総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

関井 隆(せきい たかし、SEKII Takashi)

職種

  • 准教授

研究内容の紹介

  • 太陽における振動・波動現象から内部構造を探る「日震学」を主な研究テーマにしている。太陽の音波モードの固有振動数スペクトルの逆問題による内部構造探査、太陽の微分回転が固有振動数に影響を及ぼすrotational splittingの逆問題解析による内部回転探査の他、局所的な波の伝播を解析することで、表面付近の磁場や流れを探る局所的日震学について理論的・観測的な研究を行なっている。現在は太陽観測衛星「ひので」の日震学データの解析にも着手。脈動星を対象に、原理的には同じ手法を展開する「星震学」にも興味を持っている。

略歴

  • 1990年に東京大学大学院理学系研究科天文学専攻を終了。理学博士。ケンブリッジ大学天文学研究所研究員を経て、2000年より現職(太陽天体プラズマ研究部/ひので科学プロジェクト准教授)。

専門分野

  • 日震学・星震学

研究のキーワード

  • 太陽・恒星の内部構造・振動理論、インバース理論

現在の研究課題

  • 日震学、とくに局所的日震学

所属学会

  • 日本天文学会

主要業績 (論文、著書)

最近の研究業績

a) 編著書
b) 論文等
c) 新聞記事(インタビュー)
d) 雑誌(インタビュー含む、対談、その他)

台外活動(大学教育、社会活動、アウトリーチ等)

  • 2006年から東京大学教養学部で「宇宙科学Ⅱ」を担当。2007年から学術会議・COSPAR小委員会委員。雑誌「パリティ」編集委員。

代表者を務めた研究・プロジェクト

関連ホームページ

連絡先

  • sekii[at]solar.mtk.nao.ac.jp
    ([at]を@に変更してください)

PageTop