総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

立松 健一(たてまつ けんいち、Ken'ichi Tatematsu)

職種

  • 教授

研究内容の紹介

  • ミリ波サブミリ波の電波望遠鏡を用いて、恒星の誕生、恒星初期質量関数の起源、星間分子雲の形成と進化、超新星残骸と星間分子雲の相互作用、などを研究している。最近の関心事は、巨大分子雲のなかの分子雲コアの進化を化学進化によって探ること、Bonnor-Ebert解析などを用いて分子雲コアの安定性・不安定性を調べ星形成の始動条件との関係を調べること、連星系における原始惑星系円盤の性質の研究、など。
    電波天文学の大型国際プロジェクト「アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計ALMA」を推進しており、アルマ東アジア地域センター・マネージャーをつとめる。

略歴

  • 愛知県立中村高等学校卒、京都大学理学部卒。
    京都大学大学院修士課程修了、名古屋大学大学院博士課程修了。
    日本学術振興会特別研究員、国立天文台野辺山宇宙電波観測所研究員、テキサス大学マクドナルド天文台ポスドク研究員、茨城大学理学部助手、国立天文台電波天文学研究系助教授をへて、 2007年より自然科学研究機構国立天文台電波研究部教授。

専門分野

  • 電波天文学、星形成領域、星間物質、超新星残骸と分子雲の相互作用

研究のキーワード

  • ミリ波、サブミリ波、星形成、分子雲コア、オリオン座、巨大分子雲、超新星残骸、相互作用、Bonnor-Ebert球、中性炭素原子

現在の研究課題

  • 巨大分子雲における分子雲コアの物理的・化学的性質、超新星残骸と分子雲の相互作用、原始惑星系円盤

所属学会

  • 日本天文学会、アメリカ天文学会、国際天文学連合

主要業績 (論文、著書)

  • K. Tatematsu, M. Nakano, S. Yoshida, S.D. Wiramihardja, & T. Kogure, "CO Observations of the S147/S153 Complex Associated with the SNR G109.1-1.0," Publ. Astron. Soc. Japan, 37, 345-358 (1985)
  • K. Tatematsu, Y. Fukui, M. Nakano, T. Kogure, H. Ogawa, & K. Kawabata, "Molecular Clouds in the Vicinity of the Semicircular Supernova Remnant G109.1-1.0," Astron. and Astrophys., 184, 279-283 (1987)
  • K. Tatematsu, Y. Fukui, M. Nakano, & T. Iwata, "Radio Polarization of the Semicircular Supernova Remnant G109.1-1.0," Publ. Astron. Soc. Japan, 39, 755-760 (1987)
  • K. Tatematsu, Y. Fukui, T. Iwata, F.D. Seward, & M. Nakano, "A Further Study of the Molecular Cloud Associated with the Supernova Remnant G109.1-1.0," Astrophys. J., 351, 157-164 (1990)
  • K. Tatematsu, Y. Fukui, T.L. Landecker, & R.S. Roger, "The Interaction of the Supernova Remnant HB 21 with the Interstellar Medium: CO, H I, and Radio Continuum Observations," Astron. and Astrophys., 237, 189-200 (1990)
  • K. Tatematsu, T. Umemoto, O. Kameya, N. Hirano, T. Hasegawa, M. Hayashi, T. Iwata, N. Kaifu, H. Mikami, Y. Murata, M. Nakano, T. Nakano, N. Ohashi, K. Sunada, H. Takaba, & S. Yamamoto, "Molecular Cloud Cores in the Orion A Cloud. I. Nobeyama CS (1- 0) Survey," Astrophys. J., 404, 643-662 (1993)
  • K. Tatematsu, T. Umemoto, Y. Murata, H. Chen, N. Hirano, & H. Takaba, "Molecular Cloud Core and CS Outflow Associated with Haro 4-255 FIR," Astrophys. J., 419, 746-751 (1993)
  • K. Tatematsu, T. Umemoto, M. H. Heyer, N. Hirano, O. Kameya, & D. T. Jaffe, "Molecular Cloud Cores in the Orion A Cloud. II. FCRAO CS (2-1) Data," Astrophys. J. Suppl., 118, 517-539 (1998)
  • Y. Arikawa, K. Tatematsu, Y. Sekimoto, & T. Takahashi, "Shocked Molecular Gas Associated with the Supernova Remnant W28," Publ. Astron. Soc. Japan, 51, L7-L10 and Plate 23 (1999)
  • K. Tatematsu, D. T. Jaffe, R. Plume, N. J. Evans II, & J. Keene, "Atomic Carbon Is a Temperature Probe in Dark Clouds," Astrophys. J., 526, 295-306 (1999)
  • Y. Aso, K. Tatematsu, Y. Sekimoto, T. Nakano, T. Umemoto, K. Koyama, & S. Yamamoto, "Dense Cores and Molecular Outflows in the OMC-2/3 Region," Astrophys. J. Suppl., 131, 465-482(2000)
  • K. Tatematsu, T. Umemoto, R. Kandori, & Y. Sekimoto, "N2H+ Observations of Molecular Cloud Cores in Taurus," Astrophys. J., 606, 333-340 (2004)
  • R. Kandori, Y. Nakajima, M. Tamura, K. Tatematsu, Y. Aikawa, T. Naoi, K. Sugitani, H. Nakaya, T. Nagayama, T. Nagata, M. Kurita, D. Kato, C. Nagashima, & S. Sato, “Near Infrared Imaging Survey of Bok Globules: Density Structure,” Astron. J, 130, 2166-2184 (2005)
  • K. Tatematsu, R. Kandori, T. Umemoto, & Y. Sekimoto, "N2H+ and HC3N Observations of the Orion A Cloud," Publ. Astron. Soc. Japan, 60, 407-419 (2008)
  • 「天文の事典」(朝倉書店,2003)分担執筆者
  • K. Tatematsu, T. Hirota, R. Kandori, & T. Umemoto, “Chemical Variation in Molecular Cloud Cores in the Orion A Cloud,” Publ. Astron. Soc. Japan, 62, 1473-1482 (2010)

