総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

本間 希樹(ほんま まれき、Mareki Honma)

職種

  • 准教授

研究内容の紹介

  • 超高分解能電波観測による銀河系天文学。特に国立天文台のVERAを用いた銀河系の動力学構造研究と、国際サブミリ波観測による銀河系中心超巨大ブラックホールの研究

略歴

  • 東京大学理学系研究科博士課程修了
    学術振興会特別研究員、国立天文台COE研究員、国立天文台助手を経て、現在国立天文台水沢VLBI観測所准教授

専門分野

  • 銀河系天文学、位置天文学、ブラックホール観測

研究のキーワード

  • 銀河系、位置天文学、VERA、ダークマター、超巨大ブラックホール

現在の研究課題

  • VERAを用いた高精度位置天文観測による銀河系構造の観測的研究、および、サブミリ波帯のVLBI観測による超巨大ブラックホールの観測的研究

所属学会

  • 日本天文学会、日本物理学会、国際天文学連合

主要業績 (論文、著書)

  • Honma et al.(2012), "Fundamental Parameters of the Milky Way Galaxy Based on VLBI astrometry", PASJ, 64, 136
  • Honma et al.(2011), "Astrometry of the Star-Forming Region IRAS 05137+3919 in the Far Outer Galaxy", PASJ, 63, 17
  • Honma et al. (2008), "Tropospheric Delay Calibrations for VERA", 2008, PASJ 60, 951
  • Honma et al. (2008), "Dual-Beam Delay Calibration for VERA", 2008, PASJ 60,935
  • Honma et al. (2007), “Astrometry of Galactic Star Forming Region Sharpless 269 with VERA”, 2007, PASJ 59, 889
  • Honma et al. (2005), “Multi-Epoch VERA Observations of OH43.8-0.1”, 2005, PASJ 57, 595
  • Honma et al. (2005), “The VERA Project”, Baltic Astronomy, 14, 455
  • Honma et al. (2004), “VERA Observation of the W49N H2O Maser Outburst in 2003 October”, PASJ 56, L15
  • Honma et al. (2003), “First Fringe Detection with VERA's Dual-Beam System and Its Phase-Referencing Capability”, PASJ 55, L57
  • Honma & Kurayama (2002), “Astrometric Microlensing of Distant Sources Caused by Stars in the Galaxy”, ApJ 568, 717
  • Honma (2001), “Detecting Galactic MACHOs with VERA through Astrometric Microlensing of Distant Radio Sources”, PASJ 53, 233
  • Honma et al. (2000), “J-Net Galactic-Plane Survey of VLBI Radio Sources for VLBI Exploration of Radio Astrometry (VERA)”, PASJ 52, 631
  • Honma (1999), “MACHO Mass Determination Based on Space Telescope Observation”, ApJ, 517, L35
  • Honma (1999), “The Mass-to-Light Ratio of Binary Galaxies”, ApJ 516, 693
  • Honma (1999), “The Caustic Crossing Microlensing Event by Binary MACHOS and the Timescale Bias”, ApJ 511, L29
  • Honma & Kan-ya (1998), “Declining Rotation Curve and Brown Dwarf MACHOs”, ApJ 503, L139
  • Honma & Sofue (1997), “Rotation Curve of the Galaxy”, PASJ 49, 453
  • Honma & Sofue (1996), “Mass of the Galaxy Inferred from Outer Rotation Curve”, PASJ 48, L103

最近の研究業績

a) 編著書
b) 論文等
c) 新聞記事(インタビュー)
d) 雑誌(インタビュー含む、対談、その他)

台外活動(大学教育、社会活動、アウトリーチ等)

  • 東北大学理学部非常勤講師(2007年度〜)
    東京大学大学院非常勤講師(2008年度)
    東京大学教養学部非常勤講師(2010年度〜)
    ●一般向け講演会(最近3年間)
    カフェシアンティフィーク東京 講師(2007年8月31日)
    総研大公開講演会(2008年5月31日)
    朝日カルチャースクール横浜 講演(2008年7月19日)
    駿台学園天文講座(2009年8月15日)
    朝日カルチャースクール新宿 講演(2009年9月12日)

代表者を務めた研究・プロジェクト

  • 国際会議「Mapping the Galaxy and Nearby Galaxies」(2006年6月26日〜30日)実行委員会委員長
    科研費
     奨励研究A(2001年〜2002年)、若手研究B(2004年〜2006年)、基盤研究A(2009年〜2011年)、基盤研究C(2012年~14年)、新学術領域計画研究(2013年~17年)
    稲盛財団 研究助成金(2003年)
    東レ科学財団 研究助成金(2010年〜2011年)

関連ホームページ

連絡先

  • mareki.honma[at]nao.ac.jp
    ([at]を@に変更してください)

PageTop