総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 教育:
  3. 今年度の授業科目

今年度の授業科目(シラバス)

2016年度(平成28年度)は下記の科目を開講致します。単位を取得する学生は、所定の期日までに、履修届をご提出下さい。単位取得にかかわらない場合は、ご自由にご聴講下さい。
修了要件については、学生便覧および”天文科学専攻における修了要件・授業科目の履修”についてのページをお読みください。


理論天文学概論 / Introduction to Theoretical Astronomy

講義主題:天文学基礎から実証的宇宙論まで

担当者:梶野 敏貴(共通基礎天文学系講座、理論研究部)
Lecturer: Toshitaka KAJINO (Division of Theoretical Astronomy)
科目の概要 / Content of subject
ビッグバン宇宙論,銀河の形成と進化,恒星の誕生と進化,太陽系の起源など,宇宙から恒星,惑星に至る種々の天体階層に関する天文科学の基礎的内 容を,理論天文学および宇宙物理学の立場から概説する。
We will discuss contemporary view of theoretical astronomy and astrophysics. Subjects include the big-bang cosmology, the formation and evolution of stars and galaxies, the origin of the Solar system, and others.
学習成果・習得する技能や知識 / Leaning Goals
宇宙・天体現象をそれらの背後にある物理素過程から理解し、宇宙・銀河・星の進化と物質および場の起源と進化の解明を目指す。
We aim to understand the origin of matter field and evolution of the universe, galaxies and stellar systems based on understanding elementary processes in cosmological and astronomical phenomena.

    講義の詳細 / detail of lecture


観測天文学概論Ⅰ / Introduction to Observational Astronomy Ⅰ

講義主題:天体観測装置の基礎と観測天文学研究の成果

担当者:中西 康一郎 (電波天文学系、チリ観測所)、平松 正顕(電波天文学系、チリ観測所)、田中 雅臣(共通基礎天文学系、理論研究部)
Lecturer: K. Nakanishi, M.Hiramatsu, M.Tanaka
科目の概要 / Content of subject
可視光・赤外線を用いた恒星,銀河,銀河団などの観測や電波望遠鏡,電波干渉計を用いた星間物質,星形成領域,活動銀河などの観測から得られる最新の宇宙像を観測天文学の立場から概説する。
We will give a contemporary view of the Universe, obtained from optical, infrared, and radio observations on stars, interstellar matter, galaxy and cluster of galaxies.
学習成果・習得する技能や知識 / Leaning Goals
天体観測に基づいた文献等を理解するための基礎知識、天体観測計画の立案に必要な望遠鏡・観測装置に関する基礎知識
acquire basic understanding about outcome of modern observational astronomy and about astronomical telescope and instruments

    講義の詳細 / detail of lecture


観測天文学概論Ⅱ / Introduction to Observational Astronomy Ⅱ

講義主題:太陽系の惑星や小天体、太陽系外の惑星や天体の姿を理解する。
"Basics of observational astronomy and practical applications"

担当者:小久保 英一郎(共通基礎天文学系・天文シュミレーションプロジェクト)、渡部 潤一(天文科学専攻)、吉川 真(宇宙科学専攻)、佐々木 晶・田村 元秀(他大学)
Lecturer: E. Kokubo
科目の概要 / Content of subject
太陽系の天体(惑星・衛星・小天体)の起源と進化について講述する。とくに、重力や回転運動計測など内部構造を求める手法について議論する。
Structure, origin and evolution of solar system bodies sush as planets and satellites
学習成果・習得する技能や知識 / Leaning Goals
惑星・太陽系外惑星の分野はこの20年間に大きく変貌を遂げている。最新の太陽系像、太陽系外惑星の研究の現状について理解を深める。

    講義の詳細 / detail of lecture


光赤外線天文学Ⅳ / Optical/Infrared Astronomy Ⅳ

講義主題:銀河考古学。恒星の進化、銀河の化学進化、スペクトル進化を学ぶ。

担当者:有本 信雄(光赤外線天文学系・ハワイ観測所)
Lecturer: N. Arimoto
科目の概要 / Content of subject
銀河の観測的性質とその物理状態の関係,銀河の進化と形成などを観測と理論両面から講述する。
Lecture on galactic astronomy, especially on the observational aspects of galaxies and the relation to their physical state. We will discuss the problem both from observation and theory.
学習成果・習得する技能や知識 / Leaning Goals
銀河進化の最新の知見
We learn the recycle of matter in galactic and galaxy cluster scale. We will discuss the problem both from observation and theory.

