総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 教育:
  3. 今年度の授業科目
  4. 講義詳細

光学赤外線望遠鏡概論 / Introduction to Optical / Infrared Telescope

担当者:大屋 真(光赤外天文学系、TMT推進室 )
Lecturer: S. Oya

講義の位置づけ / Method

講義
Lectures

聴講指定等/ Kinds of Registration

〔選択〕、〔5年共通〕、単位互換〔総研大研究科共通、東京大学〕
an elective subject, Student exchange agreement applicable

科目の概要 / Description

光学・赤外線望遠鏡の原理、設計と製作、制御技術、測光観測、分光観測などの基礎を講述する。
A principle of optical and infrared telescopes is presented as well as the basics of observation such as spectroscopy and photometry.

教育目標・目的 / Leaning Goals

特に今後重要度が増すであろう次世代の望遠鏡技術も紹介し、 加えて光が関係した技術や現象に関しても触れつつ、これらを通して
・光学赤外線望遠鏡の成り立ちを理解することができる。
・望遠鏡と観測装置のインターフェースが理解できるようになる。
・望遠鏡を使った観測計画が立案できるようになる。
・今後の望遠鏡に関わる技術の進展を展望することができる。
・光に関わる技術や現象を知ることができる。
This course is constructed to understand:
- the basics of the optical- and infrared-telescopes
- the interface between the telescopes and observing instruments
- how to plan observations using telescopes
- perspective of the technical development for the next-generation telescopes
- general optical technologies and phenomena
Especially, the technical aspect of the next-generation telescopes
are also introduce as subjects through the lecture.

履修上の注意 / Notes

特に無し。
No special remark.

授業計画 / Schedule

前期/木曜日/3時限目(15:00~16:30)
1st Semester/Thursday/3rd Period(15:00~16:30)
開講日: 4/6 / Schedule: Apr 6

第 1回
イントロダクション
Introduction
第 2回
望遠鏡の歴史
History of telescopes
第 3回
幾何光学
Geometrical Optics
第 4回
屈折式望遠鏡
Refracting telescopes
第 5回
反射式望遠鏡
Reflecting telescopes
第 6回
望遠鏡架台と座標
Telescope mounts and coordinate system
第 7回
波面光学
Wave Optics
第 8回
大気ゆらぎと補償光学
Atmospheric turbulence and adaptive optics
第 9回
望遠鏡と観測装置
Observing instrumetns on telescopes
第10回
望遠鏡を用いた観測
Observation with telescopes
第11回
すばると世界の望遠鏡
Subaru and other telescopes over the world
第12回
TMTと次世代大型望遠鏡
TMT and the next-generation extremely-large-telescope
第13回
光計測・光応用技術
Optical sensing and applications
第14回
自然の中の光学現象
Optical phenomena in the nature
第15回
まとめと補足
Summary and appendix

教科書、参考書等 / Reference Books etc.

特に定めない。
No particular text is used.

成績評価 / Evaluation and Grading Policy

授業中に出す課題40%、最終レポート60%
Home works in the lecture 40%, Final report 60%


PageTop