総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

亀谷 收(かめや おさむ、KAMEYA, Osamu)

職種

  • 助教

研究内容の紹介

  •  国立天文台水沢観測センターに設置された10mアンテナを立ち上げ、バーストを起こした水メーザー源の強度と偏波度の関係を研究している。
     またVERA計画推進に深く関わり、VERA推進グループやRISE推進グループと共に、VERA計画の目標決定、アンテナシステム・受信機システム等の検討、観測局設置場所選定、基準電波源のサーベイ、観測局単一鏡性能出し、相対VLBI試験観測等を行なってきた。最近は、中距離星形成領域のVERAによる観測の一翼として、W3OHやCepA・NGC7538の水メーザーのVERAによる相対VLBI観測を行っている。 
     一方、VERAによる将来の銀河系構造解明の前段階として、野辺山45m望遠鏡を用いて、出口らと銀河系中心やバルジ方向の一酸化珪素メーザーのサーベイを行い、銀河系中心方向の速度構造、検出率の周期との関連等に関する新しい結果を出しつつある。

略歴

  • 東北大学大学院理学研究科天文学専攻博士課程後期3年の課程修了(理学博士取得)。東京天文台野辺山宇宙電波観測所研究員、日本学術振興会特別研究員等を経て国立天文台水沢観測センター助手に採用。国立天文台VERA観測所主任研究員、国立天文台水沢VERA観測所主任研究員を経て、現在、助教。総合研究大学院大学数物科学研究科天文科学専攻助教(併任)。

専門分野

  • 電波天文学、VLBI天文学、星生成等の観測研究

研究のキーワード

  • 電波天文学、VERA、星生成

現在の研究課題

  • 国立天文台が建設したVERAを使い、銀河系内星生成領域や晩期型星に付随するメーザー源の詳細構造・運動・位置を研究。また、大質量星を中心とする星生成過程の研究も行っている。

所属学会

  • 日本天文学会、国際天文学連合、日本測地学会

主要業績 (論文、著書)

  • Kameya, O., Hasegawa, T.I., Hirano, N., Takakubo, K., and Seki, M., High-Velocity Flows in the NGC 7538 Molecular Cloud, The Astrophysical Journal, 339, 222-230, 1989.
  • Kameya, O., Morita, K.I., Kawabe, R., and Ishiguro, M., New H2O Masers in the NGC 7538 Region, The Astrophysical Journal, 355, 562-567, 1990.
  • Horiuchi, S. and Kameya, O., Highly polarized emission from the bursting water maser in Orion-KL, Publ. Astron. Soc. Japan, 52, 545-550, 2000.

最近の研究業績

a) 編著書
  • "VLBI TECHNOLOGY - Progress and Future Observational Possibilities -", T. Sasao, S. Manabe, O. Kameya, and M. Inoue, eds., (TERRAPUB)1994.
b) 論文等
  • Kameya, O, Kurayama T., Suda H., and VERA member, H2O maser observation of W3OH using VERA, Proceedings of the 7th European VLBI Network Symposium-New Developments in VLBI Science and Technology, (held at Hotel Beatriz, Toledo, Spain, October 12-15, 2004). R. Bachiller, F. Colomer, J.F. Desmurs, and P. de Vicente, Eds., pp.195-197, 2004.
c) 新聞記事(インタビュー)
d) 雑誌(インタビュー含む、対談、その他)
  • 国立天文台ニュース2006年9月号 [NO.158]  「2006年第1回水沢VERA観測所観望会」報告
  • 国立天文台ニュース2006年10月号 [NO.159]  「MIZUSAWA星まつりII」報告
  • 国立天文台ニュース2006年11月号 [NO.160]  「第4回VERAユーザーズミーティング」報告
  • 国立天文台ニュース2007年1月号 [NO.162]  「2006年第2回水沢VERA観測所観望会」報告
  • 国立天文台ニュース2007年3月号 [NO.164]  「イーハトーブ宇宙展」報告

台外活動(大学教育、社会活動、アウトリーチ等)

  • 東北大学教養部非常勤講師(1994.4〜1995.3)
    日本天文学会東北支部理事(1991.4以降4年間)
    水沢市(当時)まちづくり市民スタッフ(1995)
    日本宇宙少年団リーダー(1994以降)
    水沢VLBI観測所広報委員会委員長(2005.4以降)、
    電波天文周波数小委員会委員(2006.4以降副委員長)

代表者を務めた研究・プロジェクト

  • 科研費(H14〜H15)基盤研究(C) 「相対VLBIを用いた銀河系ペルセウス腕領域の立体像研究」

関連ホームページ


PageTop