総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 教育:
  3. 今年度の授業科目
  4. 講義詳細

光赤外線天文学Ⅰ / Optical / Infrared AstronomyⅠ

担当者:柏川 伸成(光赤外線天文学系、TMT推進室)
Lecturer: N. Kashikawa

講義の位置づけ / Method

講義
Lectures

聴講指定等/ Kinds of Registration

〔選択〕、〔5年共通〕、単位互換〔総研大研究科共通、東京大学〕
an elective subject, Student exchange agreement applicable

科目の概要 / Description

天体の諸階層の光赤外線観測の現状を概観し、光赤外線観測の基礎的事項を講述する。
An overview the present status of observational astronomy is presented for various astronomical objects in the hierarchy.

教育目標・目的 / Leaning Goals

銀河は宇宙全体の構造・歴史を考える上での道具(ツール)である。 時には宇宙の重力場を知る質点として機能し、時には手前の宇宙を照らす灯台として使うことができる。 銀河自体の性質を十分に理解した上で、これをうまく使いこなせば宇宙のいろいろなことがわかってくる。 銀河をどう使って宇宙の何がわかったか、主にこれまでの光赤外観測によってもたらされた観測例を紹介する。
Galaxies can be used as a "tool" to understand the whole structure and history of the universe. They sometimes act as particles to tell us the gravitational field of the universe, or they are beacons to light up many physical properties of foreground universe. You can understand the universe if you get complete control over galaxies. Some examples of observational results that make good use of galaxies will be presented.

履修上の注意 / Notes

特になし
None.

授業計画 / Schedule

前期/金曜日/3時限目(15:00~16:30)
1st Semester/Friday/3rd Period(15:00~16:30)
開講日: 4/21 / Schedule: Apr 21

第 1回
イントロダクション
introduction
第 2回
宇宙を知る道具としての銀河
galaxies as a tool to know the universe
第 3回
膨張宇宙
expanding universe I
第 4回
宇宙の空間構造の概観
uniberse: spatial structure
第 5回
宇宙の時間発展の概観
universe: time evolution
第 6回
銀河の諸性質の概観
galaxy properties
第 7回
銀河進化の概観
galaxy evolution
第 8回
AGN
AGN
第 9回
銀河を用いて膨張宇宙を知る
expanding universe II
第10回
銀河を用いてダークマターを知るI
dark matter I
第11回
銀河を用いてダークマターを知るII
dark matter II
第12回
銀河を用いて大規模構造を知る
large scale structure
第13回
銀河を用いて銀河間物質を知る
intergalactic medium
第14回
銀河を用いて初期宇宙を知るI
early universe I
第15回
銀河を用いて初期宇宙を知るII
early universe II

教科書、参考書等 / Reference Books etc.

「現代の天文学」 第3巻「宇宙論II」、第4巻「銀河I」 日本評論社
Galactic Dynamics

成績評価 / Evaluation and Grading Policy

出席点50%、レポート50%
Attendance 50% and report 50%


PageTop