総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

花田 英夫(はなだ ひでお、Hanada, Hideo)

職種

  • 准教授

研究内容の紹介

  • 月惑星の起源と進化を解明するために、月惑星の内部構造を調べることが研究目標です。それを調べる手段としては、月惑星の重力場、潮汐、回転変動等の測地学的手法を主とし、観測手法を開発するとともに、観測装置の開発を行っています。最近では、RISE月探査プロジェクトの中で、セレーネ(かぐや)計画の衛星搭載VLBI用電波源ミッションを担当し、月の重力場、内部構造の研究と、そのための衛星搭載機器の開発を行ってきました。その次は、月の回転変動の観測のためのレーザ測距やVLBI観測の装置の開発を行い、その先は、さらに高精度の観測として、月・惑星表面での望遠鏡観測を目指しています。

略歴

  • 東京大学理学系研究科地球物理専門課程博士過程中退
    緯度観測所文部技官(研究職)
    国立天文台・地球回転研究系・助手
    国立天文台・地球回転研究系・助教授
    現在、国立天文台・RISE月探査プロジェクト・准教授

専門分野

  • 惑星測地学

研究のキーワード

  • 重力場、回転変動、月・惑星、内部構造、計測機器

現在の研究課題

  • 月惑星の重力場、回転変動の高精度観測システムの開発
    月面望遠鏡の開発
    月・惑星の重力場・回転変動と内部構造に関する研究

所属学会

  • 日本測地学会、日本地震学会、日本惑星科学会、日本天文学会、応用物理学会、アメリカ地球物理連合(AGU)

主要業績 (論文、著書)

  • Hanada, H., Iwata, T., Liu, Q., Kikuchi, F., Matsumoto, K., Goossens, S., Harada, Y., Asari, K., Ishikawa, T., Ishihara, Y., Noda, H., Tsuruta, S., Petrova, N., Kawano, N., Sasaki, S., Sato, K., Namiki, N., Kono, Y., Iwadate, K., Kameya, O., Shibata, K.M., Tamura, Y., Kamata, S., Yahagi, Y., Masui, W., Tanaka, K., Maejima, H., Hong, X., Ping, J., Shi, X., Huang, Q., Aili, Y., Ellingsen, S. and Schl"uter, W., Overview of differential VLBI observations of lunar orbiters in SELENE(Kaguya) for precise orbit determination and lunar gravity field study, Space Sci. Rev., (in press)
  • 花田英夫, 岩田隆浩, 菊池冬彦, 劉 慶会, 松本晃治, 浅利一善, 石川利昭, 石原吉明, 野田寛大, 鶴田誠逸, Petrova, N., Goossens, S., 原田雄司, 佐々木晶, 並木則行, 河野裕介, 岩館健三郎, 亀谷 收, 寺家孝明, 柴田克典, 田村良明, 矢作行弘, 増井 亘, 田中孝治, 前島弘則, Hong, X., Ping, J., Aili, Y., Ellingsen, S., Schluter, W., 月の重力場推定のための「かぐや」(SELENE)の2つの子衛星「おきな」と「おうな」の相対VLBI観測, 測地学会誌, 55, 203-222, 2009.
  • Hanada, H., Iwata, T., Namiki, N., Kawano, N., Asari, K., Ishikawa, T., Kikuchi, F., Liu, Q., Matsumoto, K., Noda, H., Tsuruta, S., Goossens, S., Iwadate, K., Kameya, O., Tamura, Y., Hong, X., Ping, J., Aili, Y., Ellingsen, S., Schlueter, W., VLBI for better gravimetry for SELENE, Adv. Space. Res., 42, 341-346, 2008.
  • Hanada, H., Heki, H., Araki, H., Matumoto, K., Noda, H., Kawano, N., Tsubokawa, T., Tsuruta, S., Tazawa, S., Asari, K., Kono, Y., Yano, T., Gouda, N., Iwata, T., Yokoyama, T., Kanamori, H., Funazaki, K., Miyazaki, T., Application of PZT telescope to Insitu Lunar Orientation Measurement (ILOM), International Association of Geodesy Symposia, 128, 163-168, 2004.
  • Hanada, H., Kawano, N., Ooe, M., Heki, K., Araki, H. and Tsubokawa, T., Development ofobservation system in radio interferometry for Selenodesy (RISE), International Associationof Geodesy Symposia, 117, 507-514, 1997.
  • Hanada, H., Tsubokawa, T. and Tsuruta, S., A possible large systematic error source in absolute gravimetry, Metrologia, 33, 155-160, 1996.
  • Hanada, H., Development of an absolute gravimeter with a rotating vacuum pipe and study ofgravity variation, Publ. Nat. Astr. Obs. Japan, 4, 75-134, 1996
  • Hanada, H., Tsubokawa, T. and Tsuruta, S., Gravity changes observed at the Esashi Gravity Station with the absolute gravimeter with a rotating vacuum pipe, Bull. Geod., 69, 12-20, 1995.
  • Hanada, H., Ooe, M., Kawaguchi, N., Kawano, N., Kuji, S., Sasao, T., Tsuruta, S., Fujishita, M. and Morimoto, M., Study of the lunar core by VLBI observations of artificial radio sources on the Moon, J. Geomag. Geoelectr., 45, 1405-1414, 1993.
  • Hanada, H., Characteristics of a Fabry-Perot interferometer with two retro-reflectors and two beam splitter, J. Opt Soc. Am., 9, 2167-2172, 1992.
  • Hanada, H., Deformation of the viscoelastic earth due to the secular change in the earth's axis of rotation, Geophys. J., 95, 315-321, 1988

最近の研究業績

a) 編著書
b) 論文等
  • Hanada, H., Iwata, T., Liu, Q., Kikuchi, F., Matsumoto, K., Goossens, S., Harada, Y., Asari, K., Ishikawa, T., Ishihara, Y., Noda, H., Tsuruta, S., Petrova, N., Kawano, N., Sasaki, S., Sato, K., Namiki, N., Kono, Y., Iwadate, K., Kameya, O., Shibata, K.M., Tamura, Y., Kamata, S., Yahagi, Y., Masui, W., Tanaka, K., Maejima, H., Hong, X., Ping, J., Shi, X., Huang, Q., Aili, Y., Ellingsen, S. and Schl"uter, W., Overview of differential VLBI observations of lunar orbiters in SELENE(Kaguya) for precise orbit determination and lunar gravity field study, Space Sci. Rev., (in press)
c) 新聞記事(インタビュー)
d) 雑誌(インタビュー含む、対談、その他)

台外活動(大学教育、社会活動、アウトリーチ等)

  • 日本測地学会評議員
  • 会津大学非常勤講師
  • JAXA共同研究員

代表者を務めた研究・プロジェクト

  • 天文台研究推進「月面天測望遠鏡による月の回転変動の観測研究」(2001〜2002)
  • 科学研究費「衛星間ドプラーによる3次元軌道決定方法の開発」(2004〜2006)
  • 科学研究費「月の自転軸のゆらぎを通して中心核の物性をしらべるための望遠鏡の開発」(2010-2012)
  • 日ロ共同研究「日本の月探査機SELENEとILOMによる月の自転進化と内部構造、重力異常の研究」(2007-2008)
  • 日ロ共同研究「かぐやとILOMによる月の自転と軌道進化、内部構造、裏側の重力地形異常の研究」(2009-2010)

関連ホームページ

連絡先

  • hideo.hanada[at]nao.ac.jp
    ([at]を@に変更してください)

PageTop