総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 電波天文学担当教員一覧

主に准教授以上の教員について紹介しています。

星・惑星系形成

※電子メールアドレスは[at]を半角@に直してお使いください。

教 授   立松 健一

専門分野
星形成領域の観測的研究、電波天文学
研究内容の紹介
ミリ波サブミリ波の電波望遠鏡を用いて、恒星の誕生、恒星初期質量関数の起源、星間分子雲の形成と進化、超新星残骸と星間分子雲の相互作用、などを研究している。
関連サイト・連絡先
http://alma.mtk.nao.ac.jp/~kt/
   詳細を見る

准教授   齋藤 正雄

専門分野
電波天文学、星形成領域や銀河系外縁部の観測的研究
研究内容の紹介
星の誕生とひとくちにいいますが、その本質に迫るには高分解能で星近傍のガスや塵を見ることが必須です。そのために電波干渉計を用いた観測を行っています。また研究を発展させるため現在建設中のALMA干渉計(アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計)グループに参加し、電波望遠鏡高精度化のためのさまざまな観測手法の発展にもたずさわっています。 同時に銀河系の外縁部での星形成にも興味を持っています。外縁部は太陽近傍と違い分子ガスが少ない、金属量が少ない、近傍に大質量星がすくないなど特異な領域です。このような領域での分子ガス観測をツールとした星形成の研究は宇宙のさまざまな場所で起こっている多様な星形成の理解につながります。
関連サイト・連絡先
   詳細を見る

准教授 中村 文隆

専門分野
電波天文学,シミュレーション天文学,星の誕生過程
研究内容の紹介
ミリ波・サブミリ波望遠鏡や大規模数値シミュレーションを駆使した星の誕生過程の研究を行っています。最近は特に、星団の形成過程とその銀河スケールへの影響に興味を持って研究しています。国立天文台が誇る観測施設(野辺山45m鏡やASTE望遠鏡等)を用いて取得した観測データをもとに、ALMA望遠鏡による観測を目指しています。
関連サイト・連絡先
E-mail: fumitaka.nakamura[at]nao.ac.jp
http://th.nao.ac.jp/MEMBER/nakamrfm/index.html
   詳細を見る

助教   梅本 智文

専門分野
電波天文学、星・惑星形成
研究内容の紹介
星がどのように生まれその質量がどうして決まるのかを明らかにするため、野辺山45m電波望遠鏡を用いて分子雲コアのサーベイ観測を行い、分子雲コアの質量スペクトルと星の質量関数との比較を行った。また、超長基線電波干渉計(VLBI)などを用いて、生まれたばかりの星である原始星に付随する水蒸気メーザーや非熱的連続波の観測を行い、ミリ波電波干渉計では分解できなかった原始星周りの力学的・物理的構造を明らかにしようとしている。
関連サイト・連絡先
http://www016.upp.so-net.ne.jp/tumemoto/
   詳細を見る

助教   髙橋 智子

専門分野
ミリ波・サブミリ波天文学、星形成
研究内容の紹介
大部分の恒星は、分子雲中で星団として形成されることが分かっているため、その理解は星形成の一般描像を理解する上で不可欠です。星形成の母体となる分子雲はフィラメント状構造をしており、それらが階層的に分裂、収縮、する事で分子雲コアが形成され、星形成が始まることが分かっています。 この分裂過程には、ガスの熱運動、磁場、乱流の散逸等のバランスが寄与していると考えられています。さらに、最近の研究からはファイバー状に繋がったフィラメント間で物質降着があり、それらが集結するハブ(フィラメントの結合部分)で重い星が形成される事が示唆されています。 私の興味は、分子雲スケールで広がる大局的構造が最終的にどのように個々の星形成の形成・進化に寄与し、最終的な星団内のコア質量・空間分布を決めるのかという事です。観測的側面からの理解を目指し、原始星の形成母体となる低温・高密度のガス(分子雲、分子雲コア)の観測を、それらに感度のあるミリ波、サブミリ波帯の望遠鏡を用いて行っています。
関連サイト・連絡先
   詳細を見る

