Home > VLBIコロキウム | 国立天文台談話会 > 2012.9.24-9.30

2012.9.24-9.30

9月25日(火)16:00~17:00   国立天文台談話会   大セミナー室
Sep 25 Tue   NAOJ Seminar   Large Seminar Room

9月26日(水)15:00~16:00  VLBIコロキウム  中央棟(南)2F VLBIセミナー室
Sep 26 Wed   VLBI Colloquium  VLBI Seminar Room, Main Bldg. (South) 2F

9月28日(金)16:00~17:00   国立天文台談話会   大セミナー室
Sep 28 Fri   NAOJ Seminar   Large Seminar Room

詳細は以下をご覧下さい。

9月25日(火)

キャンパス
三鷹
セミナー名
国立天文台談話会
臨時・定例の別
臨時
日時
9月25日(火) 16:00-17:00
場所
大セミナー室
講演者
Sander Weinreb
所属
California Institute of Technology
タイトル
「Radio Astronomy from Jansky to the Future – An Engineer’s Point of View」
Abstract
The highlights of Jansky’s 1932 epic discovery of radio astronomy will be presented along with comments about the historic follow-up work by Reber. Jansky’s interesting receiver will be described. I will then briefly describe my early history and how I became interested in radio astronomy in 1957. The current science topics of most interest to me along with the technology advances which have made these possible will be presented. The state-of-the-art in low noise receivers and wideband feeds will be described along with recommendations regarding large future radio telescopes.
連絡先
 名前:廣田朋也

9月26日(水)

キャンパス
三鷹
セミナー名
VLBIコロキウム
臨時・定例の別
定例 (毎週水曜日の下記の時間)
日時
9月26日(水) 15:00~16:00
場所
中央棟(南)2階VLBIセミナー室
講演者
豊田 敦史
所属
岐阜大学大学院
タイトル
A/D変換器の周波数特性評価方法の開発
Abstract
電波干渉計におけるA/D変換器は感度を決める重要な要素の1つであり、特にサンプリング帯域幅は連続波観測において感度を1/2乗で向上させることができるため、広帯域化が進められてきた。また化合物半導体の技術進歩によりマイクロ波帯の直接サンプリングも可能となり、周波数変換器を必要としない観測システムも可能となっており、A/D変換器の開発においては高周波特性が重要となる。
従来、入力周波数特性の評価はシンセサイザーやノイズソースからのアナログ信号をA/D変換しFFTすることで評価を行っている。この方法では高速のデジタル信号を取得しFFTをするため、製造・開発の段階において評価システムが必要となり開発が困難になる。
そこで正弦波をA/D変換器に入力し電波干渉計で用いられる電力レベル評価の指標であるビット分布を離散的にかつ簡素な方法により取り出すことで入力周波特性を得る方法を提案する。今回は本方式について述べ、ソフトウエアによる性能評価シミュレーションの途中経過について報告する。
連絡先
 名前:MIN CHEULHONG
備考
テレビ参加:可能

9月28日(金)

キャンパス
三鷹
セミナー名
国立天文台談話会
臨時・定例の別
定例
日時
9月28日(金) 16:00-17:00
場所
大セミナー室
講演者
柴田 一成
所属
京都大学理学研究科
タイトル
「太陽型星におけるスーパーフレア - 太陽でスーパーフレアは起きるのか?-」
“Superflares on Solar Type Stars – Will Superflares Occur on Our Sun ? -“
Abstract
Supeflares are very big flares that release total energy much greater than that of the biggest solar flares with energy of ~ 3 x 10^32 erg. If such superflares will occur on our Sun, we would have extreme space weather events, which might lead to big hazards of terrestrial environments and our civilization.
Astronomical observations revealed that young stars or fast rotating stars often show superflares (10^34 ~ 10^38 erg). However it was not clear whether superflares would occur on the present Sun or not, since the present Sun is not young and is now slowly rotating (at 2 km/s).
Schaefer et al. (2000) reported 9 superflarers on ordinary solar type stars with slow rotation, but they argued that superflares would not on our Sun since they thought that hot Jupiter is a necessary condition for occurrence of superflares on solar type stars with slow rotation.
Using recent observations of solar type stars with Kepler satellite, we found existence of superflares (with energy of 10^34-10^35 erg) on many solar type stars, especially on Sun-like stars with slow rotation (period > 10 days) (Maehara et al. 2012, Nature, May 24, vol. 485, 478). From the statistical analysis of these superflare observations, it is found that superflares with energy 10^34 erg occur once in 800 years and superflares with 10^35 erg occur once in 5000 years on Sun-like stars. There are no observational evidence of hot Jupiters associated with superflare-generating stars in our data. Hence it is concluded that we cannot reject the possibility that superflares with 10^34-10^35 erg would occur once in 800-5000 years on the present Sun.
連絡先
 名前:廣田朋也

以上

Home > VLBIコロキウム | 国立天文台談話会 > 2012.9.24-9.30

Return to page top