総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 教育:
  3. 今年度の授業科目
  4. 講義詳細

天文科学実習IB / Observation Experimet IB

電波天文観測実習
Experiment of observation at obsevatory

担当者:花田 英夫(電波天文学系、水沢VLBI観測所)
H.Hanada

講義の位置づけ / Method

実習
Exercise

聴講指定等/ Kinds of Registration

〔選択〕、〔前期1年向け、または編入に限り後期1年向け〕
an elective subject ( 1st semester for 1st grade or 2nd semester for 1st grade of transfer students)

科目の概要 / Content of subject

天体観測、計算機、観測装置、アウトリーチなどの実習
Experiment of observation at observatory (VLBI in Mizusawa )

教育目標・目的 / Leaning Goals

国立天文台水沢VLBI観測所において、電波天文観測に必要な基本計測器及び基礎知識を学習し、実習を通して理解を深める。電波望遠鏡を操作して基本性能の確認試験、天体観測を行い、取得したデータの解析を行う。
This course is aiming at obtaining the basis of a radio astronomy observation throug actual work on telescope calibration and operation.

履修上の注意 / Notes

履修条件:5年一貫制博士課程1年生(M1)または3年次編入生(D1)のみ履修可。
在学中1回のみ履修可。特別な理由がある場合にはM2もしくはD2、D3での履修も認める。
事前に電波天文学に関する基礎的な教科書を通読することが望まれる。
その他:水沢観測所の宿泊施設に滞在する。
Pre-requisites: an elective subject (1st semester for 1st grade or 2nd semester for 1st grade of transfer students)
The students stay at a lodge in the Mizusawa obseravbatory.

授業計画 / Schedule

受講説明会〈三鷹〉/Guidance〈NAOJ Lecture Room〉
6月23日(金)(暫定)
June 23rd. (to be determined)

観測実習〈水沢VLBI観測所〉/ Experiment〈Mizusawa VLBI Observatory〉
開講日: 7月31日(月)~8月4日(金)(暫定)
Jul. 31st ~ Aug. 4th (to be determined)
(1日目)
実習の現地ガイダンス
電波望遠鏡とVLBIの原理(講義)
電波位置天文学について(講義)
Guidance, lectures on radio astronomy and radio telescope
(2日目)
電波計測による人工衛星の軌道決定(講義)
電波天文観測と基本計測器の基礎(講義)
基本計測器の概要(講義)
Lectures on space technology, radio astrometry, basic instruments, receiver noise temperature and evaluation of performance of radio telescopes
(3日目)
受信機雑音温度の計測(講義)
受信機雑音温度の計測(実習)
電波望遠鏡の性能評価(講義)
アンモニアの観測(講義)
Lecture on observation of ammonia, and practices on receiver noise temperature and evaluation of performance of radio telescopes
(4日目)
アンモニアの観測(実習)
Practice on observation of ammonia
(5日目)
電波望遠鏡の性能評価観測(実習)
Practices on basic instruments and measurement of light velocity

教科書、参考書等 / Reference Books etc.

シリーズ現代の天文学第16巻 宇宙の観測II -電波天文学(日本評論社)
Radio Astronomy, J. D. Kraus

成績評価の方法と基準 / Evaluation and Grading Policy

レポートに基づいて評価する。 レポート未提出の場合、単位は認定されない。
A report is examined and evaluated for the grading.


PageTop