助教   平松 正顕

専門分野
電波天文学、星形成、広報・科学コミュニケーション
研究内容の紹介
ミリ波・サブミリ波帯の電波を用いて、星の母体となる分子雲コアやその中で形成される原始星を観測している。特に、原始星形成最初期の様子や星の質量決定メカニズムに関心を持っており、ASTE望遠鏡を用いた広域サーベイ観測による分子雲コアと原始星の統計的研究、ハワイ・サブミリ波干渉計(SMA)を用いた低光度原始星の観測などを行っている。
並行して、国立天文台チリ観測所の広報主任としてアルマ望遠鏡や天文学一般についての広報活動を行っている。また様々な科学コミュニケーション活動も実践しており、広報・科学コミュニケーション活動に関する適切な評価指標・方法にも関心を持っている。
関連サイト・連絡先
http://alma.mtk.nao.ac.jp/, http://www.chamaeleon.jp/
   詳細を見る

銀河系・銀河天文学

※電子メールアドレスは[at]を半角@に直してお使いください。

教授   井口 聖

専門分野
電波天文学
研究内容の紹介
日本プロジェクトマネージャとしてアルマ計画を推進。ミリ波サブミリ波による巨大銀河形成の観測的研究を進めるとともに、さらに超長基線干渉計も用いて「巨大バイナリーブラックホール」の研究に力を注ぐ。また、アルマ望遠鏡の後継として、「第2の地球」を探査する次世代ミリ波サブミリ波大型計画の立案検討を行っている。
関連サイト・連絡先
E-mail: s.iguchi[at]nao.ac.jp
http://alma.mtk.nao.ac.jp/~iguchi/
   詳細を見る

教 授   亀野 誠二

専門分野
電波天文学、活動銀河核、電波観測システム
研究内容の紹介
活動銀河核の構造と進化を観測的に研究している。活動銀河核は巨大ブラックホールに降着する物質の重力エネルギーが活動の源と考えられているが、降着物質の起源や降着過程(角運動量輸送機構)はまだ解明されていない。また、活動銀河核から放出されるジェットが相対論的な速度まで加速される機構もまだ謎が多い。これらの課題に対して、VLBIやALMAなど高い解像度を得られる電波干渉計による観測が鍵になる。 電波干渉計観測は費用高や観測手法の複雑さなどが課題になっているので、観測効率化・高精度化に向けたシステムエンジニアリングも行なっている。計測・較正の原理に立ち返り、統計的手法を駆使して、装置の性能を十分に活かす観測手法を構築することが重要である。
関連サイト・連絡先
   詳細を見る

教 授   川邊 良平

専門分野
電波天文学
研究内容の紹介
国際プロジェクトであるアルマ(アタカマミリ波サブミリ波干渉計)の建設に従事し、科学的な観点から運用方針や、観測手法の検討などを推進。チリのASTEサブミリ波望遠鏡や野辺山ミリ波干渉計などを用いて、アルマに向けた観測的研究(惑星形成や銀河スケールでの星形成の研究)も推進。
関連サイト・連絡先
   詳細を見る

教 授   小林 秀行

専門分野
電波天文学,VLBI天文学
研究内容の紹介
超長基線電波干渉計の手法を用いて高精度の天体観測および観測システムの研究を行っている。基線長2300kmで世界初の相対VLBIの手法を導入したVERAにより、 10マイクロ秒角の天体位置計測を行い、天体距離の直接測定を行う。これにより、銀河中心までの距離や銀河系内メーザー天体の位置・速度構造を計測し、銀河系の構造・ダイナミックスを明らかにする。また、日本、韓国、中国のVLBI観測網を結合した東アジアVLBI観測網の組織化・研究推進を行っている。
関連サイト・連絡先

