1. ホーム
  2. 外部の方へ
  3. サマーステューデント

サマーステューデント(夏の体験研究)企画について

 昨年度に引き続き、「広い視野を備えた物理科学研究者を育成するためのコース別大学院教育プログラム」に基づき、国立天文台・総合研究大学院大学サマーステューデントプログラムを実施します。
大学理工系学部2年もしくは3年に在学する天文学研究に強い意欲を持つ学生を対象とし、8月から9月の間の2〜4週間程度国立天文台に滞在し、指導教員に付いて研究を行うという制度であり、天文学研究に強い意欲のある学生に研究の機会を与えることにより、将来、天文学研究を志向する人材を育成することを目的とします。
 当プログラムでは、所定の研究受入期間(詳細は下表参照)の間、国立天文台の三鷹、野辺山(長野県)、水沢(岩手県)、ハワイのいずれか一つのキャンパスに滞在して研究を行うとともに、研究受入期間最終日に国立天文台三鷹キャンパスで開催する合同発表会に参加し、成果発表を行っていただきます。
なお、受入開始日は、採用後に各自が受入教員と打ち合わせて決めていただきます。期間中は宿泊場所(キャンパス内の宿泊施設又は近隣の民間ホテルを予定)を提供し、所属大学からの旅費と宿泊施設の宿泊費を援助するとともに、国立天文台内に研究場所を確保します。指導教員の指示のもと、必要な研究設備を利用することもできます。

目的

夏休み、国立天文台の観測所で天文学研究の最前線に触れる研究体験を。指導教員のもとで研究を行い、修了時に研究発表を行います。

対象

大学理工系学部3年生もしくは2年生

期間と場所

大学から研究場所までの交通費、宿泊費と研究場所を提供。詳細は募集要項を参照してください。

会場 募集定員
三鷹 約3名
ハワイ 約1名
水沢 約1名
野辺山 約1名
期間 夏休みの2〜4週間
8月1日〜9月6日、9月9日(修了発表会)

指導プラン

指導プランダウンロード

サマーステューデントの各指導プランはこちらからダウンロードできます。

指導プランダウンロード(PDF形式)

指導プランタイトル一覧

研究テーマ 教員氏名 指導期間 開催場所
ALMAデータの解析と銀河衝突の研究 伊王野 大介 8月1日〜23日 三鷹
ブラックホールの観測的研究の最前線と電波干渉計の基本原理 井口 聖 8月1日〜31日の間。開始日は要相談。 三鷹
微弱な電波を検出しよう 鵜澤 佳徳
関本 裕太郎
野口 卓
松尾 宏
要相談 三鷹
磁場と星間ガスの数値シミュレーション 工藤 哲洋 8月8日(木)〜9月6日(金)の間で調整 三鷹
遠方宇宙の活動的な超巨大ブラックホールの周囲の母銀河の研究 今西 昌俊
美濃和 陽典
8月5日〜30日 ハワイ
太陽活動と宇宙気候 柴崎 清登 要相談 野辺山
衛星観測データから彩層超音速流の起源に迫る 勝川 行雄 8月1日〜23日 三鷹
電波天文観測の基礎と応用 川口 則幸 要相談 水沢
VLBI観測による銀河系構造または超巨大ブラックホールの研究 本間 希樹 要相談 三鷹/水沢
電波望遠鏡観測データを用いた星形成・星間化学の研究 廣田 朋也 9月3日〜7日以外 三鷹

申込み

このサマーステューデントを希望される方は、サマーステューデント指導プランを参考に希望指導教員を決めた上で、参加申込書を下記宛郵送してください。その際、必ず大学での指導教員の推薦書を付けてください。その他応募の際の条件等については、募集要項を参照してください。
採否は7月上旬に参加申込書記載の連絡先に電子メールで通知します。
当プログラムの参加にあたっては、旅行保険(学研災)の加入が必要となりますので事前にご確認ください。

募集要項・申込書ダウンロード

サマーステューデントプログラム募集要項(PDF形式)
サマーステューデントプログラム参加申込書(Word形式)

締め切り

本年度の募集は終了いたしました。

申込書送付先

181-8588
東京都三鷹市大沢2-21-1
国立天文台 総務課研究支援係(大学院教育支援室)

問い合わせ

daigakuin@nao.ac.jp (全角@は@に変換してください)

ページのトップに戻る

  1. ホーム
  2. 外部の方へ
  3. サマーステューデント