最近の研究業績

a) 編著書
b) 論文等
  • K. Tatematsu, R. Kandori, T. Umemoto, & Y. Sekimoto, "N2H+ and HC3N Observations of the Orion A Cloud," PASJ, submitted (2007)
  • K. Tatematsu, T. Hirota, R. Kandori, & T. Umemoto, “Chemical Variation in Molecular Cloud Cores in the Orion A Cloud,” Publ. Astron. Soc. Japan, 62, 1473-1482 (2010)
c) 新聞記事(インタビュー)
  • 「惑星系誕生の謎に迫る 究極の電波望遠鏡」 2010/12/20 神奈川新聞
  • 「惑星系の誕生追う 電波望遠鏡アルマ」 2010/09/21 毎日新聞
  • 「惑星誕生"視力6000"が追う」 2010/08/02 日本経済新聞
  • 「宇宙誕生の秘密を探る」 2010/07/18 読売新聞
  • 「アンデスの最新鋭・電波望遠鏡、化石燃料が頼り」 2010/01/18 日経エコノミー
  • 「アルマ電波望遠鏡観測成功」 2010/01/05 読売新聞朝刊
d) 雑誌(インタビュー含む、対談、その他)
  • 「ALMAの初期成果」 パリティ, 2013年1月号(2012年12月25日発売), 表紙ならびにpp. 46-47
  • 「第二の地球を探し出せ!巨大望遠鏡「アルマ」のロマン」 新潮45,2010年,2011年1月号(2010年12月18日発売),pp. 154-1614
  • 「Ken Tatematsu and ALMA The LONG VIEW」(英文)2011/09  翼の王国 Wingspan
  • 「第二の地球を探し出せ!巨大望遠鏡「アルマ」のロマン」2011/01 新潮45
  • 「ALMA,第1号アンテナ到着!」2009/12 Newton(協力:立松健一)
  • 「ALMA 12メートルパラボラアンテナ」2009/08 Newton (再掲 ニュートンムック「ハイテクの世界」2012/03)(協力:立松健一、井口聖 )

台外活動(大学教育、社会活動、アウトリーチ等)

  • 日本天文学会会計理事(1999-2002)

代表者を務めた研究・プロジェクト

  • (1)アルマ東アジア地域センター・マネージャー(2007−2008年、2012年ー現在)
    (2)国立天文台ALMA推進室長(2008年ー2012年)
    (3)国立天文台ALMA推進室チリ事務所長(2011−2012年)
    (4) ALMA日本側ソフトウエア・チーム・リーダー(2004年−2007年)
    (5) オリオン座分子雲コア・サーベイ(1990年−1993年)野辺山宇宙電波観測所45m電波望遠鏡の観測所プロジェクト(NROプロジェクト)

関連ホームページ

連絡先

  • k.tatematsu[at]nao.ac.jp
    ([at]を@に変更してください)

PageTop