Home > ALMA Jセミナー | VLBIコロキウム | 国立天文台談話会 | 国立天文台野辺山談話会 | 太陽系小天体セミナー | 理論コロキウム | 総研大コロキウム > 2014.12.15-12.21

2014.12.15-12.21

12月15日(月)13:30~15:00  太陽系小天体セミナー   南棟2階会議室
Dec 15 Mon   Solar System Minor Body Seminar   Conference Room, South Bldg.2F

12月15日(月)14:00~15:00  臨時理論コロキウム   中央棟(北)1F講義室
Dec 15 Mon   DTA Colloquium            Lecture Room

12月16日(火)15:00~16:00  国立天文台野辺山談話会   野辺山観測所本館 講義室2
Dec 16 Tue   Nobeyama NAOJ Seminar       Lecture Room2, Main building, NRO

12月17日(水)10:30~12:00  総研大コロキウム   中央棟(北)1F講義室
Dec 17 Wed   SOKENDAI colloquium         Lecture Room

12月17日(水)14:00~15:00  ALMAJセミナー     ALMA棟 1F 102
Dec 17 Wed   ALMAJ Seminar            Room 102 1F , ALMA Bldg.

12月17日(水)14:10~15:10  理論コロキウム   中央棟(北)1F講義室
Dec 17 Wed   DTA Colloquium            Lecture Room

12月19日(金)13:30~14:30  VLBIコロキウム     中央棟(南)2F VLBIセミナー室
Dec 19 Fri   VLBI Colloquium        VLBI Seminar Room, Main Bldg. (South)

12月19日(金)16:00~17:00  国立天文台談話会   大セミナー室
Dec 19 Fri   NAOJ Seminar          Large Seminar Room

詳細は以下をご覧下さい。

12月15日(月)

キャンパス
三鷹
セミナー名
太陽系小天体セミナー
臨時・定例の別
定例
日時
12月15日(月曜日)13時30分~15時
場所
南棟2階会議室
講演者
新井俊明
所属
宇宙研
タイトル
CIBER/LRSによる近赤外線波長域における黄道光の偏光分光観測
Abstract
黄道光は惑星間ダストのサイズ分布や組成など豊富な情報を含み、その観測は太陽系の成り立ちや太陽系外の惑星系円盤の理解に不可欠である。しかし、これまで近赤外波長域における黄道光の精度の高い分光観測や偏光分光観測は行われてこなかった。そこで我々は、宇宙赤外線背景放射の観測を目的とするロケット実験 CIBER (Cosmic Infrared Background Experiment)に搭載している低分散分光装置LRSを用いて、黄道光の分光観測や偏光観測を行ってきた。本講演では、CIBERの紹介や、得られた黄道光の観測結果について発表する。
連絡先
 名前:渡部潤一
備考
テレビ会議またはスカイプによる参加も可

12月15日(月)

キャンパス
三鷹 
セミナー名
臨時理論コロキウム
臨時・定例の別
 臨時
日時
 12月15日(月曜日) 14時00分 ~ 15時00分
場所
 講義室
講演者
  Josep Miquel Girart
所属
  Institute de Ciencies del’ Espai (CSIC-IEEC )
タイトル
A decade of polarization observations with the Submillimeter Array:
Magnetic fields in the earliest and last stages of stellar evolution
Abstract
The magnetic field appears to be an essential ingredient in the star formation process. The dynamical evolution of the molecular clouds, including the formation of the filamentary structures and of the dense cores is thought to be controlled by magnetic fields and interstellar MHD turbulence. During the gravitational collapse of the dense cores, the influence of magnetic fields will determine the fragmentation level and how and when protoplanetary disks are formed around these stars. The magnetic fields also appears to play an essential role in the launching mechanism of jets. Moreover, during their last stages of evolution, stars with < 8 Msun show structures and physical processes that strongly resembles those of young stellar objects: high-velocity jets, tori/disks, all surrounded by a thick circumstellar envelope, which indicate that magnetic fields also play a important at these stages. In this talk, I will review the contribution of the polarimetric SMA observations in the study of magnetic fields in these processes.
連絡先
 名前: 長谷川 靖紘

12月16日(火)

