カテゴリー別アーカイブ: 活動報告

平成30年度スプリングスクールを開催いたしました

平成30年度スプリングスクールを開催いたしました。

国立天文台・総研大天文学専攻スプリングスクールプログラムが2019年3月4日(月)―3月7日(木)に国立天文台大セミナー室で開催されました。本プログラムは、大学理工系学部3年または2年に在学する天文学研究に強い意欲を持つ学生を対象とし、装置開発を含む最先端の天文学の基礎を学ぶことを目的としています。今年は、光赤外線天文学、電波天文学、太陽物理学、重力波天文学、理論天文学、装置開発の各分野から合計10名の教員がレクチャーを行い、日本全国から合計60名の学部学生の参加がありました。講義では、星惑星系の形成進化、太陽活動、銀河考古学、銀河と宇宙の進化、重力波、ブラックホール、観測装置の仕組み、など、普段の大学の講義ではあまり触れない内容を学ぶことができました。施設見学は4D2Uシアターと先端技術センターでした。先端技術センターの9箇所の最先端装置開発の現場から各自3箇所選択して、それぞれ15分間見学をするという新しい試みをしました。また、「集中講義」や「施設見学」の他、参加者同士の交流を深めるための「体験学習」を昨年に引き続き実施しました。この「体験学習」は、太陽から遠方宇宙までの様々なスケールの天体や天文現象について8つの研究テーマを用意し、実験や論文輪読などを通して体験することを目的としています。事前に希望調査をし、各研究テーマに7〜8人のグループに分かれて体験学習に取り組んでいただきました。最後に行われたアンケートでは、「貴重な体験ができた」「講義の時間が足りない」「今後の進路の参考にしたい」など、前向きな感想をたくさんいただきました。

4日間、10講義を開催

分野別の体験学習

先端技術センター施設見学

開会式での集合写真

 

「総研大アジア冬の学校を開催いたしました」 “SOKENDAI Asia Winter School (SAWS) 2019 was held”

「総研大アジア冬の学校を開催いたしました」
“SOKENDAI Asia Winter School (SAWS) 2019 was held”

平成31年2月27日から3月1日に、三鷹キャンパスにて総研大アジア冬の学校
“Star and Planet Formation: Key Questions and Challenges”が開催
されました。日本を含むアジア地域の6カ国から42名の参加者が集まり、
講義、グループ討論、討論内容の発表会が行われました。

SOKENDAI Asia Winter School (SAWS) 2019 “Star and Planet Formation:
Key Questions and Challenges” was held from February 27 to March 1
2019 at NAOJ Mitaka campus. Total 42 students were attending from
6 Asian countries including Japan. They enjoyed lectures, group discussion, and presentation sessions.

講義の様子 (Lecture)

グループ討論の様子 (Group discussion)

発表会の様子 (Presentation session)

集合写真 (Group photo)

 

平成30年度9月専攻修了式を開催いたしました

平成30年9月28日、三鷹キャンパスにて平成30年度9月修了生1名の専攻修了式が執り行われました。

既に大阪にて職務に就いている笠さんは、この日のために三鷹に戻ってきました。
専攻長、副専攻長、指導教員、後輩たちに祝福を受け、和やかに修了式が執り行わました。

IMG_9934-e1539326086457.jpg専攻長・常田 佐久台長のご挨拶
Speech from the Director General

IMG_9936.jpg副専攻長/教育委員長・関井 隆准教授のご挨拶
Speech from the Chair of the Graduate Education Committee

IMG_9940.jpg出席者全員で記念撮影
Commemorative Photo

IMG_9947.jpg常田台長/専攻長より激励の握手
Shaking hands of encouragement from the Director General

IMG_9950.jpg指導教員と共に
Along with the supervisor

平成30年度サマーステューデント成果発表会

8月31日(金)、国立天文台三鷹キャンパスにて、平成30年度サマーステューデント成果発表会が開催されました。
今年で8年目となる本プログラムですが、今年は16名の学生がサンティアゴ(チリ)、ヒロ(ハワイ)、神岡、水沢、三鷹など、国立天文台の様々なキャンパスで体験研究を行いました。
下記のタイトルでの発表が行われました。(発表順)

「ALMAで探る原始星からのダスト偏波の起源」
「ALMA観測と輻射輸送計算との比較による原始惑星系円盤のダストサイズ推定」
「ALMA Reveals Dense Star Forming Gas in the Central 2kpc Region of a Redshift 2 Galaxy」
「すばるHSCデータを用いたQSO活動の研究」
「Fourier分光器を用いたbolometer cameraの評価」
「Study and improvement of torsion damping for the signal recycling mirrors of KAGRA」
「すばる HSC データで見る中性水素ガス銀河のすがた」
「すばる Hyper Suprime-Cam で解き明かす星形成を止めた銀河のサイズ進化」
「すばるHyper Suprime-Camの観測データを用いた遠方銀河団探査」
「連星系IRAS 04125+2902 における惑星候補の軌道安定性と起源」
「すばる望遠鏡を用いた若い太陽系外惑星の間接的探査」
「太陽のリム付近におけるドップラーシフトの非対称性」
「239GHzでみた太陽の静穏領域と多波長データの比較」
「超巨大ブラックホール直接撮像の画像シュミレーション」
「Black Hole Mass Measurement Using Molecular Gas Kinematics in Brightest Cluster Galaxy NGC 3258.」

発表の様子その1(チリ観測所からTV会議)

発表の様子その2

発表の様子その3(ハワイ観測所での研究を発表)

発表の様子その4

発表の様子その5

発表の様子その6

最後に記念撮影

夏休み約1ヶ月の短い期間でしたが、皆様よく研究に励まれ、
その成果を発表されていらっしゃいました。

今年も最初のお二人はチリからの発表(チリは夜9時)となりました。
一昨年度から開始したチリのサマーステューデント受入ですが、
最先端かつ国際的な観測現場で研究体験ができるということで人気があります。
今年のお二人も観測所の方々にとてもよくしていただき、充実した研究ができたようです。

また今年はハワイでもサマーステューデント受入がありました。
ハワイ観測所受入も人気があります。
今回行かれたお二人もチリ同様観測所の方々にとてもよくしていただき、
研究他多くの経験ができたようです。

神岡や水沢で受入となった方々も、それぞれの観測所での生活を満喫されたようです。

もちろん三鷹で研究された皆さんも、各受入プロジェクトの教員、総研大や東大の先輩、
研究員の方々から温かい指導、助言を受けることができたのではないかと思います。

発表後の質疑応答では多くの質問がありました。
発表者の皆様は質問者に刺激を受けながら真摯にご自分の研究に向き合っていらっしゃいました。

今回のサマーステューデントの経験が、
皆様が今後研究を続けていく上で有益なものとなりますことを祈念しております。

2018 国立天文台特別公開講座/総研大入試ガイダンス(関東会場)

 2018年5月19日(土)、国立天文台三鷹キャンパスにおいて、特別公開講演および総研大入試ガイダンスが行われました。本年も学部1年生の方から大学院生まで、総勢54名の方々にご来場いただきました。

 今年度は『国立天文台における天文学研究の最前線』テーマに、片岡章雅助教、田中賢幸准教教、大石雅寿准教授、松本晃治准教授の4名の先生方から、それぞれの分野の視点に立った興味深いご講演をいただきました。今年度は大学1年生の参加者が例年に比べ多く、大学に入ったばかりにもかかわらず、大学院へ進学することを考えている意識の高さに感心しました。講演の後の質問の時間には、一般的な天文学に関するものから非常に専門性の高いものまで、多くの質問がありました。
続きを読む