准教授 伊王野 大介

専門分野
電波天文学、銀河天文学
研究内容の紹介
主に衝突合体銀河や遠方サブミリ波銀河の観測的研究を行っています。野辺山の45m望遠鏡や世界の電波干渉計を使って、衝突合体銀河の分子ガスを観測し、分子ガスと星形成の関係についての研究を進めています。このような研究に興味のある大学院生とは、今後はALMAを使った高感度・高分解能観測を共に進めていきたいと考えています。
関連サイト・連絡先
   詳細を見る

教授   本間 希樹

専門分野
銀河系天文学、位置天文学
研究内容の紹介
高精度位置計測による銀河系天文学、特に国立天文台のVERAを用いた銀河系内メーザー位置天文観測に基づいく銀河系の動力学構造とダークマターの研究。
関連サイト・連絡先
   詳細を見る

助教   亀谷 收

専門分野
電波天文学、VLBI天文学、星生成等の観測研究
研究内容の紹介
国立天文台水沢観測センターに設置された10mアンテナを立ち上げ、バーストを起こした水メーザー源の強度と偏波度の関係を研究している。 またVERA計画推進に深く関わり、VERA推進グループやRISE推進グループと共に、VERA計画の目標決定、アンテナシステム・受信機システム等の検討、観測局設置場所選定、基準電波源のサーベイ、観測局単一鏡性能出し、相対VLBI試験観測等を行なってきた。最近は、中距離星形成領域のVERAによる観測の一翼として、W3OHやCepA・NGC7538の水メーザーのVERAによる相対VLBI観測を行っている。  一方、VERAによる将来の銀河系構造解明の前段階として、野辺山45m望遠鏡を用いて、出口らと銀河系中心やバルジ方向の一酸化珪素メーザーのサーベイを行い、銀河系中心方向の速度構造、検出率の周期との関連等に関する新しい結果を出しつつある。
関連サイト・連絡先
http://veraserver.mtk.nao.ac.jp/VERA/kameya/index.htm
   詳細を見る

助教   中西 康一郎

専門分野
銀河天文学
研究内容の紹介
電波および可視光赤外線による観測を通して、近傍から遠方までの様々な爆発的星形成銀河(特に高光度赤外線銀河、高赤方偏移銀河)の性質と進化について研究を進めている。野辺山ミリ波干渉計・レインボー干渉計の運用・開発も担当。
関連サイト・連絡先
   詳細を見る

助教   廣田 朋也

専門分野
電波天文学、位置天文学、星間化学
研究内容の紹介
電波望遠鏡、電波干渉計(特に超長基線電波干渉計、VLBI)を用いた星間分子の観測により、星形成過程、銀河系動力学、星間化学の研究を進めています。具体的には、水メーザー源の高精度VLBI位置天文観測による星形成領域の距離決定、ジェットやディスクなどの原始星周辺のダイナミクスとその進化の研究、星形成領域の距離決定を通した分子雲の3次元的な構造や運動、銀河系の運動や構造の研究、様々な星間分子の電波観測による探査、星間分子の化学反応機構の解明、星間分子雲の化学組成とその進化、化学進化と力学的進化の関係に関する研究を進めています。
関連サイト・連絡先
http://veraserver.mtk.nao.ac.jp/index-J.html
   詳細を見る

助教 松田 有一

専門分野
観測天文学
研究内容の紹介
100億年以上前の宇宙を観測して、銀河の成り立ち(ガスから銀河がどのようにできてきたのか)を明らかにしようとしている。
国内外の研究者と共同で、ハワイのすばる望遠鏡をはじめ、ケック望遠鏡、VLT、SMA、ハーシェル宇宙望遠鏡等の世界第一線級の望遠鏡群を用いて、銀河形成の観測的研究を進めている。
関連サイト・連絡先
E-mail: yuichi.matsuda[at]nao.ac.jp
   詳細を見る

晩期型星

※電子メールアドレスは[at]を半角@に直してお使いください。

准教授    柴田 克典

専門分野
電波天文学
研究内容の紹介
VERA計画の推進に携わり、おもに観測運用システムの構築を担当。超長基線干渉計を使った晩期型星の質量放出・メーザー放射機構の観測的研究。
関連サイト・連絡先
http://veraserver.mtk.nao.ac.jp/index-J.html
   詳細を見る

