総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

富阪 幸治(とみさか こうじ、Tomisaka, Kohji)

職種

  • 教授

研究内容の紹介

  • 星間物質の進化と構造、星間雲から星への進化過程など、様々なスケールの天体が非線形過程で形成されるプロセスの研究を、流体力学・磁気流体力学のコンピュータ・シミュレーションを駆使して行っている。その過程で必要となる多重格子法など高解像度数値磁気流体力学計算法の開発についても興味を持っている。近年は、ALMA等の最新の観測機器で天体現象がどう観測されるかを輻射輸送シミュレーションにより予想する「観測的可視化」に取り組んでいる。

略歴

  • 北海道大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程(1979年4月〜1984年3月)、日本学術振興会奨励研究員(1984年4月〜1985年3月)、日本 学術振興会特別研究員(1986年4月〜1988年3月)、新潟大学教育学部助手、助教授(1988年4月〜1999年12月)をへて、2000年1月より国立天文台理論研究部教授

専門分野

  • 理論天文学、シミュレーション天文学

研究のキーワード

  • シミュレーション、星形成、自己重力系、星間物質、超新星残骸

現在の研究課題

  • 星形成過程の磁気流体力学シミュレーションおよび観測的可視化

所属学会

  • 日本天文学会、王立天文学会(英国)、国際天文学連合(IAU)

主要業績 (論文、著書)

  • Collapse of Rotating Magnetized Molecular Cloud Core and Mass Outflows 2002, Aug., Astrophysical Journal 575, 306-326, by K.Tomisaka.
  • The Evolution of the Angular Momentum Distribution during Star Formation 2000, Jan., Astrophysical Journal (Letters) 528 L41-L44, by K.Tomisaka.
  • Collapse-Driven Outflow in Star-Forming Molecular Cores, 1998, Aug., Astrophysical Journal (Letters) 502, L163-L167, by K. Tomisaka.
  • Starburst Nucleus: Galactic-Scale Bipolar Flow, 1988, July the Astrophysical Journal 330, 695-717, by K. Tomisaka and S. Ikeuchi.
  • 「Numerical Astrophysics」(Kluwer Academic Publishers, ISBN: 0792355660)、共編(1999年)

最近の研究業績

a)編著書
  • 「シリーズ 現代の天文学」14巻「シミュレーション天文学」(日本評論社, ISBN978-4535607347)、共編(2007年)
  • 「シリーズ 現代の天文学」6巻「星間物質と星形成」(日本評論社, ISBN978-4-535-60726-2)、第5章分担(2008年)
  • 「シリーズ 現代の天文学」別巻 天文学事典(日本評論社, ISBN978-4-535-60738-5)、共編(2012年)
b)論文等
  • Polarization Structure of Filamentary Clouds, 2015, Astrophysical J. in press, K. Tomisaka
  • Structure and Stability of Filamentary Clouds Supported by Lateral Magnetic Field, 2015, Astrophysical J., 801, 11 (11pp) by T. Hanawa, and K. Tomisaka
  • Structure and Mass of Filamentary Isothermal Cloud Threaded by Lateral Magnetic Field, 2014, Astrophysical Journal, 785, 24(12pp) K. Tomisaka
  • Radiation Magnetohydrodynamic Simulations of Protostellar Collapse: Protostellar Core Formation, 2013, Astrophysical Journal, 763, 6 (29pp), K. Tomida, K. Tomisaka, T. Matsumoto, et al.
  • Exploring Magnetic Field Structure in Star-Forming Cores with Polarization of Thermal Dust Emission, 2012, Astrophysical Journal 761, 40 (21pp), A. Kataoka, M. N. Machida, and K. Tomisaka
  • Observational Identification of First Cores: Non-LTE Radiative Transfer Simulation, 2011, Publ. Astron. Soc. Japan 63, 1151-1164, by K. Tomisaka, and K. Tomida
  • Spectrum Energy Distribution and Submillimeter Image of a Rotating First Core, 2011, Astrophysical Journal 728, 78(10pp), by K. Saigo, and K. Tomisaka
  • Origin of Molecular Outflow Determined from Dust Thermal Polarization, 2011, Publ. Astron. Soc. Japan 63, 147-158, K. Tomisaka
  • Radiation Magnetohydrodynamics Simulation of Proto-Stellar Collapse: Two-Component Molecular Outflow, 2010, Astrophysical Journal 714, L58-L63, K. Tomidaら
c) 新聞記事(インタビュー)
d) 雑誌(インタビュー含む、対談、その他)

台外活動(大学教育、社会活動、アウトリーチ等)

代表者を務めた研究・プロジェクト

  • 科研費基盤研究(C)「偏波と輻射輸送に基づく星形成過程の研究:星間磁場の解明」を研究代表者として遂行中(2015-2017年)
  • 科研費基盤研究(A)「輻射輸送シミュレーションが解き明かすALMA時代の天文学」(2009-2012年)。

関連ホームページ

連絡先

  • tomisaka[at]th.nao.ac.jp
    ([at]を@に変更してください)

PageTop