総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

兒玉 忠恭(こだま ただゆき、KODAMA Tadayuki)

職種

  • 准教授

研究内容の紹介

  • すばる望遠鏡などによって取得した遠方銀河の色指標やスペクトルの情報を、星の進化に基づいて構築した銀河スペクトル進化モデルを使って解析し、銀河を構成する星の種族を探り、銀河内における星形成の歴史を明らかにする。この手法を様々な時代の様々な環境下にある銀河に適用し、銀河が織り成す宇宙大規模構造の時間発展とともに、その中で銀河がどのように形成され進化されてきたのかを明らかにする。特に、宇宙誕生後10億年から90億年の間の銀河・銀河団にとっての激動期を、理論と観測の両面から調べている。またすばる次期装置、SPICA、ALMAといった日本の光赤外線天文学の将来計画に向けて、科学的な見地から銀河・銀河団分野の検討を行なっている。

略歴

  • 1997年東京大学大学院理学系研究科(天文学専攻)博士課程修了。日本学術振興会海外特別研究員(英ケンブリッジ大学)、同PD特別研究員(英ダーラム大学、東京大学)を経て、2001年東京大学大学院理学研究科助手。国立天文台理論研究部上級研究員を経て、2005年より国立天文台光赤外研究部助教授。2001年大和エイドリアン賞。2002年日本天文学会研究奨励賞。

専門分野

  • 銀河天文学。光赤外線天文学。

研究のキーワード

  • 銀河形成。銀河進化。銀河種族構造。銀河団。

現在の研究課題

  • すばる望遠鏡を用いた遠方銀河団の形成と進化の研究。
    遠方宇宙における銀河の星形成史と質量集積史の研究。

所属学会

  • 日本天文学会

主要業績 (論文、著書)

  • Kodama, T., Arimoto, N., 1997, Astronomy and Astrophysics, Vol. 320, p. 41,‘Origin of Colour-Magnitude Relation of Elliptical Galaxies’
  • Kodama, T., et al., 1998, Astronomy and Astrophysics, Vol. 334, p. 99,‘Evolution of the colour-magnitude relation of early-type galaxies in distant clusters’
  • Kodama, T., Bower, R. G., 2001, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Vol. 321, p. 18,‘Reconstructing the History of Star Formation in Rich Cluster Cores’
  • Kodama, T., et al., 2001, The Astrophysical Journal Letters, Vol. 562, p.L9,‘The Transformation of Galaxies within the Large Scale Structures around a z=0.41 Cluster’
  • Kodama, T. et al., 2004, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Vol. 350, p. 1005,‘Down-Sizing in Galaxy Formation at z~1 in the Subaru/XMM-Newton Deep Survey (SXDS)’
  • Kodama, T., et al., 2005, Publication of Astronomical Society of Japan, Vol. 57, p. 309,‘Panoramic Views of Galaxy Assemblies Explored by Subaru Wide-Field Imaging’
  • Kodama, T., et al., 2007, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, in press,‘The First Appearance of the Red-Sequence of Galaxies in Proto Clusters at 2<~z<~3’

最近の研究業績

a) 編著書
  • 「シリーズ現代の天文学第4巻、銀河Ⅰ−銀河と銀河団」、日本評論社、の一部執筆
b) 論文等
  • Kodama, T., et al., 2007, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, in press,‘The First Appearance of the Red-Sequence of Galaxies in Proto Clusters at 2<~z<~3’
  • Tanaka, M., Kodama, T., Arimoto, N., Tanaka, I., 2006, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Vol. 365, p. 1392, ‘Spectroscopically confirmed large-scale structures associated to a z= 0.83 cluster’
  • Tanaka, M., Kodama, T., et al., 2005, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Vol. 362, p. 268,‘The build-up of the colour-magnitude relation as a function of environment’
  • Kodama, T., et al., 2005, Publication of Astronomical Society of Japan, Vol. 57, p. 309,‘Panoramic Views of Galaxy Assemblies Explored by Subaru Wide-Field Imaging’
  • Nakata, F., Kodama, T., et al., 2005, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Vol. 357, p. 1357,‘Discovery of a large-scale clumpy structure around the Lynx supercluster at z~ 1.27’
c) 新聞記事(インタビュー)
  • 読売新聞(2004年6月2日
  • 共同通信(2004年6月24日)
d) 雑誌(インタビュー含む、対談、その他)
  • 日本天文学会天文月報, 1999年, Vol. 91, No. 5, p. 220, 「色-等級関係から探る銀河団銀河の形成と進化」 (EUREKA)
  • 日本天文学会天文月報, 2000年, Vol. 93, No. 2, p. 102, 「海外研究室事情: 英国ダーラム大学物理学教室」
  • 東京大学大学院理学系研究科広報, 2001年, Vol. 33, p. 11, 「すばる望遠鏡による遠方銀河宇宙へのいざない」
  • 日本天文学会天文月報, 2003年, Vol. 96, No. 2, p. 69, 「銀河宇宙の進化を俯瞰する--銀河銀河団の星形成とアセンブリー--」 (SKYLIGHT)
  • すばる望遠鏡Web発表、2003年, 「鎖状(チェーン)銀河団:70億年前の巨大銀河団形成の現場」
  • 国立天文台ニュース, 2004年, 3月号, p. 3,研究トピックス「鎖状(チェーン)銀河団:70億年前の巨大銀河団形成の現場」
  • ISASニュース, 2006年, 5月号, p. 9, 「宇宙の巨大な蛸、エイベル851銀河団」
  • 国立天文台ニュース, 2006年, 12月号, p. 3, 「すばる観測実習引率記」

台外活動(大学教育、社会活動、アウトリーチ等)

  • 朝日カルチャーセンター(2004年、2005年)、駿台天文講座(2004年)、三鷹ネットワーク大学(2004年)、科学技術館ライブショー「ユニバース」(2006年)、三鷹市立第七小学校6年生授業(2005年)、日本科学未来館すばるゲーム(2006年)。

代表者を務めた研究・プロジェクト

  • ○ 科学研究費補助金, 特別研究員奨励費(DC1), 平成6〜8年度,「測光分光学的銀河進化モデルを用いた銀河の形成と進化過程の研究」
    ○ 科学研究費補助金, 特別研究員奨励費(PD), 平成11〜13年度,「すばる望遠鏡を用いた遠方銀河団観測から明かす銀河団銀河の形成期と初期進化」
    ○ 科学研究費補助金, 若手研究(B), 平成15〜17年度,「広視野観測によって明かす宇宙の階層的構造形成史と星形成史」
    ○ 科学研究費補助金, 若手研究(A), 平成18〜20年度,「すばる望遠鏡による近赤外線狭帯域撮像で探る遠方宇宙の銀河形成史」
    ○ すばる共同利用プロジェクト「Panoramic Imaging and Spectroscopy of Cluster Evolution with Subaru」

関連ホームページ

連絡先

  • t.kodama[at]nao.ac.jp
    ([at]を@に変更してください)

PageTop