総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

石井 峻(いしい しゅん、Ishii, Shun)

職種

  • 准教授

研究内容の紹介

  • 大質量星はその一生を通じて莫大なエネルギーを星間空間に供給し、銀河全体の物理的・化学的環境とその進化に大きな影響を及ぼす重要な存在です。その形成過程を観測的に明らかにすべく、世界各地のミリ波・サブミリ波望遠鏡(ALMA望遠鏡、野辺山45m電波望遠鏡、ASTE望遠鏡等)を活用しながら研究を進めています。とりわけ、巨大分子雲から高密度コア形成に至るまでの構造変化、周囲の若い星との相互作用(原始星からの双極分子流や紫外光など)が分子雲の進化に及ぼす影響に着目しています。また、新たな電波天文学の観測手法・性能評価の手法についての開発と研究も行なっています。

略歴

  • 2020年:国立天文台アルマプロジェクト 特任准教授
    2016年:国立天文台チリ観測所 助教
    2014年:東京大学理学系研究科附属天文学教育研究センター 特任助教
    2011年:筑波大学大学院数理物質科学研究科 研究員 (2011年7月-2013年3月:チリ大学 客員研究員)
    2011年:筑波大学大学院数理物質科学研究科博士課程修了、博士(理学)

専門分野

  • 電波天文学、星形成

研究のキーワード

  • 大質量形成、分子雲、ALMA

現在の研究課題

所属学会

  • 日本天文学会、国際天文連合

主要業績 (論文、著書)

  • Ishii, S. et al. 2019 "Nobeyama 45 m mapping observations toward Orion A. II. Classification of cloud structures and variation of the 13CO/C18O abundance ratio due to far-UV radiation", Publications of the Astronomical Society of Japan, 71, SP1, S9
  • Ishii, S. et al. 2016 "Large-scale CO (J = 4-3) mapping toward the Orion-A giant molecular cloud", Publications of the Astronomical Society of Japan, 68, 1, 10
  • Ishii, S. et al. 2013 "Development of a Transportable Telescope for Galactic Survey at 500 GHz in Antarctica", IEEE Transactions on Terahertz Science and Technology, 3, 1, 15
  • Ishii, S. et al. 2010 "Site testing at Dome Fuji for submillimeter and terahertz astronomy: 220 GHz atmospheric-transparency", Polar Science, 3, 4, 213

最近の研究業績

a) 編著書
b) 論文等
c) 新聞記事(インタビュー)
d) 雑誌(インタビュー含む、対談、その他)

台外活動(大学教育、社会活動、アウトリーチ等)

代表者を務めた研究・プロジェクト

関連ホームページ

連絡先

  • shun.ishii[at]nao.ac.jp
    ([at]を@に変更してください)

PageTop