総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

梶野 敏貴(かじの としたか、KAJINO TOSHITAKA)

職種

  • 准教授

研究内容の紹介

  • 宇宙はどのようにして誕生し,進化し,豊かな構造を持つに至ったのだろうか.時空と物質の誕生および進化過程を,根底にある物理素過程の理解から組み上げて解明することを目指す.素粒子的宇宙論の立場から,初期宇宙の時空のゆらぎや暗黒エネルギー・暗黒物質の起源の解明を試みる.原子核物理学の立場から超新星・ガンマ線バースト・中性子星連星系合体等の高エネルギー天体現象における元素合成過程を研究し,銀河の化学・動力学進化にどのような影響を及ぼすかを研究する.また,素粒子ニュートリノや原子核が宇宙進化あるいはアミノ酸や生命の誕生にどのように関わるかを,理論的に研究する.これらの理論研究の予測を観測・実験で実証するために,国立天文台・東京大学・理化学研究所をはじめとする国内外の天文,素粒子・原子核・宇宙,隕石分野の研究者と連携して学際共同研究を推進している.

略歴

1975年4月-1979年3月東京大学理科I類物理学科
1979年4月-1984年3月東京大学大学院理学系研究科修士・博士課程
1984年3月東京大学大学院 理学博士(理論物理学)
1984年4月-1993年8月東京都立大学(現首都大学)理学部・助手
1993年9月-現在国立天文台理論天文学研究系・准教授
1994年4月-現在東京大学大学院理学系研究科天文学専攻・併任准教授
1995年4月-現在総合研究大学院大学物理科学研究科・併任准教授
   この間
1986年-1987年、1990年ミシガン州立大学NSCL・客員研究員
1987年、1992年カリフオルニア大学LLNL・研究顧問官
1987年、1989年、1992年 オーストラリア国立大学高等研究所・客員教授
1989年ハーバード大学スミソニアン研究所・客員教授
1992年シドニー大学宇宙物理学研究所・客員教授
1995年パリ第七(M&Pキューリー)大学素粒子研究所・客員教授
1996年、2001年ノートルダム大学物理天文学教室・客員教授
1996年、1998年オハイオ州立大学物理天文学教室・客員教授
2004年アメリカ物理学会フェロー賞

専門分野

  • 宇宙核物理学理論、宇宙論

研究のキーワード

  • 宇宙論、元素、ニュートリノ、銀河化学進化

現在の研究課題

  • 元素の起源、ニュートリノ天文、宇宙論、銀河化学動力学進化、アミノ酸の起源

所属学会

  • 日本天文学会、日本物理学会、アメリカ物理学会、国際天文学連合

主要業績 (論文、著書)

