総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

古澤 久德(ふるさわ ひさのり、Furusawa, Hisanori)

職名

  • 准教授

研究内容の紹介

  • 主に可視近赤外線の広域観測によって銀河の形成進化、またその環境である宇宙の進化について調べている。すばる望遠鏡のSuprime-Cam,Hyper Suprime-Cam (HSC)などの広視野撮像観測データを基軸として,関連する赤外・紫外データも組み合わせて多波長データを構築し、研究のツールとする.それらのデータを信頼高くかつ効率的に活用するための、データ解析ソフトウェア、アーカイブシステム,データ評価システム等の開発も観測所と連携して行う。大小質量の銀河・AGNが宇宙環境の中でどのような変遷を経て進化を遂げたのかを明らかにすることを目指し、最近では、観測データを合成した静的なデータに加えて個々の積分から得られる時系列データをこれらの課題に活用していくための解析手法の研究やシステム開発にも取り組んでいる。

略歴・学位

  • 2002年 3月 東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(博士(理学)).2002年4月 国立天文台ハワイ観測所等COE研究員、2003年10月 同 ハワイ観測所サポートアストロノマー、2009年1月 同 天文データセンター特任助教、2012年3月 同 助教、2022年10月より同 准教授(現職)。 

専門分野

  • 銀河天文学、光学赤外線天文学、観測的宇宙論

研究のキーワード

  • 銀河形成・進化、データ解析、データアーカイブ、ソフトウェア・システム開発

現在の研究課題

  • サーベイ観測による銀河・AGNの形成進化の解明 
  • 大規模な多波長サーベイデータを活用するためのデータ利用基盤の開発

所属学会

  • 日本天文学会、国際天文学連合

主要業績 (論文、著書)

  • “The on-site quality-assurance system for Hyper Suprime-Cam: OSQAH” Furusawa, et al., 2018, PASJ, 70, S3
  • “A New Constraint on the Lyα Fraction of UV Very Bright Galaxies at Redshift 7” Furusawa, et al., 2016, ApJ, 822, 46
  • “First On-Site Data Analysis System for Subaru/Suprime-Cam” Furusawa, et al., 2011, PASJ, 63, 585
  • “The Subaru/XMM-Newton Deep Survey (SXDS). II. Optical Imaging and Photometric Catalogs” Furusawa, et al., 2008, ApJS, 176, 1
  • “New Improved Photometric Redshifts of Galaxies in the Hubble Deep Field” Furusawa, et al. 2000, ApJ, 534, 624

最近の研究業績

論文等
  •  “Towards Reliable and Productive Astronomical Data Archives”, Furusawa, et al., 2022, ADASS XXX proceedings, ASP Conference Series, Vol. 532, p. 163
  • “Third data release of the Hyper Suprime-Cam Subaru Strategic Program” Aihara, et al., 2022, PASJ, 74, 247
  • “Innovative astronomical applications with a new-generation relational database” Furusawa, J. et al., 2020, SPIE proceedings, Vol. 11452, 1145226
  • “Data Processing in Subaru Strategic Survey Program with Hyper Suprime-Cam”, 2020, Furusawa, et al., ADASS XXIX proceedings, ASP Conference Series, Vol. 527, p. 697
  • “The on-site quality-assurance system for Hyper Suprime-Cam: OSQAH” Furusawa, H., 2018, PASJ, 70, S3

台外活動(大学教育、社会活動、アウトリーチ等)

  • 日本天文学会年会実行理事 (2021-)

代表者を務めた研究・プロジェクト

  • 「科研費深宇宙撮像データを用いた宇宙初期の銀河形成進化の研究」科研費若手研究(B) 2011-2012年度

連絡先

  • furusawa.hisanori [at] nao.ac.jp
    ([at]を@に変更してください)

PageTop