Home > その他 | 国立天文台談話会 | 科学研究部コロキウム | 総研大コロキウム > 2019.05.27-06.02

2019.05.27-06.02

5月27日(月)13:30~14:30   ATCセミナー    すばる棟 大セミナー室  
May 27 Mon          ATC Seminar     Large Seminar Room

5月29日(水)10:30~12:00   総研大コロキウム       講義室  
May 29 Wed         SOKENDAI colloquium    Lecture Room 

5月29日(水)13:30~15:00  科学研究部コロキウム    開発棟3号館3階会議室  
May 29 Wed      Colloquium of Division of Science  Conference room, Instrument Development Bldg. 3 3F 

5月31日(金)16:00~17:00  国立天文台談話会      大セミナー室  
May 31 Fri          NAOJ Seminar       Large Seminar Room 

詳細は以下をご覧下さい。

5月27日(月)

キャンパス
三鷹
セミナー名
ATCセミナー
定例・臨時の別
臨時
日時
5月27日(月曜日)13時30分~14時30分
場所
すばる棟 大セミナー室
講演者
神澤 富雄 氏
所属
国立天文台 ATC
タイトル
 45m電波望遠鏡の鏡面精度を良くする事(ホログラフィー 測定とパネル調整)
Abstract
連絡先
-名前:永井 誠
備考
日本語での講演

5月29日(水)

Campus
Mitaka
Seminar
SOKENDAI colloquium
Regularly Scheduled/Sporadic
Regular
Date and time
May 29, 2019, 10:30 -12:00

Place
Lecture Room

Speaker
Kei Ito
Affiliation
SOKENDAI 3rd year (D1) (Supervisor: Masayuki Tanaka, Yuichi Matsuda, Yusei Koyama)
Title
Protoclusters at z~4 found by Hyper Suprime-Cam Subaru Strategic Program and their UV-brightest galaxies
Abstract(Option):

Speaker
Yongming Liang
Affiliation
SOKENDAI 2nd year (M2) (Supervisor: Masayuki Tanaka, Yuichi Matsuda, Yutaka Komiyama)
Title
Correlation between galaxy and intergalactic gas at z=2.2 mapped by Subaru/HSC
Abstract(Option):

Facilitator
-Name: Kei Ito
Comment

5月29日(水)

Campus
Mitaka
Seminar
Colloquium of Division of Science
Regularly Scheduled/Sporadic
Regularly Scheduled
Date and time
May 29, 2019 (Wednesday) 13:30-15:00
Place
Conference room, Instrument Development Bldg. 3, 3F
Speaker
Munehito Shoda
Affiliation
Solar Science Observatory, NAOJ
Title
On solving the solar wind acceleration problem
Abstract
We are now facing a new era of solar and heliospheric science by the successful launch of Parker Solar Probe. One of the scientific goals of Parker Solar Probe is to reveal the physical mechanism(s) underlying the heating and acceleration of the solar wind. Now, when the scientific data of Parker Solar Probe is to be released, I would like to revisit the definition of solar wind acceleration problem with several recent progresses. The goal of this talk is to share a clear insight regarding how we solve one of the most important problems in astronomy.

Facilitator
-Name:Akimasa Kataoka
Comment
(optional) Language, attending by Video conference system acceptable or not, and related information (IP address etc.)

5月31日(金)

Campus
Mitaka
Seminar
NAOJ seminar
Regularly Scheduled/Sporadic
Scheduled
Date and time
Fri 31 May 16:00~17:00
Place
Large Seminar Room
Speaker
秋山 和徳
Affiliation
MIT Haystack Observatory
Title
「Event Horizon Telescopeによるブラックホールの撮像」
“Photographing a Black Hole with the Event Horizon Telescope”
Abstract
ブラックホール、アインシュタインの一般相対性理論によって予言されたこの究極の
天体の写真をもし撮ることができたら本当に文字通りの「黒い穴」と見えるのか、
これは天文学者に限らず、一般の人も思う素朴な疑問でした。一般相対性理論が発見
され、
そしてブラックホールの最初の理論解が導かれてから100年余り、ついに人類は
地球サイズのミリ波電波望遠鏡 Event Horizon Telescopeによってブラックホールの
撮像に
成功しました。本講演では4月10日に発表された近傍銀河M87の中心に潜む
超巨大ブラックホールM87*の初の撮像を報告した6つの論文を俯瞰するとともに、
国立天文台のグループが大きく貢献したブラックホールの画像化のプロセスについて
紹介します。

Facilitator
-Name:Kataoka, Akimasa

Home > その他 | 国立天文台談話会 | 科学研究部コロキウム | 総研大コロキウム > 2019.05.27-06.02

Return to page top