総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

松尾 宏(まつお ひろし、Matsuo Hiroshi)

職種

  • 准教授

研究内容の紹介

  • サブミリ波から遠赤外線領域(テラヘルツ領域)における広帯域観測システムの開発的研究および観測的研究を進める。検出器の開発としては、超伝導トンネル接合を用いたSISフォトン検出器を開発し、世界初の超伝導サブミリ波カメラ(SISCAM-9)による天体観測システムを実現した。現在、SISフォトン検出器の開発は理化学研究所との共同研究として進めており、テラヘルツ応用分野での実用化も期待される。
    一方、東北大学の服部研究室と協力してボロメータなどの広帯域検出器を用いることのできる干渉技術の開発を進めている。広帯域の2次元アレイと組み合わせて使うことも可能な干渉計であり、野辺山宇宙電波観測所に設置した小型の干渉計システムで天体観測を開始した。将来、宇宙空間からのテラヘルツ帯干渉計を実現するための技術として注目されている。
    観測的研究としては、「あかり」およびASTE搭載観測装置などを用いて銀河および銀河団などの研究を進めている。

略歴

  • 1984年 名古屋大学理学部卒業
    1989年 名古屋大学大学院理学研究科修了、理学博士
    1989年 国立天文台・野辺山宇宙電波観測所 研究員
    1992年 通信総合研究所 科学技術特別研究員
    1993年 国立天文台・野辺山宇宙電波観測所 助手
    1999年 国立天文台・天文機器開発実験センター 助教授
    2007年 国立天文台・先端技術センター 准教授

専門分野

  • 電波天文学、テラヘルツ技術開発

研究のキーワード

  • テラヘルツ、サブミリ波、遠赤外線、、超伝導直接検出器、SISフォトン検出器、マルチフーリエ天体干渉計、銀河、銀河団

現在の研究課題

  • テラヘルツ技術の開発、テラヘルツ帯における観測的研究

所属学会

  • 日本天文学会、応用物理学会、日本赤外線学会、国際天文学連合(IAU)、米国電気電子学会(IEEE)

主要業績 (論文、著書)

  • “The Submillimeter Spectrum of the Cosmic Background Radiation”
    T. Matsumoto, S. Hayakawa, H. Matsuo, H. Murakami, S. Sato, A.E. Lange, and P.L. Richards, 1988, Astrophys. J., 329, 567.
  • “Near-Millimeter Flares of 3C273 and 3C279”
    H. Matsuo, T. Matsumoto, H. Murakami, M. Inoue, R. Kawabe, N. Ukita, and M. Tanaka, 1989, PASJ, 41, 865.
  • “Seven Matched Bolometers for Millimeter Wave Observations”
    N. Kuno, H. Matsuo, Y. Mizumoto, A.E. Lange, J.W. Beeman, and E.E. Haller, 1993, Int. J. of Infrered and Millimeter-Waves, 14, pp.749-762.
  • “Submillimeter-Wave Telescope onboard a Sounding Rocket”
    H. Matsuo, J. Inatani, N. Kuno, K. Miyazawa, K, Okumura, T. Kasuga, H. Murakami, 1994, Proc. SPIE 2268 “Infrared Spaceborne Remote sensing II” pp.130-139.
  • 「高感度ボロメータの開発と天文観測への応用」
    松尾 宏, 1996, 固体物理 4月号, pp.63-73.
  • “FTS Measurements of Submillimeter-Wave Atmospheric Opacity at Pampa la Bola”
    H. Matsuo, A. Sakamoto, S. Matsushita, 1998, PASJ, 50, 359-366.
  • 「アレイカメラによる電波計測技術」
    松尾 宏, 砂田和良, 2000, 計測と制御 第39巻 第6号, pp.389-394.
  • “Substructures Revealed by the Sunyaev-Zel’dovich Effect at 150 GHz in the High Resolution Map of RX J1347-1145”
    E. Komatsu, H. Matsuo, T. Kitayama, M. Hattori, R. Kawabe, K. Kohno, N. Kuno, S. Schindler, Y. Suto, K. Yoshikawa, 2001, PASJ 53, 57-62.
  • “Development of Submillimeter-wave Camera for Atacama Submillimeter Telescope Experiment”
    H. Matsuo, S. Ariyoshi, H. Akahori, M. Takeda, T. Noguchi, 2001, IEEE Trans. Applied Supercond. 11, 688-691.

