総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 専攻案内:
  3. 天文科学専攻教員一覧
  4. 教員紹介

伊王野 大介(いおの だいすけ、Daisuke Iono)

職種

  • 准教授

研究内容の紹介

  • 銀河は一生のうちに何度も衝突や合体を繰り返し、大小様々な銀河を取り込みながら成長していくと考えられています。シミュレーションによると、衝突の影響で銀河内のガスが部分的に寄り集まり、濃いガスのかたまりが生まれます。そのような場所では新しい星団が誕生することが予想されています。また、銀河の中心に存在するブラックホールに大量のガスが吸い込まれ、それが活動銀河核(AGN)へと進化していく場合もあります。私たちの研究グループでは、衝突合体銀河をALMA望遠鏡などの電波望遠鏡を使って観測し、衝突によって誘発される星形成やAGNの様子を調べ、銀河進化の謎に迫っています。その他にも、遠方宇宙に存在するサブミリ波銀河(星形成率>1000 Msun/yr)を、分子ガスやダスト連続波の観点から研究しています。

略歴

  • University of Arizona (Bachelor of Science)
    University of Massachusetts (Doctor of Philosophy)
    Harvard-Smithsonian Center for Astrophysics (SMA Fellow)
    国立天文台ALMA推進室 研究員
    東京大学理学系研究科附属天文学教育研究センター 研究員
    大学共同利用法人自然科学研究機構国立天文台 助教
    現在、大学共同利用法人自然科学研究機構国立天文台 准教授

専門分野

  • 電波天文学、銀河天文学

研究のキーワード

  • 衝突銀河、サブミリ波銀河のミリ波サブミリ波観測

現在の研究課題

  • 衝突銀河、サブミリ波銀河のミリ波サブミリ波観測

所属学会

  • 日本天文学会、国際天文連合(IAU)

主要業績 (論文、著書)

最近の研究業績

台外活動(大学教育、社会活動、アウトリーチ等)

  • 山梨大学非常勤講師

代表者を務めた研究・プロジェクト

  • 野辺山45m遠方銀河観測レガシープロジェクト

関連ホームページ

連絡先

  • d.iono[at]nao.ac.jp
    ([at]を@に変更してください)

PageTop