最近の研究業績

a) 編著書
  • Miyatake, T. Kajino, S. Jeong, K.-I. Nomoto, & N. Imai, Eds., Proceedings of International Symposium on "Origin of Matter and Evolution of Galaxies ’13", (American Journal of Physics, AIP, 2014).
b) 論文等
  • T. Kajino, A. Tokuhisa, G. J. Mathews, T. Yoshida, and M. A. Famiano, Astrophys. J. 782 (2014), 70, Ultra High-Energy Neutrinos via Heavy-Meson Synchrotron Emission in Strong Magnetic Fields.
  • T. Kajino, G. J. Mathews , and T. Hayakawa, J. Phys. G41 (2014), 044007,(Journal of Physics G誌レビュー論文) Neutrinos in Core-Collapse Supernovae and Nucleosynthesis.
  • T. Maruyama, J. Hidaka, T. Kajino, N. Yasutake, T. Kuroda, M.-K. Cheoun, C.-Y. Ryu, and G. J. Mathews, Phys. Rev. D89 (2014), 035801, Rapid Spin Deceleration of Magnetized Proto-Neutron Stars with Asymmetric Neutrino Emission.
  • Motohiko Kusakabe, A. B. Balantekin, T. Kajino, and Y. Pehlivan, Phys. Lett. B718 (2013), 704-708, Solution to Big-Bang Nucleosynthesis in Hybrid Axion Dark Matter Model.
  • M. Kusakabe, A. B. Balantekin, T. Kajino, and Y. Pehlivan, Phys. Rev. D87 (2013), 085045, Big-Bang Nucleosynthesis Limit on the Neutral Fermion Decays into Neutrinos.
  • M. K. Cheoun, K. Choi, K. S. Kim, K. Saito, T. Kajino, K. Tsushima, and T. Maruyama, Phys. Rev. C87 (2013), 065502, Effects of density-dependent weak form factors on the neutrino reaction for the nucleon in nuclear medium and 12C.
  • M. K. Cheoun, K. Choi, K. S. Kim, K. Saito, T. Kajino, K. Tsushima, and T. Maruyama, Phys. Lett. B723 (2013), 464-469, Asymmetry in the neutrino and anti-neutrino reactions in a nuclear medium on a proton in nuclear medium and in nucleus.
  • T. Suzuki, and T. Kajino, J. Phys. G40 (2013), 083101,(2013年英国物理学会誌ハイライト論文) Element Synthesis in Supernova Environment and Neutrino Oscillations.
  • Ko Nakamura, Toshitaka Kajino, Grant J. Mathews, Susumu Sato and Seiji Harikae, Int. J. Mod. Phys. E22 (2013), 1330022, R-process nucleosynthesis in the MHD + neutrino-pair heated collapsar jet.
  • Kusakabe, K. S. Kim, M. K. Cheoun, T. Kajino, and Y. Kino, Phys. Rev. D88 (2013), 063514 & ibid., 089904 (Erratum), 7Be charge exchange between 7Be3+ ion and exotic long-lived negatively charged massive particles in big bang nucleosynthesis.
  • M.-K. Cheoun, C. Deliduman, C. Gungor, V. Keles, C.-Y. Ryu, T. Kajino, and G. J. Mathews, JCAP 10 (2013), 021, Neutron stars in a perturbative f(R) gravity model with strong magnetic fields.
  • T. Hayakawa, K. Nakamura, T. Kajino, S. Chiba, N. Iwamoto, M. K. Cheoun, and G. J. Mathews, Astrophys. J. Lett. 779 (2013), L9,(2013年11月文科省本省での記者発表) Supernova neutrino nucleosynthesis of radioactive 92Nb and the timescale for solar system formation.
  • W. Aoki, T. Suda, R. N. Boyd, T. Kajin and M. A. Famiano, Astrophys. J. Lett. 766 (2013), L13, New Insights into the Astrophysical r-Process.
  • J. H. Adams et al. with T. Kajino (JEM EUSO Collaboration), Astropart. Phys. 44 (2013), 76-90, An evaluation of the exposure in nadir observation of the JEM-EUSO mission.
  • J. J. He, S. Z. Chen, S. W. Xu, J. Hu, X. W. Ma, L. Y. Zhang, S. Q. Hou, X. Q. Yu1, N. T. Zhang, Y. H. Zhang, X. H. Zhou, H. S. Xu, G. Q. Xiao, W. L. Zhan, C. Rolfs, M. Wiescher, R.J. deBoer, T. Kajino, and M. Kusakabe Phys. Lett. B725 (2013), 287-291, A surprise in the of 6Li(p,)7Be reaction at low energies.
c) 新聞記事(インタビュー)
  • 科学論文 Astrophys. J. Lett. 779 (2013), L9, T. Hayakawa, K. Nakamura, T. Kajino, S. Chiba, N. Iwamoto, M. K. Cheoun, and G. J. Mathews, “Supernova neutrino nucleosynthesis of radioactive 92Nb and the timescale for solar system formation”について:
    2013年11月26日:日本経済新聞(朝刊)、Science & Technology フラッシュニュースで「太陽系に材料、ニュートリノが運ぶ」と紹介。
    2013年12月16日:朝日新聞(朝刊)、科学欄21ページ「超新星爆発で元素生成」と紹介。
    2013年11月23日:マイナビニュース(http:/ /news.mynavi.jp/news/2013/11/23/038/), Yahooニュース等で「宇宙核時計ニオブ92の起源は超新星爆発ニュートリノであることが解明」と報道。
  • 青森大学・青森明の星短期大学主催講演会について:
    2013年5月27日:東奥日報社(朝刊)、「青森大学・青森明の星短期大学主催・第一回学びの森市民セミナーにて、梶野敏貴氏、宇宙のはじまりと生命の誕生を講演」と紹介。
d) 雑誌(インタビュー含む、対談、その他)
  • 2012年8月13日:アエラ「いったい宇宙とは何であるのか」(朝日新聞出版社、8月13日号)で「ビッグバンの証拠発見」および「真理解明こそ人の知恵」(梶野敏貴)についての解説を掲載。

台外活動(大学教育、社会活動、アウトリーチ等)

  • 大学教育
    2014年度:東京大学大学院理学系研究科、総合研究大学院大学数物科学、北海道大学大学院理学系研究科の大学院講義担当。明治大学理工学部、学習院大学、日本女子大学、実践女子大学の学部講義担当。

    国際学会活動
    2014年:英国物理学会(Journal of Physics G)評議員、米国物理学会国際アソシエート、欧州科学財団(ESF EuroGENESIS)評議員、カナダ科学技術財団(NSERC)国際評価委員、欧州核物理学関連領域理論センター(ECT*)アソシエート、スイス科学財団(SNF)国際評価委員。Journal of Physics GおよびThe Open Nuclear & Particle Physics Journal編集委員。

    国際会議組織委員
    2014年6月、Int. Conf. Advances in Rad. Isotope Science (ARIS), Hongo(組織委員)
    2014年7月、5th Carpathian School on Nuclear Astrophysics, Romania(国際諮問委員)
    2014年9月、Int. Nuba Conf. on Nuclear Physics and Astrophysics, Turkey(組織委員)
    2014年9月、ECT* WS on Neutron-Star Mergers, SNe and R-Process, Italy (組織委員)
    2014年10月、4th Joint APS-JPS Meeting, WS on Nucl. Astrophys., Hawaii(組織委員)
    2015年6月、12th Int. Conf. on Nucleus-Nucleus Collisions, Catania(国際諮問委員)
    2015年6月、5th Int. Conf. onNeutrino and Dark Matter, Finland(国際諮問委員)

代表者を務めた研究・プロジェクト

  • 2015年度まで、文部科学省科学研究費・新学術領域研究「ニュートリノフロンティアの融合と進化」(代表、中家剛)計画理論研究C02「超新星元素合成とニュートリノ振動」研究代表。

関連ホームページ


PageTop