    講義の詳細 / detail of lecture


電波望遠鏡概論 / Introduction to Radio Telescope

講義主題:様々な電波望遠鏡システムを理解する

担当者:松尾 宏(電波天文学系、先端技術センター)
Lecturer: H. Matsuo
科目の概要 / Content of subject
電波望遠鏡の原理,設計と製作,制御技術などの基礎を講述する。
Lecture on the principle of radio telescope, the design and production, and basics of its control.
学習成果・習得する技能や知識 / Leaning Goals
様々な電波望遠鏡システムを理解することで、天体観測性能が何によって決まっているのか、将来の望遠鏡システムに何が期待されるのかを、自ら考えることができるようになる。
By learning a variety of radio telescope systems, one can understand what determines observing performance and what is required for future telescope systems.

    講義の詳細 / detail of lecture


電波天文学Ⅰ / Radio Astronomy Ⅰ

講義主題:電波天文学の基礎と電波観測システム

担当者:浅山 信一郎(電波天文学系、電波研究部)、ESPADA Daniel(電波天文学系、電波研究部)
Lecturer: S. Asayama, D. Espada
科目の概要 / Content of subject
天体の諸階層の電波観測の現状を概観し、電波天文学の基礎的事項を講述する。
Basics of radio astronomy and radio-astronomical systems
学習成果・習得する技能や知識 / Leaning Goals
電波天文学でどのように宇宙を研究するかを理解する。
Understanding how astronomers use radio astronomy to study the universe.

    講義の詳細 / detail of lecture


天文データ解析法Ⅱ / Astronomical Data Reduction Ⅱ

講義主題:可視・近赤外線天文観測データの解析法
Lecture on Radio Astronomy (especially millimeter and submillimeter astronomy), which includes emission mechansms of various radio-waves and methods to derive physical and chemical information from observational data.

担当者:水本 好彦(共通基礎天文学系、光赤外研究部)
Lecturer: Y. Mizumoto
科目の概要 / Content of subject
可視および近赤外線の天文観測データの解析手法について解説する。
Lecture on fundamental method of data analysis for optical and infrared observational
学習成果・習得する技能や知識 / Leaning Goals
可視・赤外天文観測データの較正から物理量の計測までの基礎知識
You should be able to:
Be familiar with optical and infrared detectors,
Employ basic knowledge to make preliminary data reduction of observed data with CCD,
Employ basic knowledge to make precise estimates of astrophysical quantities

    講義の詳細 / detail of lecture


天体プラズマ物理学Ⅱ / Cosmic Plasma Physics Ⅱ

講義主題:太陽恒星高温プラズマ現象の観測研究

担当者:末松 芳法(共通基礎天文学系、太陽プラズマ研究部)
Lecturer: Y. Suematsu
科目の概要 / Content of subject
紫外線・X線,電波による天文観測を用いた恒星の大気構造や表面活動の観測的研究について講述する。
Observations of the structure of stellar atmosphere by UV, X-ray, and radio wavelengths are lectured.
学習成果・習得する技能や知識 / Leaning Goals
天体高温プラズマの観測手法と物理診断手法の習得
Learning of observation and physical diagnostic methods of hot astrophysical plasma

    講義の詳細 / detail of lecture


数値計算法概論 / Introduction to Numerical Method

講義主題:天文学で用いる数値計算法について概説する

担当者:福島 登志夫(共通基礎天文学系、天文情報センター)
Lecturer: T. Fukushima
科目の概要 / Content of subject
天文学で用いる数値計算法について概説する。
The basic knowledge of some numerical techniques used in astronomy.
学習成果・習得する技能や知識 / Leaning Goals
代表的な数値計算技法の基礎知識および関連ソフトウェアの構築法並びに利用法
To be able to find suitable numerical software tools and to write appropriate interface programs to use them.

    講義の詳細 / detail of lecture


コロキウム / Colloquium

研究成果のプレゼンテーションスキルおよび議論のスキルの向上
Colloquium on contemporary astronomy. Graduate students present and discuss progress of their own research and/or of their fields. ( 1st through 5th year )

担当者:中村 文隆(共通基礎天文学系、天文シミュレーションプロジェクト)、矢野 太平(光赤外線天文学系、JASMINE検討室・RISE月探査プロジェクト)
Lecturer: F.Nakamura, T.Yano
科目の概要 / Content of subject
最新の天文科学の研究成果,天文研究の進め方,検証方法,発表方法,議論方法に関する研究(コロキウム:第1~5年次)
To build their presentation and discussion skills, graduate students present and discuss progress of their own research and/or of their fields. At each lecture, one of the participants gives a 1-hour presentation. Other participants are required to hold active discussions.
学習成果・習得する技能や知識 / Leaning Goals
実践形式のプレゼンテーションを行う経験を通じて、自分の研究の方向性を見直すとともに、プレゼンテーション手法や質疑応答などのスキルを向上させること。
blush up presentation and discussion skills

    講義の詳細 / detail of lecture


天文科学基礎演習 ⅠB・ⅡB / Basic Seminar ⅠB ・ⅡB

講義主題:天体物理学の基礎
Seminar on basic astronomy textbooks.

