総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 教育:
  3. 今年度の授業科目
  4. 講義詳細

観測天文学概論Ⅱ/ Introduction to Observational AstronomyⅡ

担当者:小久保 英一郎(共通基礎天文学系・天文シュミレーションプロジェクト)
Lecturer: E. Kokubo

講義の位置づけ / Method

eラーニング
e-Learning ( in Japanese only )

聴講指定等/ Kinds of Registration

〔選択〕〔5年共通〕
elective subject

科目の概要 / Description

太陽系の天体(惑星・衛星・小天体)の起源と進化について講述する。とくに、重力や回転運動計測など内部構造を求める手法について議論する。(E-Leeaning)
Structure, origin and evolution of solar system bodies sush as planets and satellites. (in Japanese)

教育目標・目的 / Leaning Goals

太陽系の惑星や小天体、太陽系外の惑星や天体の姿を理解する。(太陽系の概観、星と惑星系の形成、惑星形成、彗星・カイパーベルト天体、小惑星、月の起源、月の内部構造、火星、太陽系外惑星)
To understand the nature of planets and small bodies in the solar system and extrasolar planets.

履修上の注意 / Notes

天文学、惑星科学に対する知識が少ない学生でも意欲があれば受講可能である。
Any students can take this course if they are interested in this subject.

授業計画 / Schedule

担当教員:小久保 英一郎、吉川 真、渡邊 鉄哉、佐々木 晶(大阪大学大学院理学研究科宇宙科学専攻 教授)、田村 元秀(東京大学大学院理学系研究科天文学専攻 教授) 授業計画:e-ラーニングにより開講するため、講義順は選べるが、なるべく指定されている順番に聴講すること。とくに「太陽系概観」は最初に受講すること。
Lecturer: Eiichiro Kokubo, Makoto Yoshikawa, Tetsuya Watanabe, Sho Sasaki, Motohide Tamura

教科書、参考書等 / Reference Books etc.

特になし
None.

成績評価の方法と基準 / Evaluation and Grading Policy

講義中に出題された課題について、レポートを提出すること。
Students are supposed to turn in reports on the subjects given in class at the end of the school year.


PageTop