最近の研究業績

a) 編著書
b) 論文等
  • “Future prospects of superconducting direct detectors in terahertz frequency range”
    Matsuo, H., 2006, Nucl. Instr. and Meth. A, 748-750.
  • “Cryogenic Readout Integrated Circuits for Submillimeter-wave Camera”
    Nagata, H., Kobayashi, J., Matsuo, H., Akiba, M., Fujiwara, M., 2006, Nucl. Instr. and Meth. A, 823-825.
  • “Development of multi-Fourier transform interferometer: fundamentals”
    Ohta, I.S., Hattori, M., Matsuo, H., 2006, Applied Optics 45, 2576-2585.
  • “Terahertz imaging with a direct detector based on superconducting tunnel junctions”
    Ariyoshi, S., Otani, C., Dobroiu, A., Sato, H., Kawase, K., Shimizu, H.M., Taino, T., Matsuo, H., 2006, Appl. Phys. Lett. 88, 203503.
  • “Superconducting Detector Array for Terahertz Imaging Applications”
    S. Ariyoshi, C. Otani, A. Dobroiu, H. Matsuo, H. Sato, T. Taino, K. Kawase, H. M. Shimizu, 2006, Japanese Journal of Applied Physics 45, pp. L1004?L1006
  • “Development of multi-Fourier transform interferometer: imaging experiment: imaging experiments in millimeter and submillimeter waveband”
    Ohta, I.S., Hattori, M., Matsuo, H., 2007, Applied Optics in press.
  • 「超伝導体を利用するテラヘルツ検出器」(招待論文)
    松尾宏, 2006, 日本赤外線学会誌 15巻, pp.59-63
  • “Performance of SIS photon detectors for superconductive imaging submillimeter-wave camera (SISCAM)”
    Matsuo, H., Nagata, H., Mori, Y., Kobayashi, J., Okaniwa, T., Yamakura, T., Otani, C., Ariyoshi, S., 2006, SPIE 6275, 627504.
  • “Astronomical mm and sub-mm observations with the Multi-Fourier Transform interferometer in 2005 and 2006”
    Ohta, I.S., Hattori, M., Takahashi, J., Chinone, Y., Luo, Y., Matsuo, H., 2006, SPIE 6275, 627520.
  • “Development of superconductive imaging submillimeter-wave camera with nine detector elements (SISCAM-9)”
    Mori, Y., Okaniwa, T., Nakahashi, M., Ariyoshi, S., Otani, C., Sato, H., Matsuo, H., 2006, SPIE 6275, 627523.
  • “Progress on GaAs cryogenic readout circuits for SISCAM”
    Nagata, H., Kobayashi, J., Matsuo, H., Fujiwara, M., 2006, SPIE 6275, 627527.
  • “Submillimeter-wave Camera using SIS Photon Detectors (Invited Keynote)”
    Matsuo, H., Mori, Y., Ezawa, H., Ariyoshi, S., Otani, C., 2006, IRMMW-THz 2006, p.28.
c) 新聞記事(インタビュー)
d) 雑誌(インタビュー含む、対談、その他)

台外活動(大学教育、社会活動、アウトリーチ等)

  • 山梨大学教育人間科学部 非常勤講師 平成12−16年度
    東邦大学大学院理学研究科 客員教授 平成15年度−現在

代表者を務めた研究・プロジェクト

  • 7素子ボロメータアレイNOBA(Nobeyama Bolometer Array)の開発
    サブミリ波ロケット実験(S-520-17号機)
    45m鏡によるミリ波連続波観測
    チリ・アタカマ高原のサブミリ波大気透過スペクトルの測定
    サブミリ波帯SISフォトン検出器の開発
    テラヘルツカメラ用極低温電子回路の開発

関連ホームページ

連絡先

  • h.matsuo[at]nao.ac.jp
    ([at]を@に変更してください)

PageTop