Home > 太陽系小天体セミナー | 総研大コロキウム > 2016.1.25-1.31

2016.1.25-1.31

1月25日(月)13:30~15:00  太陽系小天体セミナー   南棟2階会議室
Jan 25 Mon   Solar System Minor Body Seminar   Conference Room, South Bldg.2F

1月27日(水)10:30~12:00  総研大コロキウム   中央棟(北)1F講義室
Jan 27 Wed   SOKENDAI colloquium         Lecture Room

詳細は以下をご覧下さい。

1月25日(月)

キャンパス
三鷹
セミナー名
太陽系小天体セミナー
定例・臨時の別
定例
日時
1月25日(月曜日)13時30分~15時
場所
南棟2階会議室
講演者
黒田大介
所属
国立天文台
タイトル
太陽系小天体の高位相角における偏光観測
Abstract
低活性彗星209P/LINEARについて可視・近赤外偏光観測を行い、測光モニター観測(Ishiguro+2015)の結果と合わせ、核とコマの偏光度の最大値を求めた(Kuroda+2015)。本講演では、主にこの観測成果について報告する。
また、彗星より暗い小惑星の偏光観測から導出した極めて高い偏光度についても紹介する。
連絡先
 名前:渡部潤一
備考
テレビ会議またはスカイプによる参加も可

1月27日(水)

Campus
Mitaka
Seminar
SOKENDAI Colloquium
Regularly Scheduled/Sporadic
Regularly Scheduled
Date and time
10:30 – 12:00, Jan 27, 2016
Place
Lecture Room
Speaker 1
Hiroshi KOBAYASHI
Affiliation
D2, SOKENDAI (supervisor: Ken Ohsuga)
Title
Radiation-MHD Simulation of Clumpy Outflow from Supercritical Accretion Flow; M1 closure scheme
Speaker 2
Jun-ya SAKURAI
Affiliation
D2, SOKENDAI (supervisor: Satoshi Miyazaki)
Title
Installing a Central Flat Field Lamp for HSC
Facilitator
-Name:Ryosuke Nagasawa
Comment
TV conference connection is available from Hawaii, Nobeyama, Mizusawa and Okayama.

以上

Home > 太陽系小天体セミナー | 総研大コロキウム > 2016.1.25-1.31

Return to page top