Home > 国立天文台談話会 | 太陽系小天体セミナー > 2012.12.10-12.16

2012.12.10-12.16

12月10日(月)13:30~15:00   太陽系小天体セミナー   南棟2F 会議室
Dec 10 Mon Solar System Minor Body Seminar Conference Room, South Bldg. 2F

12月14日(金)16:00~17:00  国立天文台談話会  大セミナー室
Dec 14 Fri   NAOJ Seminar   Large Seminar Room

詳細は以下をご覧下さい。

12月10日(月)

キャンパス
三鷹
セミナー名
太陽系小天体セミナー
定例・臨時の別
定例
日時
12月10日(月曜日)13:30~15:00
場所
南棟2階会議室
講演者
佐藤 幹哉
世話人の連絡先
名前:渡部潤一
備考
テレビ会議またはスカイプによる参加も可

12月14日(金)

キャンパス
三鷹
セミナー名
国立天文台談話会
定例・臨時の別
定例
日時
12月14日(金) 16:00-17:00
場所
大セミナー室
講演者
大久保修平
所属
東京大学 地震研究所
タイトル
「宇宙線を用いた地震・火山の研究」
Abstract
高エネルギーのミューオンやニュートリノが物体を透過するときの減衰率から、数百mから数㎞程度の大型物体を透視する方法(Cosmic-ray Radiography)が、日本発の技術として実用化されつつある。これにより、これまでにいくつかの火山の山麓に検出器が設置され、ミューオンを用いて人体のX線写真のような鮮明な画像が得られている。このセミナーでは、技術的な解説とともに、火山への応用例(浅間山、昭和新山、薩摩硫黄島など)、今後の展望などについて述べる予定。
世話人の連絡先
名前:鈴木 竜二

Home > 国立天文台談話会 | 太陽系小天体セミナー > 2012.12.10-12.16

Return to page top