総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

松本 晃治(まつもと こうじ、MATSUMOTO Koji)

職種

  • 准教授

研究内容の紹介

  • 大学院生の頃に衛星海面高度計データによる海洋潮汐モデルの開発を始め、地 球の荷重変形に関する研究や、海底圧力計データによる非潮汐性海洋質量変動 の研究など地球物理学的な研究を進めてきた。その一方で、日本の月探査ミッ ションSELENEの重力場ミッション設計に関わり、2007年の打ち上げ以降は主に 子衛星運用計画立案と月重力場モデルの構築を担当した。現在は月や惑星の内 部構造をより詳しく調べることを目標として将来ミッションの検討を行ってい る。

略歴

  • 1997年 東京大学大学院理学系研究科地球惑星物理学専攻博士課程修了
    日本学術振興会特別研究員
    2000年 国立天文台 地球回転研究系 助手
    2010年 国立天文台 RISE月探査プロジェクト 准教授
    現在、国立天文台 RISE月惑星探査検討室 准教授

専門分野

  • 惑星測地学

研究のキーワード

  • 海洋潮汐、荷重変形、人工衛星軌道決定、月重力場モデリング、月惑星内部構造

現在の研究課題

  • 月・小天体・氷衛星の内部構造モデリング
    探査機軌道決定

所属学会

  • 日本測地学会、日本惑星科学会、日本海洋学会、American Geophysical Union

主要業績 (論文、著書)

  • Matsumoto, K., R. Yamada, F. Kikuchi, S. Kamata, Y. Ishihara, T. Iwata, H. Hanada, and S. Sasaki (2015), Internal structure of the Moon inferred from Apollo seismic data and selenodetic data from GRAIL and LLR, Geophys. Res. Lett., 42, 7351-7358, doi:10.10 02/2015GL065335.
  • Matsumoto, K., S. Goossens, Y. Ishihara, Q. Liu, F. Kikuchi, T. Iwata, N. Namiki, H. Noda, H. Hanada, N. Kawano, F. G. Lemoine, and D. D. Rowlands (2010), An improved lunar gravity field model from SELENE and historical tracking data: revealing the farside gravity features, J. Geophys. Res., E06007, doi:10.1029/2009JE003499.
  • 松本晃治, S. Goossens, 石原吉明, 菊池冬彦, 劉慶会 (2009),「かぐや」衛 星追跡データによる月重力場モデルの構築, 日本測地学会誌, 55, 269-280.
  • Matsumoto, K., H. Hanada, N. Namiki, T. Iwata, S. Goossens, S. Tsuruta, N. Kawano, and D. Rowlands (2008), A simulation study for anticipated accuracy of lunar gravity field model by SELENE tracking data, Adv. Space Res, 42, 331-336, doi:10.1016/j.asr.2007.03.066.
  • Matsumoto, K., T. Sato, H. Fujimoto, Y. Tamura, M. Nishino, R. Hino, T. Higashi, and T. Kanazawa (2006), Ocean bottom pressure observation off Sanriku and comparison with ocean tide models, altimetry, and barotropic signals from ocean models, Geophys. Res. Lett., 33, L16602, doi:10.1029/2006GL026706.
  • 松本晃治 (2004), 海洋潮汐モデルNAO.99bの構築と普及, 日本測地学会誌, 50, 187-200.
  • Matsumoto, K., T. Sato, T. Takanezawa, and M. Ooe (2001), GOTIC2: A Program for Computation of Oceanic Tidal Loading Effect, J. Geod. Soc. Japan, 47, 243-248.
  • Matsumoto, K., T. Takanezawa, and M. Ooe (2000), Ocean tide models developed by assimilating TOPEX/POSEIDON altimeter data into hydrodynamical model: a global model and a regional model around Japan, Journal of Oceanography, 56, 567-581.
  • Matsumoto, K., K. Heki, and D.D. Rowlands (1999), Impact of far-side satellite tracking on gravity estimation in the SELENE project, Adv. Space Res., 23, 1809-1812.
  • Matsumoto, K., M. Ooe, T. Sato, and J. Segawa (1995): Ocean tide model obtained from TOPEX/POSE-IDON altimetry data. J. Geophys. Res., 100(C12), 25319-25330.

最近の研究業績

a) 編著書
b) 論文等
  • Matsumoto, K., S. Goossens, Y. Ishihara, Q. Liu, F. Kikuchi, T. Iwata, N. Namiki, H. Noda, H. Hanada, N. Kawano, F. G. Lemoine, and D. D. Rowlands (2010), An improved lunar gravity field model from SELENE and historical tracking data: revealing the farside gravity features, J. Geophys. Res., E06007, doi:10.1029/2009JE003499.
  • Matsumoto, K., R. Yamada, F. Kikuchi, S. Kamata, Y. Ishihara, T. Iwata, H. Hanada, and S. Sasaki (2015), Internal structure of the Moon inferred from Apollo seismic data and selenodetic data from GRAIL and LLR, Geophys. Res. Lett., 42, 7351-7358, doi:10.1002/2015GL065335.
c) 新聞記事(インタビュー)
d) 雑誌(インタビュー含む、対談、その他)

台外活動(大学教育、社会活動、アウトリーチ等)

  • 日本測地学会評議員
    会津大学非常勤講師
    公益財団法人日本宇宙少年団水沢Z分団リーダー

代表者を務めた研究・プロジェクト

  • ・科研費 若手研究(B) 長周期海洋変動に対する固体地球の荷重応答の研究(2002-2003)
    ・科研費 基盤研究(C) 逆VLBIを用いた月・惑星内部構造の研究(2010-2012)
    ・二国間交流事業(セミナー) 月・惑星測地学セミナー (2012)

関連ホームページ


PageTop