星間化学

※電子メールアドレスは[at]を半角@に直してお使いください。

准教授   大石 雅寿

専門分野
電波天文学・アストロバイオロジー・データベース天文学
研究内容の紹介
宇宙と生命の間にどのような関連があるのかという意識を持ち,これまでの星間化学研究の発展として宇宙における物質進化に関する世界中の電波望遠鏡を用い星間分子の化学を解明するためのALMAなどを用いた観測的研究を行っ進めている。これまでに発見した星間分子は17種類にのぼる。最近では宇宙と生命の起源との関連も追っている。また,世界中の天文データベースや計算資源を研究に活用するためのヴァーチャル天文台構築の中心的役割・国際窓口を果たしている。
関連サイト・連絡先
E-mail: masatoshi.ohishi[at]nao.ac.jp
http://jvo.nao.ac.jp/

測地学

※電子メールアドレスは[at]を半角@に直してお使いください。

准教授    柴田 克典

専門分野
電波天文学
研究内容の紹介
VERA計画の推進に携わり、おもに観測運用システムの構築を担当。超長基線干渉計を使った晩期型星の質量放出・メーザー放射機構の観測的研究。
関連サイト・連絡先
http://veraserver.mtk.nao.ac.jp/index-J.html
   詳細を見る

准教授   松本 晃治

専門分野
惑星測地学
研究内容の紹介
大学院生の頃に衛星海面高度計データによる海洋潮汐モデルの開発を始め、地 球の荷重変形に関する研究や、海底圧力計データによる非潮汐性海洋質量変動 の研究など地球物理学的な研究を進めてきた。その一方で、日本の月探査ミッ ションSELENEの重力場ミッション設計に関わり、2007年の打ち上げ以降は主に 子衛星運用計画立案と月重力場モデルの構築を担当した。現在は月や惑星の内 部構造をより詳しく調べることを目標として将来ミッションの検討を行ってい る。
関連サイト・連絡先
http://www.miz.nao.ac.jp/rise/
   詳細を見る

助教   荒木 博志

専門分野
惑星科学、惑星測地学
研究内容の紹介
月・惑星の内部構造を地形、回転、潮汐変形など測地学的観測データをもとに検討し、月惑星の起源進化を解明することを目指しています。2007年打上の「かぐや」月探査(JAXA)ではレーザ高度計(LALT)のPIとして機器開発から月面地形データ解析まで実施し、月の地殻は考えられていた以上に硬いことを明らかにしました。現在は月の回転・潮汐変動観測を目標にした月レーザ測距の検討や新規月面反射板開発、さらには月面天測望遠鏡の開発にも参加し、より深部の月内部構造の解明を目指しています。また、はやぶさ2(JAXA)のレーザ高度計(LIDAR)観測の検討、木星衛星系探査計画(JUICE; ESA)用レーザ高度計(GALA)開発にも参加しています。
関連サイト・連絡先
http://www.miz.nao.ac.jp/rise/jp/members/hiroshi-araki
   詳細を見る

助教   亀谷 收

専門分野
電波天文学、VLBI天文学、星生成等の観測研究
研究内容の紹介
国立天文台水沢観測センターに設置された10mアンテナを立ち上げ、バーストを起こした水メーザー源の強度と偏波度の関係を研究している。 またVERA計画推進に深く関わり、VERA推進グループやRISE推進グループと共に、VERA計画の目標決定、アンテナシステム・受信機システム等の検討、観測局設置場所選定、基準電波源のサーベイ、観測局単一鏡性能出し、相対VLBI試験観測等を行なってきた。最近は、中距離星形成領域のVERAによる観測の一翼として、W3OHやCepA・NGC7538の水メーザーのVERAによる相対VLBI観測を行っている。  一方、VERAによる将来の銀河系構造解明の前段階として、野辺山45m望遠鏡を用いて、出口らと銀河系中心やバルジ方向の一酸化珪素メーザーのサーベイを行い、銀河系中心方向の速度構造、検出率の周期との関連等に関する新しい結果を出しつつある。
関連サイト・連絡先
http://veraserver.mtk.nao.ac.jp/VERA/kameya/index.htm
   詳細を見る

