総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

小野寺 仁人(おのでら まさと、ONODERA Masato)

職種

  • 助教

研究内容の紹介

  •  銀河の形成と進化について、特に星形成活動がもっとも盛んだったおよそ100億年前、赤方偏移2前後に焦点をあてて研究をしています。なかでも銀河の星形成率、金属量、恒星種族の性質などに注目し、すばる望遠鏡やケック望遠鏡などの大型望遠鏡を用いて観測的に明らかにしたいと 考えています。また、最近では、ヨーロッパ南天天文台のVLTで取得した面分光観測データを通して、近傍円盤銀河をこれまでにないほど詳細に調べることで、そこで起きている物理過程や銀河の進化についても明らかにしようとしています。

略歴

  • 2016年3月-現在: 国立天文台ハワイ観測所 助教
    2010年10月-2016年2月: スイス連邦工科大学チューリッヒ校 (ETH Zurich) 博士研究員
    2008年10月-2010年9月: 原子力・代替エネルギー庁 (CEA) 博士研究員
    2006年10月-2008年9月: 韓国延世大学 BK21 フェロー
    2006年4月-2006年10月: 国立天文台天文シミュレーションプロジェクト 研究支援員
    2006年3月: 東京大学大学院理学系研究科天文学専攻博士課程修了 [博士(理学)]

専門分野

  • 銀河天文学、光赤外線天文学

研究のキーワード

  • 銀河形成・進化、銀河の化学進化、恒星種族

現在の研究課題

  • 遠方銀河の形成・進化の観測的研究
    面分光観測で探る近傍円盤銀河の研究

所属学会

  • 日本天文学会

主要業績 (論文、著書)

  • Onodera et al. 2016, The Astrophysical Journal, 822, 42, "ISM Excitation and Metallicity of Star-forming Galaxies at z ≃ 3.3 from Near-IR Spectroscopy"
  • Onodera et al. 2015, The Astrophysical Journal, 808, 161, "The Ages, Metallicities, and Element Abundance Ratios of Massive Quenched Galaxies at z ≃ 1.6"
  • Onodera et al. 2010, The Astrophysical Journal Letters, 715, L6, "A z = 1.82 Analog of Local Ultra-massive Elliptical Galaxies"
  • Onodera et al. 2010, The Astrophysical Journal, "A Wide Area Survey for High-Redshift Massive Galaxies. II. Near-Infrared Spectroscopy of BzK-Selected Massive Star-Forming Galaxies"
  • Gobat et al. 2011, Astronomy & Astrophysics, 526, 133, "A mature cluster with X-ray emission at z = 2.07"

最近の研究業績

a) 編著書
  • 「最新天文百科 宇宙・惑星・生命をつなぐサイエンス」 (翻訳) 丸善 (2010)
b) 論文等
  • Onodera et al. 2012, The Astrophysical Journal, 755, 26, "Deep Near-infrared Spectroscopy of Passively Evolving Galaxies at z > 1.4"
  • Faisst et al. 2016, The Astrophysical Journal, 822, 29, "Rest-UV Absorption Lines as Metallicity Estimator: The Metal Content of Star-forming Galaxies at z ~ 5"
  • Zanella et al. 2015, Nature, 521, 54, "An extremely young massive clump forming by gravitational collapse in a primordial galaxy"
  • Tacchella et al. 2015, Science, 348, 314, "Evidence for mature bulges and an inside-out quenching phase 3 billion years after the Big Bang"
  • Carollo et al. 2013, The Astrophysical Journal, 773, 112, "Newly Quenched Galaxies as the Cause for the Apparent Evolution in Average Size of the Population"
c) 新聞記事(インタビュー)
d) 雑誌(インタビュー含む、対談、その他)

台外活動(大学教育、社会活動、アウトリーチ等)

  • NHK高校講座地学基礎「宇宙のはじまり」

代表者を務めた研究・プロジェクト

連絡先

  • monodera[at]naoj.org
    ([at]を@に変更してください)

PageTop