総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

今西 昌俊(いまにし まさとし、Imanishi Masatoshi)

職種

  • 助教

研究内容の紹介

  • 合体赤外線銀河中に埋もれた活動銀河中心核(AGN;活動的な超巨大ブラックホール)の探査、宇宙に存在する銀河中でのAGNと星生成の結び付き・共進化の研究を、様々な観測施設(すばる望遠鏡、あかり赤外線天文衛星、米国スピッツアー赤外線天文衛星、野辺山ミリ波干渉計、ASTEサブミリ波望遠鏡、XMM X線天文衛星など)を用いて、多波長で実施している。すばる望遠鏡Hyper Suprime Cam(HSC)を用いた、高赤方偏移AGN(7以上を含む)の探査、研究も計画している。

略歴

  • 理学博士(京都大学理学部物理学第二教室)
    国立天文台 助教

専門分野

  • 銀河天文学

研究のキーワード

  • 活動銀河中心核、合体赤外線銀河、多波長(赤外線/ミリ波/X線)観測

現在の研究課題

  • 合体赤外線銀河、活動銀河中心核(AGN)の多波長観測的研究

所属学会

  • 日本天文学会、米国天文学会

主要業績 (論文、著書)

  • Imanishi et al. 2006, ApJ, 637, 114 “Infrared 3-4 micron spectroscopic investigations of a large sample of nearby ultraluminous infrared galaxies”
  • Imanishi et al. 2007, AJ, 134, 2366, “Millimeter interferometric HCN(1-0) and HCO+(1-0) observations of luminous infrared galaxies”
  • Imanishi et al. 2007, ApJS, 171, 72 “A Spitzer IRS low-resolution spectroscopic search for buried AGNs in nearby ultraluminous infrared galaxies : A constraint on geometry between energy sources and dust”
  • Imanishi et al. 2010, ApJ, 721, 1233 “AKARI IRC infrared 2.5-5 micron spectroscopy of a large sample of luminous infrared galaxies“
  • Imanishi et al. 2011, AJ, 141, 156, "Subaru and Gemini High Spatial Resolution Infrared 18 micron Imaging Observations of Nearby Luminous Infrared Galaxies"
  • 天文月報 2005年 第98巻 第6号 399ページ “超高光度赤外線銀河のエネルギー源”
  • 天文月報 2008年 第101巻 第4号 202ページ “野辺山ミリ波干渉計で探る、赤外線銀河中に埋もれた活動的な超巨大ブラックホール”
  • 天文月報 2010年 第103巻 第1号 20ページ “「あかり」赤外線天文衛星で探る塵に埋もれた活動的な超巨大ブラックホール”

最近の研究業績

a) 編著書
  • 天文月報 2008年 第101巻 第4号 202ページ “野辺山ミリ波干渉計で探る、赤外線銀河中に埋もれた活動的な超巨大ブラックホール”
  • 天文月報 2010年 第103巻 第1号 20ページ “「あかり」赤外線天文衛星で探る塵に埋もれた活動的な超巨大ブラックホール”
b) 論文等
  • Imanishi et al. 2011, PASJ, 63, S447 "Infrared 3-4 micron Spectroscopy of Nearby PG QSOs and AGN-Nuclear Starburst Connections in High-luminosity AGN Populations"
  • Imanishi et al. 2011, AJ, 141, 156 "Subaru and Gemini High Spatial Resolution Infrared 18 micron Imaging Observations of Nearby Luminous Infrared Galaxies"
  • Imanishi et al. 2013, AJ, 146, 47 "High-density Molecular Gas Properties of the Starburst Galaxy NGC 1614 Revealed with ALMA"
  • Imanishi et al. 2013, AJ, 146, 91 "ALMA Detection of the Vibrationally Excited HCN J = 4-3 Emission Line in the AGN-hosting Luminous Infrared Galaxy IRAS 20551-4250"
  • Imanishi et al. 2014, ApJ, 780, 106 "Subaru Adaptive-optics High-spatial-resolution Infrared K- and L'-band Imaging Search for Deeply Buried Dual AGNs in Merging Galaxies"
c) 新聞記事(インタビュー)
d) 雑誌(インタビュー含む、対談、その他)
ニュートン 2010年3月号 『赤外線が見せるかくされた宇宙』

台外活動(大学教育、社会活動、アウトリーチ等)

  • 天文学会年会実行委員(—2010年)
    総研大大学院生を指導(2014年度D2)

代表者を務めた研究・プロジェクト

  • 『超高光度赤外線銀河中に埋もれた活動銀河核の探査―ダストに隠された銀河形成の解明―』 科研費2004-2006年
  • 『多波長観測による、塵に埋もれた活動的な超巨大ブラックホールの進化の研究』 科研費2007-2009年
  • 『すばる広視野サーベイ時代に向けての、宇宙最遠方クエーサーの選別法の確立』 科研費2010年-2011年
  • 『塵に埋もれた活動的な超巨大ブラックホールと銀河のダウンサイジングの起源』 科研費 2011-2014年

関連ホームページ


PageTop