総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻概要

天文科学専攻概要


1.総合研究大学院大学物理科学研究科天文科学専攻

総合研究大学院大学物理科学研究科天文科学専攻は、自然科学研究機構国立天文台を基盤とする大学院です。
5年一貫制博士課程(学部卒業生対象)と博士後期課程3年次編入(修士課程修了者対象)の二つのコースがあります。

2.天文科学専攻の目的

天文科学専攻では、世界最先端の観測装置やスーパーコンピュータを有する研究環境の下で、天文学および関連する分野の観測的・理論的、また装置開発に関わる研究を通じ、

マウナケア山頂のすばる望遠鏡などの写真
マウナケア山頂のすばる望遠鏡など

の育成を目標としています。


3.天文科学専攻の紹介

キャンパスと観測施設教育研究環境学生数、出身校天文科学専攻修了後の進路


4.志望者の皆さんへ:天文科学専攻のアドミッションポリシー

求める学生像

天文・宇宙に強い関心があり、解明しようとする問題に、理論的・観測的研究、あるいは観測装置の開発研究を通して取り組む意欲があり、基礎学力のみならず論理性、創造性など必要な素養を持つ学生を求めます。

入学者選抜の考え方

5年一貫制 博士後期課程

5.講座の研究紹介

志望にあたっては詳しい研究内容を確認のうえ、志望する指導教員と相談されることをお勧めます。
指導教員の個人の研究内容とメールアドレスは 教員紹介のページにあります。適当な指導教員が探せない場合は各講座の下記ガイダンス担当教員にコンタクトしてください。メールアドレスの”[at]”は”@”に置換してください。

天文科学専攻は、光赤外線天文学系講座、電波天文学系講座、共通基礎天文学系講座の3講座で構成されています。

光赤外線天文学系講座

地上の望遠鏡で観測可能な可視領域と近赤外領域の波長の光で天体を研究する分野。研究対象は銀河、恒星、星間物質、系外惑星、太陽系天体、など幅広い。国立天文台が有する光学赤外線望遠鏡すばる8.2メートル鏡(ハワイ観測所)と岡山1.9メートル鏡(岡山観測所)を駆使して観測的、理論的研究が進められています。

光赤外線天文学系講座の [詳しい紹介へ教員紹介へ]
ガイダンス担当教員:有本 信雄(arimoto[at]naoj.org)、兒玉 忠恭(t.kodama[at]nao.ac.jp)

電波天文学系講座

電波領域の電磁波を主な観測手段とする天文学の分野。野辺山45m電波望遠鏡、同電波ヘリオグラフ、超長基線電波干渉計などの観測装置を用いて、 銀河、恒星、星間物質、系外惑星、太陽系など幅広い天体について、主に観測的な研究、装置開発研究を進めています。チリ・アタカマに日米欧共同で建設したALMA望遠鏡による観測も開始されています。

電波天文学系講座の [詳しい紹介へ教員紹介へ]
ガイダンス担当教員:立松 健一(k.tatematsu[at]nao.ac.jp)、花田 英夫(hideo.hanada[at]nao.ac.jp)

共通基礎天文学系講座

理論天文グループ、太陽物理グループ、重力波グループ、データベース天文グループなどさまざまな研究手段で天文・天体物理を研究する講座です。 スーパーコンピュータ、太陽観測衛星「ひので」、太陽観測望遠鏡、レーザ干渉計型重力波検出器(KAGRA)などの装置を駆使して、 宇宙論、銀河、星間物質、系外惑星、太陽、太陽系などの研究を進めています。

共通基礎天文学系講座の [詳しい紹介へ教員紹介へ]
ガイダンス担当教員:富阪 幸治(tomisaka[at]th.nao.ac.jp)


6.卒業生、在学生の声

総合研究大学院大学数物科学研究科(1992年4月〜2004年3月)、物理科学研究科(2004年4月〜)を修了されて各界で活躍中の卒業生、 天文学研究に日夜励んでいる在学院生の生の声を取り上げてみました。
卒業生、在学生の声へ


PageTop