助教   寺家 孝明

専門分野
宇宙測地学
研究内容の紹介
VLBI位置天文とVLBI測地の研究。地殻・地球の変形の検出と、その原因となる地球の運動の原因を調査する。宇宙測地技術としての新しいVLBI観測手法についての研究を行う。
関連サイト・連絡先
   詳細を見る

惑星科学

※電子メールアドレスは[at]を半角@に直してお使いください。

教授   竝木 則行

専門分野
惑星科学
研究内容の紹介
 惑星や衛星の内部構造と進化について研究しています.天体内部の構造と進化が最も詳しく理解されているのは言うまでもなく,地球です.地球の内部は地殻・マントル・外核・内核という層構造からできています.地球内の温度は深くなるほど温度が上がっていきますが,水平方向にも温度むらがあり,マントルの対流運動を励起しています.固体マントルのゆるやかな運動は深部の熱を表面に輸送し,現在も地球を進化させています.他の惑星の姿を知らないうちは,人類はこの地球こそがもっとも典型的な惑星進化の形態であると信じていました.ところがこれまでの惑星探査は,地球のような進化の道筋をとおった天体が一つもないことを明らかにしました.様々な姿を見せる太陽系内の惑星や衛星の運命を分けたきっかけは何だったのか?その手がかりさえ我々人類はまだつかんでいません.謎のベールをはぐのは惑星探査がもたらす観測データです.そのために月探査機「かぐや」の重力データ解析や,「はやぶさ2」レーザ高度計の開発に従事しています.
関連サイト・連絡先
http://www.miz.nao.ac.jp/rise/top
   詳細を見る

准教授   花田 英夫

専門分野
惑星測地学
研究内容の紹介
月惑星の起源と進化を解明するために、月惑星の内部構造を調べることが研究目標です。それを調べる手段としては、月惑星の重力場、潮汐、回転変動等の測地学的手法を主とし、観測手法を開発するとともに、観測装置の開発を行っています。最近では、RISE月探査プロジェクトの中で、セレーネ(かぐや)計画の衛星搭載VLBI用電波源ミッションを担当し、月の重力場、内部構造の研究と、そのための衛星搭載機器の開発を行ってきました。その次は、月の回転変動の観測のためのレーザ測距やVLBI観測の装置の開発を行い、その先は、さらに高精度の観測として、月・惑星表面での望遠鏡観測を目指しています。
関連サイト・連絡先
   詳細を見る

准教授   松本 晃治

専門分野
惑星測地学
研究内容の紹介
大学院生の頃に衛星海面高度計データによる海洋潮汐モデルの開発を始め、地 球の荷重変形に関する研究や、海底圧力計データによる非潮汐性海洋質量変動 の研究など地球物理学的な研究を進めてきた。その一方で、日本の月探査ミッ ションSELENEの重力場ミッション設計に関わり、2007年の打ち上げ以降は主に 子衛星運用計画立案と月重力場モデルの構築を担当した。現在は月や惑星の内 部構造をより詳しく調べることを目標として将来ミッションの検討を行ってい る。
関連サイト・連絡先
http://www.miz.nao.ac.jp/rise/
   詳細を見る

助教   荒木 博志

専門分野
惑星科学、惑星測地学
研究内容の紹介
月・惑星の内部構造を地形、回転、潮汐変形など測地学的観測データをもとに検討し、月惑星の起源進化を解明することを目指しています。2007年打上の「かぐや」月探査(JAXA)ではレーザ高度計(LALT)のPIとして機器開発から月面地形データ解析まで実施し、月の地殻は考えられていた以上に硬いことを明らかにしました。現在は月の回転・潮汐変動観測を目標にした月レーザ測距の検討や新規月面反射板開発、さらには月面天測望遠鏡の開発にも参加し、より深部の月内部構造の解明を目指しています。また、はやぶさ2(JAXA)のレーザ高度計(LIDAR)観測の検討、木星衛星系探査計画(JUICE; ESA)用レーザ高度計(GALA)開発にも参加しています。
関連サイト・連絡先
http://www.miz.nao.ac.jp/rise/jp/members/hiroshi-araki
   詳細を見る

