総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 教育:
  3. 今年度の授業科目
  4. 講義詳細

2017年度コロキウム / Collocuium

担当者:中村 文隆(共通基礎天文学系、理論研究部)、矢野 太平(光赤外線天文学系、JASMINE検討室)
Lecturer: F.Nakamura, T.Yano

講義の位置づけ / Method

演習
Exercise

聴講指定等/ Kinds of Registration

〔必修〕、〔5年共通〕
[mandatory]

科目の概要 / Content of subject

最新の天文科学の研究成果、天文研究の進め方、検証方法、発表方法、議論方法に関する研究(コロキウム:第1~5年次)
Colloquium on contemporary astronomy. Graduate students present and discuss progress of their own research and/or of their fields.( 1st through 5th year )

教育目標・目的 / Leaning Goals

実践形式のプレゼンテーションを行う経験を通じて、自分の研究の方向性を見直すとともに、プレゼンテーション手法や質疑応答などのスキルを向上させること。
Blush up presentation and discussion skills

履修上の注意 / Notes

担当者以外の者は聴講者の間で活発な議論が行われるように積極的に質問を行うこと。発表の資料は必ず英語で用意すること。なお、3年生以上は、英語でのプレゼンテーションが強く望まれる。
講演資料は必ず、前日の正午までに準備し、全員に送ること。期日を守ることも評価に反映させる予定である。
また、出張等で欠席・遅刻する場合には前日までに担当教員宛に必ず連絡を入れること。連絡がない場合には、無断欠席とみなす。
A presentation file that is supposed to use at the presentation should be sent to participants by noon on previous day.
The students who are absent from the lectures should let the instructors know in advance (at least by previous day).

授業計画 / Schedule

前期・後期/水曜日/1時限目(10:30~12:00)
毎週一回開講する
1st/2nd Semester every Wednseday (10:30~12:00)

教科書、参考書等 / Reference Books etc.

特になし
none.

成績評価の方法と基準 / Evaluation and Grading Policy

担当者は次の点を評価(50%)、プレゼンテーション原稿の完成度・プレゼンテーションの内容・質疑応答の仕方。
担当者以外は次の点を評価、質疑応答の仕方(20%)・出席点(30%)・なお、既定の出席回数(講義時にアナウンス予定)に満たない場合は、単位は認めない。
50% presentation, 20% discussion, 30% frequency of attendance


PageTop