滝脇 知也(共通基礎天文学系、理論研究部)
Lecturer: T. Takiwaki
科目の概要 / Content of subject
天文学に関する基礎的文献の輪読(基礎セミナー)
Seminar on basic astronomy textbooks.
学習成果・習得する技能や知識 / Leaning Goals
天文学研究において重要となる諸物理過程に関する基礎知識の獲得を目指す。
learning basic physical processes that are essentially important in astronomy

    講義の詳細 / detail of lecture


天文科学実習IA / Observation Experiment ⅠA

講義主題:すばる望遠鏡光学赤外線観測実習
Practical traning of observation with the Subaru Telescope

担当者:兒玉 忠恭(光赤外線天文学系、ハワイ観測所)
Instructor: T.Kodama
科目の概要 / Content of subject
天体観測、計算機、観測装置、アウトリーチなどの実習
Experiment of observation at observatory ( Subaru in Hawaii )
学習成果・習得する技能や知識 / Leaning Goals
履修者の専門分野(理論、観測、専門波長)に関わらず、光学赤外線観測の基礎(望遠鏡・観測装置の理解、観測計画立案、観測実行、データ処理、解析)を実習によって体得する。
Learning the fundamental knowledges and techniques of Opt-NIR observations through a practical training.

    講義の詳細 / detail of lecture


天文科学実習IB / Observation Experiment ⅠB

講義主題:電波天文観測実習
Experiment of observation at obsevatory

花田 英夫(電波天文学系、水沢VLBI観測所)
Instructor: H.Hanada
科目の概要 / Content of subject
国立天文台水沢VLBI観測所において、電波天文観測に必要な基本計測器及び基礎知識を学習し、 実習を通して理解を深める。電波望遠鏡を操作して基本性能の確認試験、天体観測を行い、取得した データの解析を行う。
Radio telscope operation and observation is conducted by using the 20-m radio telescope in Mizusawa observatory.
学習成果・習得する技能や知識 / Leaning Goals
電波観測に必要な基本計測器の計測原理・操作に習熟する。また、電波位置天文観測で重要な 観測装置の基本性能、天体位置及びその変動について学習し、その天文学的な意味について理解すると ともに実際の観測を行い、データ解析手法について学ぶ。
This course is aiming at obtaining the basis of a radio astronomy observation throug actual work on telescope calibration and operation.

    講義の詳細 / detail of lecture


天文学特別講義Ⅷ
Special Lecture Ⅷ

地球を始めとする太陽系内外の惑星の表層環境進化やその決定要因を理解する
Understanding surface environmental evolution of planetary bodies in the solar system and beyond

担当者:関根 康人(東京大学)
Lecturer: T. Sekine (Tokyo University )
科目の概要 / Content of subject
天文学各分野の最新の研究成果を講述する。
Understanding surface environmental evolution of planetary bodies in the solar system and beyond
学習成果・習得する技能や知識 / Leaning Goals
天体上の物質科学的証拠から、形成進化を明らかにするために必要な物理・化学過程の理解。
to understand essential physical and chemical processes that control the formation and/or evolution of habitable planets in the solar system and beyond.

    講義の詳細 / detail of lecture


科学英語演習 / Exercise in Scientific English

講義主題:英会話、英語によるプレゼンテーション、フリーディスカッション等、将来 国際的な研究者として活躍するための基礎英語力を身につけることを目指す。
According to the level of respective students, small group exercise is given on the presentation in English,conversation and scientific writing.

担当者:大石 雅寿(共通基礎天文学系、天文データセンター)
Instructor: Visiting Instructor (SOKENDAI in charge : M.Oishi)
科目の概要 / Content of subject
受講生の英語力に合わせて、英会話、英語によるプレゼンテーション、フリー・ディイスカッション、英語による科学論文の書き方などの指導を小人数クラス制で行う。
According to the level of respective students, small group exercise is given on the presentation in English,conversation and scientific writing.
学習成果・習得する技能や知識 / Leaning Goals
英語による論文の執筆ならびに国際的な研究会などで基本的なやりとり、質疑応答ができる英語力の達成を目指す。
Learn practical scientific English

    講義の詳細 / detail of lecture


PageTop