キャンパス
野辺山
セミナー名
国立天文台野辺山 談話会
臨時・定例の別
定例
日時
12月16日(火曜日) 15:00 ~16:00
場所
野辺山宇宙電波観測所 本館 講義室2
講演者
原田 ななせ 氏
所属
ASIAA
タイトル
Molecular Complexity in Galactic Centers
Abstract
Composition of different molecular species has been used to determine physical conditions of molecular gas in many of galactic star-forming regions. Recently, the early science of ALMA has shown the ability to observe molecular lines of variety of species even in extragalactic sources. In galactic centers, molecular abundances can be affected by X-rays from active galactic nuclei (AGNs), UV-photons from nuclear starbursts, cosmic rays from supernovae, or shock waves from outflows.
In this talk, I will discuss how molecular abundances of different species in an AGN-containing galaxy can be affected by different mechanisms according to the chemical models. Next, I will move onto the circumnuclear disk at the center of Milky Way within a few-parsec from the central black hole Sgr A*. By combining chemical models and line surveys taken by IRAM 30-meter telescope and APEX telescope, I will present how energetic particles such as cosmic rays in the Galactic Center can affect the chemical compositions.
連絡先
 名前:諸隈 佳菜
備考
テレビ参加可

12月17日(水)

Campus
Mitaka
Seminar Name
SOKENDAI colloquium
Regular/Irregular
Regular
Date
10:30-12:00,12/17, 2014
Place
Lecture Room
Speaker
Ayumu Matsuzawa
Affiliation
D2, SOKENDAI, Mitaka(supervisor: Satoru Iguchi)
Title
Optical Seeing Properties on the Pointing Verification for ALMA Antenna
Speaker
Kyoko Onishi
Affiliation
D1, SOKENDAI, Mitaka(supervisor: Satoru Iguchi)
Title
Black-Hole Mass Measurements Using mm-wave Interferometric Observations
Organizer
Name : Taiki Suzuki
Comment
TV conference system is available connecting from Nobeyama, Hawaii,Mizusawa, and Okayama.

12月17日(水)

Campus
Mitaka
Seminar
ALMAJ Seminar
Regular/Irregular
Regular
Date
2pm-3pm December 17
Place
Room 102 (1F) at ALMA Building
Speaker
Koichiro Sugiyama
Affiliation
Center for Astronomy, Ibaraki University
Title
Observational Strategy to Reveal Spatial and Velocity Structures at 0.1-1000 au Scales around High-mass Protostars
Abstract
I will show an observational strategy to reveal spatial and velocity structures at 0.1-1000 au scales around high-mass protostars, especially for an accretion structure from a disk toward a central protostar. In the last decade, interferometric observations at sub-millimeter and infrared wavelengths have demonstrated the existence of a rotating disk around forming high-mass protostars. Accretion processes from the disk and the evolution of the disks, however, remain largely unknown. The methanol maser at 6.7 GHz is expected to trace the rotating disk on the basis of spatial morphology and line of sight velocity structures distributed at 100-1000 au scales, and can be a powerful tool to reveal 3-dimensional (3-D) kinematics on the disk around forming high-mass protostars using VLBI technique. In fact, rotating proper motions were demonstrated in some methanol sources, one of which was detected with infalling components. We have initiated a VLBI monitor project of 36 target methanol maser sources at 6.7 GHz by using the JVN and EAVN since August 2010, to systematically reveal 3-D kinematics on rotating disks at 100-1000 au scales. I will present an initial results of detections of 3-D kinematics in some sources, which show rotating and expanding motions possibly on the disks. The 6.7 GHz methanol maser has shown another characteristics in flux variations, “periodic”. The periodic variations have been detected in thirteen of the methanol maser sources so far, in which the observed period ranges between 30 and 668 days. We note one of various mechanism causing periodic variations, “the stellar pulsation of high-mass protostars”. This model predicts that the period-luminosity (P-L) relation can be described with the power law. It is predicted that the P-L relation indicates the correlation among the periodicity, the luminosity, and the accretion rate during the pulsational instability phase. If the relation can be verified by observations, we can estimate the accretion rate onto the surface of the protostar at 0.1 au scale as well as its mass and radius solely from the periodicity of the pulsation. The estimation for these physical parameters is quite difficult even using ALMA. The 6.7 GHz methanol masers with periodic flux variations are the suitable targets to observationally verify the P-L relation. To increase the number of sources, we have initiated daily monitoring observations by using Hitachi 32-m radio telescope since December 2012. I will present an initial results of new detections of the periodic flux variation sources with the periods of 55-210 days, and the latest P-L relation updated with newly detected sources. Finally, I will also talk about future plans to reveal spatial and velocity structures of the disk at 10-100 au scales around high-mass protostars by using ALMA, and accretion rate structures in the radial directions on the basis of synergy among VLBI, single-dish monitor, and ALMA observations.

