総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

末松 芳法(すえまつ よしのり、Suematsu Yoshinori)

職種

  • 准教授、太陽観測科学プロジェクト長、SOLAR-Cプロジェクト長

研究内容の紹介

  • 太陽表面特に彩層・コロナで起こるダイナミック現象の起源解明を⽬指している。太陽光球では磁場が⼩さな空間スケール(0.2秒⾓、150km程度)に集中して存在しており、この磁気プラズマの中で、頻繁にジェット現象(⾳速を超えるプラズマの流れ)が発⽣している。ジェット現象にはたまに起こる⼤きなスケールのものがあり、根元に⼤部分双極型の磁場分布が⾒られること、現象の幾何学的な構造・時間発展から、磁気再結合によるエネルギー解放がジェットを⽣み出すと最近考えられるようになっている。⼀⽅、⼩さなジェットは太陽⾯⾄る所に頻繁に観測されるが、⾒かけ上、根元は単極磁場であり、同じ説明では困難である。この現象は彩層加熱の問題とも密接に関係しており、コロナ加熱問題と同様太陽物理学においては要解決の課題である。この解明には⾼分解での連続観測が必須であり、飛翔体搭載の観測装置開発や地上大型太陽望遠鏡用の面分光装置の開発にもかかわっている。

略歴

  • 京都⼤学⼤学院博⼠後期課程、滋賀⼤学・教育学部・助⼿、国⽴天⽂台・太陽物理学研究系・助⼿、同・准教授

専門分野

  • 太陽物理学

研究のキーワード

  • 太陽彩層、⾼分解能、飛翔体観測、面分光

現在の研究課題

  • 「ひので」及び面分光偏光観測による太陽光球・彩層磁気結合現象の物理過程研究

所属学会

  • ⽇本天⽂学会、IAU、AGU

主要業績 (論文、著書)

  • Suematsu, Y., 2018, Ten-Year Results of Solar Optical Telescope (SOT) Onboard Hinode, in First Ten Years of Hinode Solar On-Orbit Observatory, Astrophysics and Space Science Library, Volume 449
  • Suematsu, Y. et al. 2008, "The Solar Optical Telescope of Solar-B: the Optical Telescope Assembly", Solar Phys., 249, 197
  • Suematsu, Y., Wang, H. and Zirin, H. 1995, "High Resolution Observations of Disk Spicules. I. Evolution and Kinematics of Spicules in the Enhanced Network", Ap.J. 450, 411-421.

  • 末松芳法、 2009年、“第7章 太陽観測の変遷”、天体観測の教科書「太陽観測(編)」、天文ガイド編、誠文堂新光社

  • 末松芳法 2003年、恒星としての太陽、天体物理学の誕生 「天文の事典」 (編者: 磯部秀三・他)、朝倉書店

  • 末松芳法 1991年、太陽分光観測 (7.3章)「宇宙を観るII」(応用編)(横尾武夫・編)、恒星社

最近の研究業績

a) 編著書
b) 論文等
  • Quintero Noda, C.; Villanueva, G. L.; Katsukawa, Y.; Solanki, S. K.; Orozco Suárez, D.; Ruiz Cobo, B.; Shimizu, T.; Oba, T.; Kubo, M.; Anan, T.; Ichimoto, K.; Suematsu, Y., 2018, "Solar polarimetry in the K I D2 line : A novel possibility for a stratospheric balloon", Astron. & Astrophys., 610, id.A79, 8 pp.

  • Suematsu, Y., Saito, K., Koyama, M., et al.: 2017, "Development of micro-mirror slicer integral field unit for space-borne solar spectrographs", CEAS Space Journal 9, 421-431

  • Quintero Noda, C.; Suematsu, Y.; Ruiz Cobo, B.; Shimizu, T.; Asensio Ramos, A., 2016, "Analysis of spatially deconvolved polar faculae", MNRAS 460, 956-965

  • Kaithakkal, A. J., Suematsu, Y., Kubo, M., Iida, Y., Shiota, D., and Tsuneta, S., 2015, "Photospheric Flow Field Related to the Evolution of the Sun's Polar Magnetic Patches Observed by Hinode SOT", Astrophys. J. 799, article id.139(13pp)

c) 新聞記事(インタビュー)
d) 雑誌(インタビュー含む、対談、その他)
  • 末松芳法、2008年、「新しい周期に入った太陽を観測してみよう!」、天文ガイド4月号、pp.12-15.

台外活動(大学教育、社会活動、アウトリーチ等)

代表者を務めた研究・プロジェクト

関連ホームページ

  • https://solarwww.mtk.nao.ac.jp/suematsu/

連絡先

  • Yoshinori.suematsu[at]nao.ac.jp
    ([at]を@に変更してください)

PageTop