総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

麻生 洋一(あそう よういち、Aso Yoichi)

職種

  • 准教授

研究内容の紹介

  • これまで宇宙の観測はほぼ全て電磁波を使って行われてきた。しかし,電磁波 では見ることのできない多くの現象が宇宙には存在する。重力波とは大質量の 加速運動によって生成される時空の歪みが波動として伝播する現象であり,電 磁波とは大きく異なる性質を持つ。2015年には、ブラックホールの合体から生 じる重力波を米国の検出器が初めて直接検出することに成功した。また2017年 には中性子星連星の合体からの重力波が検出され、ガンマ線バーストや宇宙に おける重元素の起源解明につながる観測結果が得られた。ブラックホールの合 体イベントは続々と観測が積み重ねられており、新しい宇宙の姿が明らかにさ れてきている。
    日本では現在,岐阜県神岡鉱山の地下に一辺3kmの巨大なレーザー干渉計型重力 波検出器KAGRAが建設中である。KAGRAは2019年秋から本格的な観測運転を開始 し、重力波天文学発展の一翼を担うことが期待されている。
    私はこれまで、KAGRA主干渉計の設計チーフを務め、その後は鏡防振装置のイン ストール責任者として、KAGRAの建設と感度向上に携わっている。また,重力波 検出器の技術を応用した,レーザー精密計測,量子測定等の研究も行ってい る。

略歴

  • 東京大学大学院理学系研究科博士課程終了。
    コロンビア大学研究員。
    カリフォルニア工科大学研究員。
    東京大学大学院理学系研究科助教。
    2014年から国立天文台准教授。

専門分野

  • 重力波天文学, レーザー精密計測

研究のキーワード

  • 重力波,レーザー精密計測,量子測定

現在の研究課題

  • 重力波検出器KAGRAを用いた重力波の直接検出

所属学会

  • 日本物理学会, American Physical Society, 日本天文学会

主要業績 (論文、著書)

  • Y. Aso, Y. Michimura, et al., Interferometer Design of the KAGRA Gravitational Wave Detector, Phys. Rev. D 88, 043007 (2013)
  • Y. Aso, K. Somiya, and O. Miyakawa, Length Sensing and Control Strategies for the LCGT Interferometer, Class. Quantum Gravity 29, 124008 (2012)
  • Y. Aso, Z. Marka, C. Finley, et al., Search Method for Coincident Events from LIGO and IceCube Detectors, Class. Quantum Gravity 25, 114039 (2008)
  • Y. Aso, M. Ando, K. Kawabe, et al., Stabilization of a Fabry-Perot Interferometer Using a Suspension-point Interferometer, Phys. Lett. A 327, 1 (2004).

最近の研究業績

a) 編著書
b) 論文等
  • KAGRA collaboration, Vibration isolation system with a compact damping system for power recycling mirrors of KAGRA., Class. Quantum Grav., 36, 095015 (2019)

  •  N. Matsumoto, S. B. Cata・o-Lopez, M. Sugawara, S. Suzuki, N. Abe, K. Komori, Y. Michimura, Y. Aso, and K. Edamatsu, Demonstration of Displacement Sensing of a mg-Scale Pendulum for mm- and mg-Scale Gravity Measurements., Phys. Rev. Lett., 122, 071101 (2019)

  • KAGRA collaboration, Construction of KAGRA: an underground gravitational-wave observatory., Prog Theor Exp Phys, 2018 (2018)

  •  E. Capocasa, Y. Guo, M. Eisenmann, Y. Zhao, A. Tomura, K. Arai, Y. Aso, M. Marchi・, L. Pinard, P. Prat, K. Somiya, R. Schnabel, M. Tacca, R. Takahashi, D. Tatsumi, M. Leonardi, M. Barsuglia, and R. Flaminio, Measurement of optical losses in a high-finesse 300 m filter cavity for broadband quantum noise reduction in gravitational-wave detectors., Phys. Rev. D, 98, 022010 (2018)

  •  F. E. Pe・a Arellano, et al., Characterization of the room temperature payload prototype for the cryogenic interferometric gravitational wave detector KAGRA., Review of Scientific Instruments, 87, 034501 (2016).

  • A. Shoda, M. Ando, K. Ishidoshiro, et al., Search for a Stochastic Gravitational-wave Background Using a Pair of Torsion-bar Antennas, Phys. Rev. D 89, 027101 (2014)
  • Y. Michimura, M. Mewes, N. Matsumoto, et al., Optical Cavity Limits on Higher Order Lorentz Violation, Phys. Rev. D 88, 111101 (2013)
  • Y. Michimura, N. Matsumoto, N. Ohmae, et al., New Limit on Lorentz Violation Using a Double-Pass Optical Ring Cavity, Phys. Rev. Lett. 110, 200401 (2013)
  • Y. Aso, Y. Michimura, et al., Interferometer Design of the KAGRA Gravitational Wave Detector, Phys. Rev. D 88, 043007 (2013)
  • Y. Aso, K. Somiya, and O. Miyakawa, Length Sensing and Control Strategies for the LCGT Interferometer, Class. Quantum Gravity 29, 124008 (2012)
c) 新聞記事(インタビュー)
d) 雑誌(インタビュー含む、対談、その他)

台外活動(大学教育、社会活動、アウトリーチ等)

代表者を務めた研究・プロジェクト

  • 科研費基盤研究A 「光格子時計のための低温光共振器を用いた超高安定レーザーの開発」 (H22 – H24)

関連ホームページ

連絡先

  • yoichi.aso[at]nao.ac.jp
    ([at]を@に変更してください)

PageTop