教育研究センター
タイトル
電波銀河4C 23.56周囲の星形成銀河のradio deep imaging
Abstract
4C 23.56はz=2.48に存在する、高赤方偏移電波銀河(HzRGs)である。
可視及び赤外多色測光及び分光により、4C 23.56には星形成が進んだ赤い銀河や、星形成段階にあるLyα、Hα輝線銀河が、blank fieldに比べ数Mpcにわたり高密度になっていることが知られている。このことは、4C 23.56を中心に銀河団形成が進んでいる証拠と考えられる。加えてASTEに搭載したAzTEC 1.1mm ボロメータカメラによる4C 23.56周囲166arcmin^2(30Mpc^2)の範囲のサーベイから、>3.5σ(1σ~0.6mJy/beam)レベルで32のサブミリ波銀河(SMGs)候補が抽出された。これらのSMGsは、大量のダストを含んだ星形成銀河であると考えられ、4C 23.56を中心とする「原始銀河団」における活発な星形成を示す証拠になる。
本研究では、4C 23.56周囲の高密度領域におけるSMGsの空間分布を明らかにすることを目指す。
AzTEC/ASTEのビームサイズは30″であり、z=2.5では250kpcに相当する。そのため今回得られたSMGsサンプルについて
 (1)1.1mmフラックスを一つの銀河に対応させるこができない
 (2)単色測光情報のみで距離が不明、4C 23.56との結合は確認できない
という問題がある。
我々はVLA 1.4GHz@B-configuration によるdeep imagingによって
 (1)銀河スケール(1arcsec <=> 10kpc@z=2.5)の対応天体の決定
 (2)赤方偏移-電波/赤外光度関係を用いた赤方偏移推定
を目指している。この観測から、「AzTEC/ASTEサーベイ領域内に存在する、z=2.48にあるすべてのSMGs」が検出される。これにより、SMGsの正確な天球面上の位置が決定でき、測光赤方偏移推定のためのグローバルSED作成の足がかりが作られるとともに、電波フラックスが得られるために大まかな赤方偏移が分かるので、4C23.56に付随する可能性のあるSMGsを絞ることができる。
世話人の連絡先
名前:林隆之(秦和弘)
備考
水沢にはテレビ会議で繋ぎます。

以上

Home > VLBIコロキウム | 国立天文台談話会 | 理論コロキウム > 2010.7.19-7.25

Return to page top