Home > その他 | 科学研究部コロキウム > 2021.7.5~2021.7.11

2021.7.5~2021.7.11

Jul 6 Tue. 10:00~11:30  太陽系小天体セミナー / Solar System Minor Body Seminar zoom

Jul 7 Wed. 15:30~17:00  NAOJ Science Colloquium      zoom

Jul 9 Fri. 13:30~15:00   Solar and Space Plasma Seminar    zoom          

詳細は以下をご覧下さい

7月6日(火)

キャンパス:三鷹
セミナー名:太陽系小天体セミナー
定例・臨時の別:定例
日時:7月6日(火曜日)10時00分~11時30分
場所:zoom
講演者:匠あさみ

世話人の連絡先
 名前:渡部潤一
 備考:テレビ会議またはスカイプによる参加も可

7月7日(水)

Campus:Mitaka
Seminar:NAOJ Science Colloquium
Regularly Scheduled/Sporadic:Every Wednesday
Date and time:2021 July 7, 15:30-17:00
Place:zoom
Speaker:Haruka Hoshino
Affiliation:NAOJ
Title:Stellar mass dependence of the habitable zone planetary systems formed by giant impacts
Abstract:Recent exoplanet surveys revealed that for solar-type stars close-in super-Earths are ubiquitous and many of them are in multi-planet systems. These systems are more compact than the solar system’s terrestrial planets. Ongoing and future exoplanet observations will find more planets around low-mass stars. However, there are not many theoretical studies on the formation of such planets around low-mass stars. Now is the time to clarify the dependence of the stellar mass on planet formation.
We investigate the effect of the stellar mass on the architecture of planetary systems. We perform N-body simulations of the giant impact stage around different stellar masses. Using the minimum-mass extrasolar nebula model, we set the isolation mass of protoplanets and distribute them around habitable zone. We follow the evolution for 200 million orbital periods of the habitable zone inner edge. We find that the eccentricity and inclination of orbits and the orbital separation of adjacent planets increase with the stellar mass. The results can be used to predict the number of planets in the habitable zone from the orbital separation.

Speaker:Yuki Yoshida
Affiliation:NAOJ
Title:TBD
Abstract:TBD

Facilitator
-Name:Akimasa Kataoka
Comment:English

7月9日(金)

Campus: Mitaka
Seminar: Solar and Space Plasma Seminar
Regularly Scheduled/Sporadic: Scheduled
Date and time:09 July (Fri), 13:30-15:00
Place: zoom
Speaker: Jin Matsumoto
Affiliation: Keio Univ.
Title: Dynamics and stability of relativistic jets

Abstract:
活動銀河核ジェットやガンマ線バーストは、光速に近い流体速度を持つ相対論的ジェットが根幹をなす特異な天体現象である。これらの天体現象を解き明かすためには相対論的ジェットのダイナミクスの理解が必要不可欠である。相対論的ジェットのダイナミクスには、ジェットの駆動、加速、収束およびそれに関わる安定性の3大未解決問題が存在する。本講演では、主にジェットの加速と安定性について我々の研究グループが進めている研究結果を紹介する。
ブラックホール近傍で駆動された磁気流体ジェットは、蓄えているポインティングフラックスを伝搬中にジェットの運動エネルギーに転換し加速する必要があるがその詳細はまだ十分には解明されていない。我々の研究グループでは、太陽の磁気極性が11年周期で反転する現象と類似した、ブラックホール周りに形成される降着円盤の磁気極性が円盤ダイナモ起源により反転する効果がジェットの加速に与える影響を調べる研究を行っている。降着円盤の磁場が反転するとジェット内の磁場も反転する箇所が生じ、その反転の境界面で磁気散逸が生じることが期待されるため、その効果を相対論的電磁流体シミュレーションを用いて調べた。その結果、磁気中性面で散逸した磁気エネルギーがジェットの更なる加速に寄与することがわかった。本講演では、この加速メカニズムの詳細を述べるとともに、磁気散逸が終了した後のジェット伝搬の安定性について調べたシミュレーション結果についても紹介する予定である。

Facilitator
-Name:Munehito Shoda

Home > その他 | 科学研究部コロキウム > 2021.7.5~2021.7.11

Return to page top