装置開発

※電子メールアドレスは[at]を半角@に直してお使いください。

教授   井口 聖

専門分野
電波天文学
研究内容の紹介
日本プロジェクトマネージャとしてアルマ計画を推進。ミリ波サブミリ波による巨大銀河形成の観測的研究を進めるとともに、さらに超長基線干渉計も用いて「巨大バイナリーブラックホール」の研究に力を注ぐ。また、アルマ望遠鏡の後継として、「第2の地球」を探査する次世代ミリ波サブミリ波大型計画の立案検討を行っている。
関連サイト・連絡先
E-mail: s.iguchi[at]nao.ac.jp
http://alma.mtk.nao.ac.jp/~iguchi/
   詳細を見る

教 授   亀野 誠二

専門分野
電波天文学、活動銀河核、電波観測システム
研究内容の紹介
活動銀河核の構造と進化を観測的に研究している。活動銀河核は巨大ブラックホールに降着する物質の重力エネルギーが活動の源と考えられているが、降着物質の起源や降着過程(角運動量輸送機構)はまだ解明されていない。また、活動銀河核から放出されるジェットが相対論的な速度まで加速される機構もまだ謎が多い。これらの課題に対して、VLBIやALMAなど高い解像度を得られる電波干渉計による観測が鍵になる。 電波干渉計観測は費用高や観測手法の複雑さなどが課題になっているので、観測効率化・高精度化に向けたシステムエンジニアリングも行なっている。計測・較正の原理に立ち返り、統計的手法を駆使して、装置の性能を十分に活かす観測手法を構築することが重要である。
関連サイト・連絡先
   詳細を見る

教授   野口  卓

専門分野
電波天文学
研究内容の紹介
ミリ波、サブミリ波帯電磁波の超高感度検出器の開発研究。野辺山45mおよびミリ波干渉計など電波望遠鏡に搭載されるミリ波、サブミリ波帯の超低雑音受信機とその核心をなす超低雑音ミクサ素子の開発研究を行っている。ALMA計画の最高観測周波数帯である800GHz帯の低雑音ミクサ/受信機の開発が当面の課題。
関連サイト・連絡先

准教授    柴田 克典

専門分野
電波天文学
研究内容の紹介
VERA計画の推進に携わり、おもに観測運用システムの構築を担当。超長基線干渉計を使った晩期型星の質量放出・メーザー放射機構の観測的研究。
関連サイト・連絡先
http://veraserver.mtk.nao.ac.jp/index-J.html
   詳細を見る

准教授   関本 裕太郎

専門分野
電波天文学、宇宙論、サブミリ波観測装置、超伝導検出器
研究内容の紹介
宇宙マイクロ波背景放射(CMB)観測や遠方サブミリ波銀河の観測のための超伝導カメラの開発をすす めている.CMBのB-modeとよばれる渦状の偏光パターンを検出し, 初期宇宙インフレーション物理 の解明をめざしている.CMB のB-mode偏光は微弱な信号であることから, 高感度かつ多ピクセルの 超伝導ミリ波カメラの開発が重要となる. 将来のCMB衛星計画や南極望遠鏡の準備もすすめている.
関連サイト・連絡先
http://atc.mtk.nao.ac.jp/~sekimoto/
   詳細を見る

准教授   松尾  宏

専門分野
電波天文学、サブミリ波技術開発
研究内容の紹介
ミリ波サブミリ波領域における天体観測装置を開発し、その装置を用いて遠方天体の観測的研究を行う。現在、チリに設置するASTE望遠鏡に搭載する3色ボロメータおよび超伝導サブミリ波カメラの開発に従事する。
関連サイト・連絡先
http://thz-www.mtk.nao.ac.jp/ja/index.html
   詳細を見る

PageTop