総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

廣田 朋也(ひろた ともや、Hirota Tomoya)

職種

  • 助教

研究内容の紹介

  • 電波望遠鏡、電波干渉計(特に超長基線電波干渉計、VLBI)を用いた星間分子の観測により、星形成過程、銀河系動力学、星間化学の研究を進めています。具体的には、水メーザー源の高精度VLBI位置天文観測による星形成領域の距離決定、ジェットやディスクなどの原始星周辺のダイナミクスとその進化の研究、星形成領域の距離決定を通した分子雲の3次元的な構造や運動、銀河系の運動や構造の研究、様々な星間分子の電波観測による探査、星間分子の化学反応機構の解明、星間分子雲の化学組成とその進化、化学進化と力学的進化の関係に関する研究を進めています。

略歴

  • 2000年3月 東京大学大学院理学系研究科博士課程修了
    2000年4月 鹿児島大学理学部物理科学科宇宙コース助手
    2003年5月 国立天文台地球回転研究系助手
    2004年4月 国立天文台電波研究部(VERA観測所)上級研究員
    2006年4月 国立天文台電波研究部(水沢VERA観測所)上級研究員
    2007年4月 国立天文台電波研究部(水沢VERA観測所)助教

専門分野

  • 電波天文学、位置天文学、星間化学

研究のキーワード

  • 超長基線電波干渉計(VLBI)、VERA、星形成、星間分子

現在の研究課題

  • VERAによる星形成領域の距離決定と3次元的構造と運動の解明

所属学会

  • 日本天文学会、国際天文連合(IAU)

主要業績 (論文、著書)

  • Hirota, T. et al. 1998, ApJ, 503, 717-728, "Abundances of HCN and HNC in Dark Cloud Cores"
  • Hirota, T. et al. 2002, ApJ, 565, 359-363, "L1521E: A Starless Core in the Early Evolutionary Stage ?"
  • Hirota, T. et al. 2007, PASJ, 59, 897, "Distance to Orion KL Measured with VERA"
  • Hirota, T. et al. 2008, PASJ, 60, 37, "Astrometry of H2O Masers in Nearby Star-Forming Regions with VERA. II. SVS13 in NGC1333"
  • Hirota, T. et al. 2008, PASJ, 60, 961, "Astrometry of H2O Masers in Nearby Star-Forming Regions with VERA III. IRAS 22198+6336 in Lynds1204G"

最近の研究業績

a) 編著書
b) 論文等
  • Hirota, T. et al. 1995, Journal of Molecular Specrtoscopy, 174, 196-204, "Microwave Spectrum of the Linear C5D Radical”
  • Hirota, T. et al. 1998, PASJ, 1998, 50, 155-162, "Measurements of the 492 GHz Atmospheric Opacity at Pampa la Bola and Rio Frio in Northern Chile"
  • Hirota, T. et al. 1998, ApJ, 503, 717-728, "Abundances of HCN and HNC in Dark Cloud Cores"
  • Hirota, T. et al. 1999, ApJ, 1999, 520, 895-900, "Observations of HCN, HNC, and NH3 in Comet Hale-Bopp"
  • Hirota, T. et al. 2001, ApJ, 547, 814-828, "Observations of DNC and HN13C in Dark Cloud Cores"
  • Hirota, T. et al. 2002, ApJ, 565, 359-363, "L1521E: A Starless Core in the Early Evolutionary Stage ?"
  • Hirota, T. et al. 2003, ApJ, 594, 859-868, "Mapping Observations of DNC and HN13C in Dark Cloud Cores"
  • Hirota, T. et al. 2004, ApJ, 617, 399-455, "Molecular Line Observations of Carbon- ChainProducing Regions L1495B and L1521B"
  • Hirota, T. & Yamamoto, S. 2006, ApJ, 646, 258-268, "Molecular Line Observations of a Carbon-Chain-Rich Core L492"
  • Hirota, T. et al. 2007, PASJ, 59, 897, "Distance to Orion KL Measured with VERA"
  • Hirota, T. et al. 2008, PASJ, 60, 37, "Astrometry of H2O Masers in Nearby Star-Forming Regions with VERA. II. SVS13 in NGC1333"
  • Hirota, T. et al. 2008, PASJ, 60, 961, "Astrometry of H2O Masers in Nearby Star-Forming Regions with VERA III. IRAS 22198+6336 in Lynds1204G"
  • Hirota, T. et al. 2009, ApJ, 699, 585, "A Search for Carbon-Chain-rich Cores in Dark Clouds"
  • Hirota, T. et al. 2010, ApJ, 720, 1370, "Depletion of CCS in a Candidate Warm-carbon-chain-chemistry Source L483"
  • Hirota, T. et al. 2011, PASJ, 63, 1, "Astrometry of H2O Masers in Nearby Star-Forming Regions with VERA IV. L 1448 C"
  • Hirota, T. et al. 2011, ApJ, 736, 4, "Detection of Two Carbon-chain-rich Cores: CB130-3 and L673-SMM4"
  • Hirota, T. et al. 2011, ApJL, 739, L59, "Identification of Bursting Water Maser Features in Orion KL"
  • Hirota, T. et al. 2012, ApJL, 757, L1, "The First Detection of the 232 GHz Vibrationally Excited H2O Maser in Orion KL with ALMA"
  • Hirota, T. et al. 2014, ApJ, 782, L28, "A Hot Molecular Circumstellar Disk around the Massive Protostar Orion Source I"
c) 新聞記事(インタビュー)
d) 雑誌(インタビュー含む、対談、その他)

台外活動(大学教育、社会活動、アウトリーチ等)

  • 東京大学総合研究博物館「学位記展」展示(学位論文の紹介)
  • “干渉計サマースクール2005” 主催者代表(2005年8月22日から25日)
  • 総研大アジア冬の学校“Asian Radio Astronomy Winter School 2007”
  • 主催者代表(2007年1月22日から26日)
  • 日本学術振興会ひらめき☆ときめきサイエンス、”美ら星研究体験隊:「新しい電波星を発見しよう」”(2013年8月7日から9日)

代表者を務めた研究・プロジェクト

  • 科学研究費:”光赤外線望遠鏡用撮像装置の開発とVERA観測天体の長期間多波長モニター”(2001年度〜2003年度)
  • 国立天文台共同開発研究:”VERA観測天体用光赤外線望遠鏡性能評価と自動観測システムの開発”(2001年度)
  • 科学研究費:”高精度VLBI観測によるオリオン座・いっかくじゅう座分子雲複合体の立体構造の解明”(2004年度〜2005年度)
  • 科学研究費:”VERA による太陽系近傍分子雲の精密距離測定”(2008年度〜2009年度)
  • 科学研究費:”ALMA とVERA によるサブミリ波水メーザー源の高空間分解能観測”(2012 年度~2013年度)

関連ホームページ


PageTop