総合研究大学院大学天文科学専攻

  1. ホーム
  2. 教育:
  3. 今年度の授業科目
  4. 講義詳細

天文科学実習IA / Observation Experimet IA

すばる望遠鏡光学赤外線観測実習
Practical traning of observation with the Subaru Telescope

担当者:今西 昌俊小野寺 仁人(光赤外線天文学系、ハワイ観測所)
Instructor: M.Imanishi, M.Onodera

講義の位置づけ / Method

実習
Exercise

聴講指定等/ Kinds of Registration

〔選択〕、〔前期1年向け、または編入に限り後期1年向け〕
an elective subject ( 1st semester for 1st grade or 2nd semester for 1st grade of transfer students)

科目の概要 / Description

天体観測、計算機、観測装置、アウトリーチなどの実習
Experiment of observation at observatory ( Subaru in Hawaii )

教育目標・目的 / Leaning Goals

国立天文台が擁するハワイ島マウナケア山頂にあるすばる望遠鏡(口径8.2m)にて光学赤外線天文分野の基礎的な観測実習を行なう。まず三鷹において観測内容と方法について講義を行い、履修者に観測準備をさせる。観測天体は、履修者の提案に基づいて決定する。ハワイには5泊6日の旅程で渡航し、ハワイ観測所見学、望遠鏡見学、観測の実行、一次データ処理の実習を行なう。帰国後、得られた観測データを元に科学的目標達成に向けたデータ解析の演習を行う。科学的に面白い結果が得られた場合は、参加者から代表者を選び、日本天文学会での発表、査読論文の投稿にまでもっていくことも検討する。悪天候で目的の観測データが取得できなかった場合は、アーカイブの公開データを用いた解析実習を実施する。
This is the basic training course of optical-near-infrared observations using Subaru telescope. You will learn general procedures that need for observational study, such as a planning of observation, a preparation for observation, how to operate telescope and instrument, how to execute observation, and basic data analysis. The actual target will be determined based on the discussion of participants. If observation is successful, we plan to make detailed data analysis at Mitaka, after coming back to Mitaka. If scientifically interesting results are obtained, we plan to arange someone to giva a presentation at a Japanese Astronomical Society meeting and submit a paper to a refereed journal. If actual observation is not conducted due to bad weather, we plan to use some archival data for the practice of data analysis.

履修上の注意 / Notes

履修条件:5年一貫制博士課程1年生(M1)または3年次編入生(D1)のみ履修可。ただし相応の事情がある場合はM2またはD2、D3での履修も認める。在学中1回のみ履修可。
その他:望遠鏡見学と観測の実行は標高4200 メートルの高山で行なうため、高山病に留意が必要である。健康上問題がある場合には、大学院係に問い合わせること。
Pre-requisites: Basic knowledges of the physics at undergraduate course level.
If you had concerns about your health, especially high-altitude disease, please contact to Graduate Student Affairs Section.

授業計画 / Schedule

6月〜観測実施まで
6月から観測実施までは、データ解析・観測に関する予備知識の講義・観測計画打ち合わせ(2〜3回:三鷹)。実際のすばる望遠鏡での観測は8月から1月の間の予定。すばる望遠鏡の科学観測スケジュールの合間に実施することになるので、日程の詳細は6月上旬以降に決定する。
June-August: planning for obbservation, sharing target information with participants. Actual observation at the Subaru telescope will be scheduled between August and January. Its eact date will be determined after early June, once Subaru science schedule has been fixed.
観測実習〈ハワイ〉/ Experiment〈Hawaii〉
開講日: 未定
第1日目 (Day1)
夕方成田空港集合。同夜発。機中泊。同日午後ハワイ島ヒロ着。
ハワイ観測所にてガイダンス。施設見学。ヒロのホテル泊。
Departure for Hilo, Hawaii, USA. Orientaion.
第2日目 (Day2)
マウナケア山へ。すばる望遠鏡見学。ハレポハク(中間宿泊施設)泊。
Departure for Mauna Kea. Subaru telescope tour.
第3日目 (Day3)
前半夜にすばる望遠鏡にて観測を実行。ハレポハク泊。場合によっては、後半夜の観測になることもあり得る。
Observation
第4日目 (Day4)
下山の後、ヒロのハワイ観測所にて一次データ処理の実習。ヒロのホテル泊。
Data analysis
第5日目 (Day5)
朝ヒロ発。ホノルルを経て帰国の途へ。
Departure for Narita
第6日目 (Day6)
午後成田空港到着。解散。
Adjourn

教科書、参考書等 / Reference Books etc.

すばる望遠鏡ホームページ(http://www.naoj.org)
シリーズ現代の天文学「宇宙の観測I」(日本評論社)
Subaru Telescope(http://www.naoj.org)
"Observation of Universe I" (Nihon Hyoronsya)

成績評価の方法と基準 / Evaluation and Grading Policy

単位取得にはハワイにおける観測の参加は必須とするが、具体的な成績評価については、三鷹での講義・演習の出席状況、観測準備から観測実行における貢献、提出されたレポート内容、などを総合的に判断して行う。
It is mandatory to participate actual observation at the Subaru Telescope in Hawaii. Attendance to seminars and lectures at Mitaka, contribution to actual Subaru observation, and the content of the submitted report are taken into account.


PageTop