Facilitator
-Name:Kazuya Saigo

12月17日(水)

キャンパス
三鷹 
セミナー名
理論コロキウム
臨時・定例の別
 定例
日時
 12月17日(水曜日) 14時10分 ~ 15時10分
場所
 講義室
講演者
  生駒 大洋
所属
東京大学大学院理学研究 科地球惑星科学専攻
タイトル
惑星形成: 短周期低密度スーパーアースの謎
Abstract
近年の宇宙望遠鏡による 系外惑星サーベイによって、 軌道周期が数100日以下では、太陽系には存在しない「スーパーアース」 という天体が無数に存在することが明らかになった。特に、地球型惑星 に比べてバルク密度の低いスーパーアース(低密度スーパーアース)の 発見は、惑星形成過程の理解にとって重要である。本講演では、低密度 スーパーアースの起源に関する我々のアイデアを紹介し、今後の検討課 題を整理する。また、観測的検証に関する我々の試みについても紹介する。
連絡先
 名前: 長谷川 靖紘

12月19日(金)

キャンパス
三鷹
セミナー名
VLBIコロキウム
臨時・定例の別
臨時
日時
 12月19日(金曜日)13:30 ~ 14:30
場所
 中央棟(南)2階VLBIセミナー室
講演者
 出口 真輔
所属
 熊本大学大学院 自然科学研究科 理学専攻 博士3年
タイトル
広帯域偏波観測による宇宙磁場探査
Abstract
Square Kilometer Array (SKA) やその中継機による将来の広帯域偏波観測がもたらす技術にファラデートモグラフィーがある。この方法により偏波スペクトルからファラデー分散関数 (Faraday dispersion function, FDF) と呼ばれる視線方向の磁場・偏波源分布を表す関数が得られる。これまで宇宙磁場研究に主に用いられているファラデー回転法では視線方向に積分された磁場の情報が得られていたのに対し、FDFはその分布を表しており、将来の電波望遠鏡を用いたトモグラフィーにより宇宙磁場研究は劇的に進展することが期待される。
本講演ではまずトモグラフィー技術の説明を行い、続いてトモグラフィーによる銀河間磁場の検出可能性、トモグラフィーを用いた銀河三次元構造の理解の可能性について紹介する。また、具体的に偏波スペクトルからFDFを得る方法についても紹介する。特に、FDFのモデルを仮定し、観測量である偏波スペクトルとフィッティングすることでモデルパラメーターを推定するQUフィッティングに注目し、フィッティングのアルゴリズムとしてMCMCを用いた研究について現在の進捗を報告する。
連絡先
 名前:酒井 大裕
備考
テレビ参加可

12月19日(金)

キャンパス
三鷹
セミナー名
国立天文台談話会
臨時・定例の別
定例
日時
12月19日(金) 16:00-17:00
場所
大セミナー室
講演者
高橋慶太郎
所属
熊本大学
タイトル
「Square Kilometre Arrayで探る宇宙再電離と初代天体」
Abstract
宇宙は晴れ上がりの後、中性水素がただようだけの暗黒時代を迎えるが初代天体ができ始めるとその放射によって宇宙は再びイオン化される。これが宇宙再電離であり、現在の宇宙論・天体物理のフロンティアの1つである。初代天体形成や宇宙再電離は観測的に研究することが非常に困難であるが次世代低周波電波望遠鏡Square Kilometre Arrayによって中性水素からの21cm線が観測できるようになり、この分野の研究は飛躍的に進展するものと期待される。本講演では初代天体や宇宙再電離の基本事項と最近の研究の進展を解説し、Square Kilometre Arrayについても紹介する。
連絡先
名前:松田 有一

以上

Home > ALMA Jセミナー | VLBIコロキウム | 国立天文台談話会 | 国立天文台野辺山談話会 | 太陽系小天体セミナー | 理論コロキウム | 総研大コロキウム > 2014.12.15-12.21

Return to page top