Home > VLBIコロキウム | 国立天文台談話会 > 2012.3.5-3.11

2012.3.5-3.11

3月9日(金)14:30~15:30   天文台談話会   すばる棟 1F 大セミナー室
Mar 9 Fri   NAOJ Seminar   Large Seminar Room, Subaru Bldg.

3月9日(金)15:00~16:00   VLBIコロキウム  中央棟(南)2F VLBIセミナー室
Mar 9 Fri   VLBI Colloquium   VLBI Seminar Room, Main Bldg (South) 2F

3月9日(金)16:00~17:00   天文台談話会   すばる棟 1F 大セミナー室
Mar 9 Fri   NAOJ Seminar   Large Seminar Room, Subaru Bldg.

詳細は以下をご覧ください。

3月9日(金)

キャンパス
三鷹
セミナー名
国立天文台談話会
臨時・定例の別
臨時
日時
3月 9日(金) 14:30-15:30
場所
大セミナー室
講演者
Thierry Montmerle
所属
Institut d’Astrophysique de Paris, France
タイトル
Feedback phenomena in massive star-forming regions
Abstract
During the course of their million-year lifetime, massive stars have strong feedback effects on the environment in which they were born.
I will focus on two shock-related phenomena: intense, fast stellar winds during their lifetime; supernova explosions and shock wave propagation characterizing their final stages. Shocks, either from winds and from supernovae, produce extended diffuse X-ray emission, emitted by hot plasmas confined by molecular clouds. In addition, supernova remnant shocks accelerate cosmic rays that interact with molecular clouds, generating high-energy gamma-rays and at the same time strongly ionizing the cloud material. I will review recent results on massive star-forming regions, ranging from the TeV domain to the sub-mm (meV) domain.
連絡先
名前:勝川行雄
キャンパス
三鷹
セミナー名
VLBIコロキウム
臨時・定例の別
定例 (毎週金曜日の下記の時間)
日時
3月9日(金)15:00~16:00
場所
中央棟(南)2階VLBIセミナー室
講演者
三好 真
所属
国立天文台 電波研究部
タイトル
キャラバン・サブ(宇宙電波分野中規模計画の1つ
Abstract
ブラックホール・シャドーの形状観測から強い重力場での相対論の検証ができる。
我々は銀河系中心ブラックホ-ルSgrA*での観測を10年前から検討してきた。 Doelemanら(2008)はその技術的妥当性を実証,さらに影の撮像を狙う。が,長基線のみの局構成では不可能である。その良質な撮像には南半球10局規模のVLBIが有ればよいが, 巨額を要す。
我々はまずは”影の存在”証明に特化,10億円規模の大幅なコストダウンを企てた。ある特定基線長に対して, フリンジ強度がゼロになる点が現れるならば, その基線長に応じたサイズの影が存在することになる。我々の観測からヌル点が発見できれば, “ブラックホール影”の強い証拠となる。具体的には影を含むSgrA*の正確なモデル像を理論的に予測しておき, フリンジ強度曲線と比較する。
大型固定鏡(観測感度を担う)と移動小型局(基線ベクトルを変え,天体輝度のフーリエ成分を多様に取得)を用いた3局, 2千km程度の広がりのVLBI,キャラバンsubを南米アンデスに展開する。
日本単独で影の存在をフリンジ解析から先駆け、ALMA等と地平面撮像に挑みることができる。実は本装置には広い汎用性がある。
移動局をALMA近隣に配置、恒星面解像を狙うALMA-拡張の実証実験ができる。
角サイズが不明確なサブミリ波領域のメーザに対し、基線長を変え、適切分解能のVLBI観測が可能である。
なお本計画は2011年、宇電懇、高宇連に中規模計画としての推薦・支持を得ている。
連絡先
名前: 坂井伸行(秋山和徳)
備考
テレビ参加:可能
キャンパス
三鷹
セミナー名
国立天文台談話会
臨時・定例の別
臨時
日時
3月 9日(金) 16:00-17:00
場所
大セミナー室
講演者
Mudumba Parthasarathy
所属
NAOJ
タイトル
Post-AGB supergiants : Chemical composition, evolution and circumstellar envelopes
Abstract
Far-infrared surveys and multi-wavelength follow-up studies have revealed few hundred post-AGB supergiants with circumstellar dust shells/disks/and molecular envelopes. Study of these sta rs is enabling us to further understand the advanced stages of evolution of low and intermediate mass stars. These post-AGB supergiants are found to form an evolutionary sequence in the transition region in the H-R diagram from the tip of the AGB into early stages of planetary nebulae. Some of the A-type post-AGB supergiants were found to show extreme depletion of refractory elements in their photospheres. All the F-type post-AGB supergiants with 21-micron emission feature were found to be overabundant in carbon and s-process elements indicating that they have evolved from the carbon star stage on the AGB.
The chemical composition of hot post-AGB stars indicate that they left the AGB before the third dredge-up. We found few hot post-AGB stars which are rapidly evolving into early stages of young planetary nebulae.
連絡先
名前:勝川行雄

以上

Home > VLBIコロキウム | 国立天文台談話会 > 2012.3.5-3.11

Return to page top